ジェノサイダーの濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
ジェノサイダー 4巻

ジェノサイダーとは?

ジェノサイダーという作品は、現代の闇を描いた衝撃の問題作品です。

暴力、脅迫、拉致、ドラッグ、美人局……金のためならなんでもアリの半グレ集団がありました。

そんな彼らに流されるままに犯罪に手を染める少女。

そのまわりで起きる凄惨な事件の数々。

暗く汚い悪意の渦にのみ込まれていく…?

とまらない欲望。

断ち切れぬ復讐の連鎖。

『事件』へのカウントダウンが今始まります。

そんなジェノサイダーという作品は、残虐な話が好きな人や、現代の闇が知りたい人にはおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ジェノサイダーのあらすじ(4巻後半)

ひょんなことからケイタに目をつけられた鉄男。

ケイタの残虐な仕打ちにより、鉄男の娘、利香は大怪我を負ってしまいます。

ここから、鉄男の復讐がはじまるのでした。

ナツミと再会した鉄男。

鉄男は憎しみを全てナツミにぶつけようとします。

そして・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(4巻後半)

「起きたか」とナツミの方を振り向きもせずに一言言う鉄男。

「ナツミ、お前には聞くべきことがたくさんあるんだ」と鉄男はナツミに近づきます。

「お前はこの事件にかかわっているのか?」と問いただす鉄男。

ナツミは「どうでもいいです。私のこと殺したければ殺せばいいじゃないですか」と答えるのでした。

この言葉に怒りを覚える鉄男はナツミの髪をぐっとひっぱります。

「痛い!」というナツミ。

鉄男の形相は鬼のようなものでした。

一方、ケイタは小西と対峙しています。

ケイタはいままで先輩の小西の言うことを聞いていましたが、もうこれ以上は聞けないと反逆を決意したのです。

奪った銃を発砲するケイタ。

しかし、弾は小西の車の窓ガラスに命中しただけで小西の身体にはまったく当たりませんでした。

すると、小西は笑いながら「無駄だケイタ」と言うのでした。

「銃は盗まれたとき用に照準をずらしているんだ」という小西にケイタは焦ります。

このまま撃ったところで当たることはないと思ったケイタは、そのまま逃走します。

しかし小西のいったことは全部ウソでした。

照準は合ってますが、いままでまともに銃を使ったこともないケイタの弾はあたらなくても当然だと思い、そう言ったようでした。

しかし、下手すれば本当に当たっていたかもしれないと思う小西はケイタを始末することを決意します。

そうして逃走するケイタは街から逃げる方法を考えながら逃げ続けるのでした。

しかし、町どころか関東にもいられないかもと考えるケイタはとにかく焦りました。

一方、警察は鉄男の娘の利香が入院している病院にきています。

警察官の毛越は利香と初対面します。

利香の身体にはたくさんの管が繋がれていました。

一瞬言葉をなくす毛越でしたが、そのままリカを襲ったとされる犯人たちの写真を見せていきます。

ショックにより言葉をしゃべれないリカは筆談で「おぼえていない」と書くのでした。

しかし、アツシの写真をみせた瞬間リカの顔色が明らかに変わり、震える手で「この人が犯人」と書きます。

それから記憶が蘇り、発狂する利香でした。

場面は戻り、鉄男とナツミが話をしています。

「利香のことがどうでもいいとでも言いたいのか!?」と怒る鉄男。

「お前は利香を拉致したんじゃないのか!?曽田ケイタとともに!」

それを聞いた瞬間、ケイタがやってしまったことを悟ったナツミ。

一瞬顔が曇ります。

「グルなんだろ!!」と言うテツオに対して、「もうグルってことでいいです」というナツミ。

どうせ死のうと思っているから、殺したいなら殺せばいいと語るのでした。

「わたしはあなたのことが許せません!あなたは私の心を裏切ったのだから」と、いつぞやの恨みをぶつけるナツミ。

その瞬間、鉄男の脳裏にはナツミと体を通わせた日の記憶が蘇るのでした。

しかし、あれさえもケイタに利香のことで脅されたことでした。

それを正直にナツミに伝える鉄男。

「あれは、ケイタに君の心を踏みにじれと脅されたんだ」という鉄男。

ナツミの記憶にいる優しい鉄男。

「ゲスじゃないよ。」と送ってきたメール。

確かに鉄男はそういうことをする人間ではありませんでした。

ケイタの策略だったことに気づいたナツミ。

すべてがナツミにとってショックなことでした。

「私があなたに近づかなければこんなことにならなかった」

「全部私が元凶なんだね。」

そのままナツミは殺してくださいと鉄男にお願いするのでした。

そうして鉄男はナツミの首を締めます。

最後に一つだけ言わせてほしいとナツミは涙目で懇願します。

ナツミは「憎い人を殺しても楽になんかならないよ。むしろ辛くなるだけ」と言うのでした。

しかし、「ナツミになにがわかるというんだ!人を殺したいほど憎む気持ちが!!」という鉄男。

するとナツミは驚くべきことを口にします。

「わかるよ、わかる。だって私も人を殺したことがあるから」というナツミ。

そして・・・?

(この後衝撃の結末へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を結末まで全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> やmusic.jpの無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTの方は10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、新規登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

また、music.jpも動画コンテンツだけでなく、電子書籍の取り扱いがあります。

そして、こちらも30日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、新規登録をすると961円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも961円以内のものなら読めてしまうんです。

また、こちらも登録したまま30日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTやmusic.jpを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

music.jp無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ジェノサイダーの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

ジェノサイダーのネタバレ!利香のレイプされたその後がヤバイ!

ジェノサイダーのネタバレ!アツシの復讐劇のラストがヤバイ!

感想

今回の話では、ナツミに重大な過去があることが判明し、鉄男がそれを聞いてどうするのか、先が気になりましたね。

それにしても、この作品は後味が悪く、そこが好きな人にはたまらない作品となっています。

ただ、結構イライラする作品でもありますので、好き嫌いは分かれそうですね。

そんなジェノサイダーという作品は、残虐な話が好きな人や、現代の闇が知りたい人にはおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ジェノサイダーの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!

ジェノサイダーの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

ジェノサイダーのネタバレ!利香のレイプされたその後がヤバイ!

ジェノサイダーのネタバレ!アツシの復讐劇のラストがヤバイ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ