最新情報

サスペンス
二人のゼロジバの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も
二人のゼロジバとは? 二人のゼロジバとは、穴殺人で有名な作者の作品です。 真実と俺は超能力を使えた──。 3年ぶりだった。14歳のあの日、目の前で”消失”した真実が戻ってきました。 次元を超えて、戻ってきたのです。 だから時田は思いました。 もう放さない。 もう誰も二人を引き離せない。 永久磁石のNとSのように。 そして彼は思いもしませんでした、3年後の美しく大人びた17歳の真実が”変わった”ことを。 そこに誰も知らない”真実”が潜むことを……。 そんな二人のゼロジバという作品は、ミステリー作品が好きな人や、サスペンス作品が好きな人におすすめの作品です。
サスペンス
二人のゼロジバの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も
二人のゼロジバとは? 二人のゼロジバとは、穴殺人で有名な作者の作品です。 真実と俺は超能力を使えた──。 3年ぶりだった。14歳のあの日、目の前で”消失”した真実が戻ってきました。 次元を超えて、戻ってきたのです。 だから時田は思いました。 もう放さない。 もう誰も二人を引き離せない。 永久磁石のNとSのように。 そして彼は思いもしませんでした、3年後の美しく大人びた17歳の真実が”変わった”ことを。 そこに誰も知らない”真実”が潜むことを……。 そんな二人のゼロジバという作品は、ミステリー作品が好きな人や、サスペンス作品が好きな人におすすめの作品です。
ヒューマンドラマ
血の轍の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も
血の轍とは? この作品は「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏による作品です。 彼が、ついに辿り着いたテーマは「毒親」。 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。 しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変するのでした。 狂瀾の奈落へと読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の作品がはじまります。 そんな血の轍という作品は、毒親に関心がある人や、人間ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。
ヒューマンドラマ
血の轍の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も
血の轍とは? この作品は「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏による作品です。 彼が、ついに辿り着いたテーマは「毒親」。 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。 しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変するのでした。 狂瀾の奈落へと読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の作品がはじまります。 そんな血の轍という作品は、毒親に関心がある人や、人間ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。
恋愛
ひとつばな(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も
ひとつばな(漫画)とは? 甘かった初恋は姿を変えました。 それは愛情か執着か・・・愛憎×逆走×恋物語。 密かに憧れていた先輩との初恋。 実らなくてもそれは甘くて酸っぱい思い出になる、はずでした。 「どうしてもあなたを手に入れたい。」その歪んだ愛情は少年の心に黒々とした蕾を膨らませてゆきます。 淡く抱いていた恋心は、やがて異質なものへと変容し・・・? 愛憎に翻弄される少年と少女の行き着く先は!? サンデーうぇぶりで話題を呼ぶ歪んだ愛の物語です。 そんなひとつばなという作品はちょっと変わった恋愛ものが好きな人や、恋愛作品が好きな人におすすめの作品となっております。

二人のゼロジバの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も

二人のゼロジバとは? 二人のゼロジバとは、穴殺人で有名な作者の作品です。 真実と俺は超能力を使えた──。 3年ぶりだった。14歳のあの日、目の前で”消失”した真実が戻ってきました。 次元を超えて、戻ってきたのです。 だから時田は思いました。 もう放さない。 もう誰も二人を引き離せない。 永久磁石のNとSのように。 そして彼は思いもしませんでした、3年後の美しく大人びた17歳の真実が”変わった”ことを。 そこに誰も知らない”真実”が潜むことを……。 そんな二人のゼロジバという作品は、ミステリー作品が好きな人や、サスペンス作品が好きな人におすすめの作品です。

二人のゼロジバの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も

二人のゼロジバとは? 二人のゼロジバとは、穴殺人で有名な作者の作品です。 真実と俺は超能力を使えた──。 3年ぶりだった。14歳のあの日、目の前で”消失”した真実が戻ってきました。 次元を超えて、戻ってきたのです。 だから時田は思いました。 もう放さない。 もう誰も二人を引き離せない。 永久磁石のNとSのように。 そして彼は思いもしませんでした、3年後の美しく大人びた17歳の真実が”変わった”ことを。 そこに誰も知らない”真実”が潜むことを……。 そんな二人のゼロジバという作品は、ミステリー作品が好きな人や、サスペンス作品が好きな人におすすめの作品です。

血の轍の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も

血の轍とは? この作品は「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏による作品です。 彼が、ついに辿り着いたテーマは「毒親」。 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。 しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変するのでした。 狂瀾の奈落へと読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の作品がはじまります。 そんな血の轍という作品は、毒親に関心がある人や、人間ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。

血の轍の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も

血の轍とは? この作品は「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏による作品です。 彼が、ついに辿り着いたテーマは「毒親」。 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。 しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変するのでした。 狂瀾の奈落へと読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の作品がはじまります。 そんな血の轍という作品は、毒親に関心がある人や、人間ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。

ひとつばな(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も

ひとつばな(漫画)とは? 甘かった初恋は姿を変えました。 それは愛情か執着か・・・愛憎×逆走×恋物語。 密かに憧れていた先輩との初恋。 実らなくてもそれは甘くて酸っぱい思い出になる、はずでした。 「どうしてもあなたを手に入れたい。」その歪んだ愛情は少年の心に黒々とした蕾を膨らませてゆきます。 淡く抱いていた恋心は、やがて異質なものへと変容し・・・? 愛憎に翻弄される少年と少女の行き着く先は!? サンデーうぇぶりで話題を呼ぶ歪んだ愛の物語です。 そんなひとつばなという作品はちょっと変わった恋愛ものが好きな人や、恋愛作品が好きな人におすすめの作品となっております。

ひとつばな(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も

ひとつばな(漫画)とは? 甘かった初恋は姿を変えました。 それは愛情か執着か・・・愛憎×逆走×恋物語。 密かに憧れていた先輩との初恋。 実らなくてもそれは甘くて酸っぱい思い出になる、はずでした。 「どうしてもあなたを手に入れたい。」その歪んだ愛情は少年の心に黒々とした蕾を膨らませてゆきます。 淡く抱いていた恋心は、やがて異質なものへと変容し・・・? 愛憎に翻弄される少年と少女の行き着く先は!? サンデーうぇぶりで話題を呼ぶ歪んだ愛の物語です。 そんなひとつばなという作品はちょっと変わった恋愛ものが好きな人や、恋愛作品が好きな人におすすめの作品となっております。

オンナミチ(漫画)の結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!

オンナミチとは? レコード会社に勤める山口梨花(32歳)は、誕生日当日、元カレに呼び出され、食事→流れでエッチをしてしまいます。 気持ちが揺れつつ帰宅すると、何故か家には大阪のオバちゃん風の中年女性がいたのでした。 驚く梨花に、今日の行動を言い当てるそのオバチャン。 その説教をカマしてくるオバちゃんの正体は…なんと、20年後の梨花だったのでした。 さらに、20年後、このままだとオバちゃんの姿で死ぬと宣告された梨花。 それだけは、絶っっっ対に嫌!!と思った梨花。 かくして、梨花(32歳)とオバちゃん(52歳)、自分と自分の奇妙なコンビによる、人生選択の見直しが始まったのでした。 そんなオンナミチという作品は、人生ドラマファンタジーを描いた作品が好きな人にはたまらない作品となっています。

虐殺ハッピーエンドの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も

虐殺ハッピーエンドとは? 虐殺ハッピーエンドとは、サイコサスペンス作品です。 2018年に実写映画公開の「不能犯」作者、宮月新の最新作がこの作品です。 病気の妹を救う為に「1日1人、人を殺す」ことを強いられた主人公・真琴は…大切なものを守る為、罪と罰の間で揺れ動く少年のサイコサスペンスが開幕します。 そんな虐殺ハッピーエンドという作品は、サイコサスペンスものが好きな人におすすめであり、また、ミステリーものが好きな人にもおすすめです。

虐殺ハッピーエンドの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も

虐殺ハッピーエンドとは? 虐殺ハッピーエンドとは、サイコサスペンス作品です。 2018年に実写映画公開の「不能犯」作者、宮月新の最新作がこの作品です。 病気の妹を救う為に「1日1人、人を殺す」ことを強いられた主人公・真琴は…大切なものを守る為、罪と罰の間で揺れ動く少年のサイコサスペンスが開幕します。 そんな虐殺ハッピーエンドという作品は、サイコサスペンスものが好きな人におすすめであり、また、ミステリーものが好きな人にもおすすめです。

恥じらう肌の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

恥じらう肌とは? 恥じらう肌という作品は、人妻サスペンス作品です。 物語の始まりは、夫の浮気を疑う新妻の由香子からでした。 そのあてつけに一夜限りの不倫をするのですが、それが悪夢の始まりだったのです。 弱みを握られ肉体を蹂躙される由香子を待つ運命とは? 村生ミオ&優斗の黄金コンビが放つ究極の人妻サスペンスが開幕します。 そんな恥じらう肌という作品は、人妻サスペンス作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ