「ヒューマンドラマ」の記事一覧

情交(漫画)の濃いネタバレ3巻と結末!るりはの正体がヤバイ!

情交(漫画)のあらすじ この物語の主人公、那結は、るりはという幼馴染がいます。 二人とも容姿端麗であり、学校でも話題の二人でした。 そんな那結ははじめての彼氏ができますが、それを実は快く思っていないるりは。 るりはは少しずつ那結の彼氏を壊し、那結を自分のモノにするのでした。 そうして、るりはの歪んだ愛を一身に受ける那結。 この二人の結末が、この物語の最重要ポイントですね。 情交(漫画)の濃いネタバレ3巻と結末! 弥生と出会ったショウキチ!弥生の正体がヤバイ! 「あけなさいよ!なんで電話でてくんないの!?」 と言う一人の女性。 「はなせよ!もうくんなよ!毎日鬼電とかお前頭おかしいんじゃねーの!?」 と言う一人の男。 「リナは俺が全部受け止めるっていったじゃん!あたしがこんななやんでんのに結局に・・・

養護施設を追われた少女の結末までのネタバレ!天音の最後がヤバイ!

養護施設を追われた少女のあらすじ この物語の主人公は、天音という幼い少女です。 まるで狼のようなその少女は、言葉も話さず、はじめて会う人にはうなり声で威嚇をするような子でした。 しかし、満子との出会いで、その心は次第に暖かさを増していきます。 その後、実の母親と再会するまでは、確かに幸せだったのです。 この作品の要注目ポイントは、天音が実の母親と再会したところからですね。 それまでの幸せな展開とは打って変わって、かなり恐怖なものへと変わっていきます。 天音の結末はどうなってしまうのか、是非注目してくださいね。 養護施設を追われた少女の結末までのネタバレ! 狼少女のネタバレ!虐待されて生きてきた天音がヤバイ! 場面は、K市児童養護施設です。 グルルル…! グルぁぁァ!! と吠えている女の子がい・・・

地獄穴施設に落とされての結末までのネタバレ!ラストの衝撃の展開がヤバイ!

地獄穴施設に落とされてのあらすじ この物語の主人公、もえは小学5年生の女の子です。 弟のひろを虐待し、施設に入れられたと言われますが、その真相は違うところにありました。 その理由がまた衝撃的かつリアルでいいですね。 もえや咲、加奈やさおりといった様々な子供たちが出てきますが、どの子たちも複雑な家庭環境を抱えています。 そんな彼女たちが住むゆうさと園という施設は、職員が問題から逃げてばかりで、まさに地獄のような施設でした。 そこで奮闘するもえや、本性を現す園長などが要注目ポイントですね。 地獄穴施設に落とされての結末までのネタバレ! もえの弟ひろくんが死んだ理由が怖すぎる! ここはゆうさと園という、児童養護施設です。 「今日からみんなの仲間になる、富永もえさんです。仲良くしてね」 と、もえを紹・・・

赤線母娘の結末までのネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

赤線母娘のあらすじ この作品は、さまざまな物語が入っているオムニバス作品です。 表題作である、赤線母娘という話は、夏美という女の子が主人公です。 夏美は母親の春絵と二人きりで生活をしており、春絵は娼婦として生計を立てていました。 愛された記憶は一切ありませんが、それでも母親のことが好きだった夏美。 夏美はやがて、自分も娼婦として働くようになります。 春絵に言われるがまま仕事をこなした夏美ですが、給料はピンハネされ、やりたくない仕事もやらされ、次第に独立を考えます。 しかしうまくいかず、もう死のうと思ったそのとき…、 そこに春絵が現れて言った言葉がこの作品の要注目ポイントですね。 他にも衝撃的な作品ばかりなので、なかなか楽しめる作品です。 赤線母娘の結末までのネタバレ! 赤線母娘のネタバレ!春・・・

裏社会の女たちの結末までのネタバレ!麻薬王の最後がヤバイ!

裏社会の女たちのあらすじ この作品は、「麻薬王の女」巨大麻薬シンジケートを舞台に描く衝撃作「麻薬王の女」、アフリカの闇を描く社会派大作「ナイロビの涙」、娼婦と修道女、交わらないはずのふたりの出会いを描いた作品「汚れしこの世の」などを収録しているオムニバス作品です。 麻薬王の女では、カテリーナという女性にスポットを当て、その壮絶な生き様を描いています。 このカテリーナにはあるとんでもない過去があり、その復讐のためにパブロという男に近づいていきます。 段々と計画を実行していくカテリーナ、そんなカテリーナを愛人として慕うパブロの二人の関係は、何とも言えないリアリティがあります。 特に、カテリーナの最後は凄まじいので、ここは要注目ポイントですね。 他の作品も濃厚な作品ばかりなので、どの話から読んでも・・・

売春島(漫画)の結末までのネタバレ!SEXの強要っぷりがヤバイ!

売春島のあらすじ この作品は、聖美とその友達ナオミが、17歳の時に遭遇した災難を描いています。 聖美とナオミが「稼げるとこがあるよ」と言われ、ついていった先は暴力と金が女たちを支配する違法な裏風俗島だったのでした。 そこでの仕事は、まさにこの世の地獄であり、体を売るのは普通、しかし稼ぎはほぼ0で逃げることもできない日々だったのです。 奴隷のように扱われ、身も心もボロボロになっていく様は、現代の闇をよく描いていますね。 聖美とナオミの結末や、そこでのSEXの強要っぷりなど、要注目ですね。 この「売春島~SEX強要の無法地帯~」のほかにも、「奈落への入り口」や「生徒の品格」など、様々な話題作を収録しています。 売春島の結末までのネタバレ!SEXの強要っぷりがヤバイ! 明らかになる聖美の過去!その・・・

血の轍の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も

血の轍とは? この作品は「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏による作品です。 彼が、ついに辿り着いたテーマは「毒親」。 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。 しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変するのでした。 狂瀾の奈落へと読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の作品がはじまります。 そんな血の轍という作品は、毒親に関心がある人や、人間ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。

血の轍の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も

血の轍とは? この作品は「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏による作品です。 彼が、ついに辿り着いたテーマは「毒親」。 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。 しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変するのでした。 狂瀾の奈落へと読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の作品がはじまります。 そんな血の轍という作品は、毒親に関心がある人や、人間ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。

オンナミチ(漫画)の結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!

オンナミチとは? レコード会社に勤める山口梨花(32歳)は、誕生日当日、元カレに呼び出され、食事→流れでエッチをしてしまいます。 気持ちが揺れつつ帰宅すると、何故か家には大阪のオバちゃん風の中年女性がいたのでした。 驚く梨花に、今日の行動を言い当てるそのオバチャン。 その説教をカマしてくるオバちゃんの正体は…なんと、20年後の梨花だったのでした。 さらに、20年後、このままだとオバちゃんの姿で死ぬと宣告された梨花。 それだけは、絶っっっ対に嫌!!と思った梨花。 かくして、梨花(32歳)とオバちゃん(52歳)、自分と自分の奇妙なコンビによる、人生選択の見直しが始まったのでした。 そんなオンナミチという作品は、人生ドラマファンタジーを描いた作品が好きな人にはたまらない作品となっています。

匿名の彼女たちの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

匿名の彼女たちとは? 匿名の彼女たちとは、デリヘルの世界を描いた作品です。 デリヘルの聖地・鶯谷、長野県随一の歓楽街・権堂、人気のない場所で逢瀬を楽しむ”車内プレイ”‥‥。 風俗を心の拠り所とする中堅商社マン・山下貴大に突如告げられた「海外赴任」の辞令。 出国を前に、33歳の独身男が会いに向かったのは、かつて自分の部下として働き、風俗嬢となって退社した郷田のもとでした。 そんな匿名の彼女たちという作品は、デリヘルものが好きな人や、サラリーマンの人にもおすすめの作品となっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ