片思いの牢獄での濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

片思いの牢獄でとは?

片思いの牢獄でという作品は、人間の片思いドラマを描いた作品です。

兄からモラハラを受けている比奈子という女の子。

彼女は兄に逆らうことができませんでした。

また、親にも言いたいことがいえず、板挟みの状態で苦しんでいるようでした。

そんな比奈子は一人の男の子の出会いで救われます。

片思いをした比奈子の運命は…?

他にも多数の作品を収録した短編集です。

そんな片思いの牢獄でという作品は、人間ドラマものが好きな人や短編集が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

片思いの牢獄でのあらすじ(1巻後半)

比奈子は兄からのモラハラに耐えていました。

テニス部の先輩、楠に想いを寄せる比奈子の兄でしたが、楠は全く興味がないようでした。

比奈子を使って仲良くなろうにも、楠にその気がないために意味をなしていませんでした。

その結果、兄はますます比奈子に対してストレスを発散します。

しかし・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

片思いの牢獄での濃いネタバレ(1巻後半)

テニスをしている比奈子。

「最近調子いいね!」と楠という先輩に言われています。

比奈子は「あの、兄のことなんですけど…」というと楠は「あぁ、あの映画もう見ちゃった。だから朝倉くんにはごめんっていっといて」というのでした。

その言葉を聞いた比奈子は、怯えたような顔をするのでした。

クラスに戻ろうとする比奈子。

比奈子はクラスの前で尻込みしている同級生、小日向を見かけました。

「あの人って何してるのかな?」という比奈子に友達は「あの人って。小日向でしょ。同じクラスじゃん。」という友達。

彼は小日向といい、前は元気だったといいます。

始業式以来学校にはきておらず、今日はどうやらきているようでした。

同じクラスとはいえ、ずっと来なかったので比奈子は彼のことを知らなかったのです。

比奈子は「なんかズルい」とつぶやくのでした。

それからあるきっかけで比奈子は彼と知り合いになります。

兄の虐待から逃れて犬の散歩に出た夜、犬のソラが逃げ出してしまうのでした。

その時見つけてくれたのが小日向だったのです。

「ありがとうは?」と犬を見つけてやった礼をきちんとしろ、という小日向。

彼の家を訪ねると、一人暮らしで親はいないようでした。

小日向は愛嬌のかけらもない少年で、憎まれ口を叩くのですが、犬に興味があるようで、ソラとなんとか仲良くしようと頑張っていました。

そんな毒気のない小日向を見て、比奈子は次第に彼に心を開いていきます。

ある日、小日向が特別に見せてくれた部屋のプラネタリウムがきれいで、比奈子は小日向に自分が兄からひどい虐待を受けていることを打ち明けます。

場面は変わって、ずっと兄に虐げられていた比奈子は、テニス部の楠先輩を自宅へ連れてくるように兄に言われますが、比奈子は断ります。

兄はその先輩のことが好きで、比奈子を使って接近しようとしていたのでした。

今まで言いなりになっていた比奈子でしたが、「殴れば? お父さんに全部言うから」と初めて反抗します。

やっと言いたいことが言えた・・・と達成感を感じた比奈子。

しかし、兄は逆らった比奈子への見せしめに、大事な愛犬のソラを痛めつけるのでした。

たったひとつの心のやすらぎであったソラに手を出され、比奈子はとうとうキレます。

フライパンで兄の頭を叩いて逃げ出した比奈子は小日向の家に逃げ込みます。

兄が比奈子を追いかけてきますが「これであいつを殴ればいいんだな?」と比奈子が持っていたフライパンを手に、小日向は脅しをかけてくる兄に静かに立ち向かうのでした。

「やれるもんならやってみろよ、人生詰むぞ」という比奈子の兄でしたが、そんな脅しは、とっくの昔に社会のレールから外れている小日向には通用しませんでした。

「妹を虐待している兄を倒す俺、って。一気にヒーローになれるんじゃね?」という小日向。

その迷いのない一撃で、兄を倒して比奈子を守りました。

そんな小日向のことを、比奈子好きになっていました。

いつから小日向のことを好きになったんだろう、と振り返る比奈子。

大好きなソラに対して、真剣に仲良くなろうとしていた素朴な姿を見てからなのか、それとも、父親のいる田舎とそっくりだというあの、プラネタリウムを見せてくれた瞬間なのか、比奈子は考えていました。

小日向は田舎へ行く、といい、引っ越してしまうようでした。

そんな小日向に恋し、すがるような目で「小日向!」と声をかける比奈子。

しかし、恋に鈍い彼は、そんな比奈子の想いにはまったく気づかないようでした。

大好きなソラにだけ満面の笑顔で頭をなでて去っていくのです。

そうして、想いも告げられないままに、自分を助けてくれた小日向を見送った比奈子は、もう前のような親の操り人形には戻らず、「嫌なものは嫌」と言える子になっていました。

そして・・・?

(この後切ない結末へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

片思いの牢獄での濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、この作品のタイトル通り、切ない片思いが描かれていて、読んでいてなんともいえない気持ちになりましたね。

この作品は様々な物語を描いているので、この一冊で色々楽しむことができます。

どの作品もよくまとまっているので、まだ読んでいない人は是非読んでみることをオススメします。

そんな片思いの牢獄でという作品は、人間ドラマものが好きな人や短編集が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

片思いの牢獄での濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ