「ヒューマンドラマ」の記事一覧

血の轍の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も

血の轍とは? この作品は「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏による作品です。 彼が、ついに辿り着いたテーマは「毒親」。 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。 しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変するのでした。 狂瀾の奈落へと読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の作品がはじまります。 そんな血の轍という作品は、毒親に関心がある人や、人間ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。

血の轍の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も

血の轍とは? この作品は「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏による作品です。 彼が、ついに辿り着いたテーマは「毒親」。 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。 しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変するのでした。 狂瀾の奈落へと読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の作品がはじまります。 そんな血の轍という作品は、毒親に関心がある人や、人間ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。

オンナミチ(漫画)の結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!

オンナミチとは? レコード会社に勤める山口梨花(32歳)は、誕生日当日、元カレに呼び出され、食事→流れでエッチをしてしまいます。 気持ちが揺れつつ帰宅すると、何故か家には大阪のオバちゃん風の中年女性がいたのでした。 驚く梨花に、今日の行動を言い当てるそのオバチャン。 その説教をカマしてくるオバちゃんの正体は…なんと、20年後の梨花だったのでした。 さらに、20年後、このままだとオバちゃんの姿で死ぬと宣告された梨花。 それだけは、絶っっっ対に嫌!!と思った梨花。 かくして、梨花(32歳)とオバちゃん(52歳)、自分と自分の奇妙なコンビによる、人生選択の見直しが始まったのでした。 そんなオンナミチという作品は、人生ドラマファンタジーを描いた作品が好きな人にはたまらない作品となっています。

匿名の彼女たちの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

匿名の彼女たちとは? 匿名の彼女たちとは、デリヘルの世界を描いた作品です。 デリヘルの聖地・鶯谷、長野県随一の歓楽街・権堂、人気のない場所で逢瀬を楽しむ”車内プレイ”‥‥。 風俗を心の拠り所とする中堅商社マン・山下貴大に突如告げられた「海外赴任」の辞令。 出国を前に、33歳の独身男が会いに向かったのは、かつて自分の部下として働き、風俗嬢となって退社した郷田のもとでした。 そんな匿名の彼女たちという作品は、デリヘルものが好きな人や、サラリーマンの人にもおすすめの作品となっています。

戦後パンパン伝の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

戦後パンパン伝とは? 戦後パンパン伝とは、戦後の日本を描いた作品です。 昭和22年、敗戦後の日本。 当時、日本はアメリカの占領下にあり、人々は仕事もなく苦しい日々を送っていました。 そんなある日、主人公・麻美はMP(米国の憲兵)に襲われ、レイプされてしまいます。 傷モノにされたことを許せない夫が離婚を切り出し、追い出された麻美は妹分のユキを連れ街をさまよいます。 さらにその中で、貴重品を盗まれ無一文になってしまう麻美。 そんな麻美に「花電車のお初」という老女が声をかけてくるのでした。 そんな戦後パンパ伝という作品は、戦後の日本を描いた作品が好きな人や、たくましく生きる女性が好きな人におすすめの作品となっております。

身売り貧乏の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

身売り貧乏とは? 身売り貧乏とは、体を売って生きてきた女の末路を描いた作品です。 最近、私の価値、大暴落してる…?! 貧乏生活から抜け出そうと学生時代から体を売ってきたけど、ついに自分のカラダの本当に価値を突き付けられる時がくるのでした──!! 売春女の半生を描いた表題作ほか、生活苦で水商売に身を投じた平凡主婦、娘に売春を強要する毒母、不幸を売りにするキャバ嬢失格女などなど「お水」の世界で巻き起こる本当にあった女の悲喜こもごもを描いた全5作を収録しています。 そんな身売り貧乏という作品は、現代の闇を描いた作品が好きな人や、何か怖い話が読みたい人におすすめの作品となっております。

かんかん橋を渡ってのネタバレ!浮気騒動のその後がヤバイ!

かんかん橋をわたってとは? かんかん橋をわたってという作品は、嫁姑の争いを描いた衝撃作品です。 あるところに、川南(かーなみ)と川東(かわっと)という地域がありました。 川南と川東はかんかん橋という橋で区切られています。 主人公の萌は、川南から川東に嫁に来ましたが、田舎気質の川南の人間は、上品な川東の人からはあまりいい目で見られていない様子でした。 そんな中萌は、毎日姑の不二子からの執拗な嫁いびりに耐えながら毎日を過ごしていましたが…? そんなかんかん橋をわたってという作品は、何か怖い作品を探している人や、嫁姑戦争ものが見たい人におすすめの作品となっております。

かんかん橋をわたっての結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!

かんかん橋をわたってとは? かんかん橋をわたってという作品は、嫁姑の争いを描いた衝撃作品です。 あるところに、川南(かーなみ)と川東(かわっと)という地域がありました。 川南と川東はかんかん橋という橋で区切られています。 主人公の萌は、川南から川東に嫁に来ましたが、田舎気質の川南の人間は、上品な川東の人からはあまりいい目で見られていない様子でした。 そんな中萌は、毎日姑の不二子からの執拗な嫁いびりに耐えながら毎日を過ごしていましたが…? そんなかんかん橋をわたってという作品は、何か怖い作品を探している人や、嫁姑戦争ものが見たい人におすすめの作品となっております。

夫という支配者の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

夫という支配者とは? 夫という支配者~外では善人家では鬼畜夫~という作品は、まるいぴよこ先生の作品です。 幸せな結婚生活が始まると、そう夢見て結婚した恵利。 しかし恵利を待ち受けていたのは、DVによる生き地獄だったのです。 果たして、恵利は生き抜くことができるのか…? 離婚をすることはできるのか…? 夫という支配者から逃げ切ることはできるのか? そんな夫という支配者という作品は、現代の主婦の方におすすめの作品でもあり、また、何か衝撃の作品を探している人におすすめの作品となっております。

誰かが私をねたんでるの結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!

誰かが私をねたんでるとは? 誰かが私をねたんでるという作品は、実話を元にした作品です。 自分の家庭こそが「女の幸せ」だと和田は思っていました。 和田は一家団らんで食事を取り、美味しいと言ってもらい、主人からも子供達からも必要とされる、愛されていると信じていました。 しかし、そう思いつつも主人も子供も直接は褒めてはくれませんでした。 それどころか、文句ばかり言います。 それでも自分の家庭が円満だと信じたいのは、和田は一人で生きていくのが嫌だからでしたが・・・? そんな誰かが私をねたんでるという作品は、リアルな作品が読みたい人や、オムニバス形式の作品が好きな人におすすめの作品です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ