阿部定事件の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!無料

阿部定事件とは?

安倍定事件という作品は、安武わたる先生の短編漫画集です。

昭和11年、吉田屋の女中であった阿部定が不倫の末に愛人・石田吉蔵をあやめてしまいます。

そして体の一部を切り取ったうえ「定吉ふたりキリ」の血文字を残して世間を震撼させた、大スキャンダルを描いた本作品。

定と、その幼馴染お栄を描いたこの作品を、悲哀溢れるタッチで描いております。

切り取った「ソレ」を逮捕されるまで大事に胸にしまいこみ、「誰にも触らせたくない」とさまよい歩いていたという定。

そんな阿部定事件という作品は、衝撃的な作品が好きな人や、過激な恋愛ものが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

阿部定事件のあらすじ(前半)

舞台は昭和の東京。

そこに、二人の女の子がいました。

かたや、美人の女の子、かたや、地味な女の子。

美人は名を定といい、地味は名をお栄と言いました。

お栄はいつも定のことを羨ましく思っていました。

そんな定とお栄は、妙な運命に導かれるのです。

そして・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

阿部定事件の濃いネタバレ(前半)

場面は、昭和11年の東京。

ふたりの息子がいるお栄は夫が慌てて持ってきた新聞紙を読んでいました。

「これ、おまえの幼馴染じゃねえか!?」と言われるお栄。

そこにはたしかに「阿部定」という名と、「罪の女、刃物で切り落とし持ち去る。血文字を刻み…。」といった、恐ろしい犯行内容が書かれていました。

「定ちゃん、あんたはーー」とつぶやくお栄。

お栄はふと、過去を思い出すのでした。

職人町で育った定とお栄の二人。

神田新銀町の職人町で生まれ育った定とお栄は、同級生で幼馴染でした。

もっとも、お栄はしがない左官の娘で、定は大店の畳屋の娘だったのですが。

羽振りがいい親の末の娘として甘やかされ、美しい顔立ちに派手な着物を着て目立つ定。

学校へ行けば、おれの女、あたいのいい人、という会話をし、ガキ大将から真面目な級長までみんな定に惚れて取り合いでした。

そんな華やかな定の陰で、お栄は「定ちゃんかわいいから、男の子がほっとかないだけ」と、好きな男の子がとられても気持ちを抑えていたのです。

そんやお栄の母親は定を「浮ついてろくな人生を送れない」娘だと言い、地味で十人並みの顔をしたお栄のほうが女としてまっとうに生きていけると諭しました。

見た目のかわいさだけで、キャアキャア言われてもそれだけでまともな人生など歩めはしない…、お栄は自分に言い聞かせるように、定と自分の差を考えないようにしていました。

その後も美しく成長した定。

お栄の父は体を壊して、その世話と内職のため学校へ行けなくなってしまいます。

定は勉強嫌いでしたが、高等科へ進んでいました。

「変な話よねえ、勉強嫌いのあたしのほうが学校へ残るなんてさ」と言われるお栄。

定は自分が恵まれた環境にいることに感謝もせず、昼から学校をさぼっていました。

「銀町小町! 定ちゃん、こっち向いて!」

町の悪童たちが、定をからかってはやしたてています。

定はこんなのには慣れっこで、動じずにはすっぱに言い返しました。

「あたしと付き合いたいんなら、もちっと男ぶりお上げよ」という定。

年頃の娘が、平気で男とも話すなんて…とお栄は自分の母親が定を「不良娘」と呼んでいるのを思い出しました。

お栄を誘って、定はお栄に自分の男である村井高を紹介します。

色白で上品な洗練された男ぶりに、お栄はひと目でドキッとしてしまいます。

みつ豆をおごってもらい、男の人と店で食べるのすら初めてなお栄は固くなるのでした。

「かまわないわよ、この人K大生でお金持ちなんだから」と、緊張するお栄を笑いながら、「彼、あたしの『好い人』なの」と耳打ちする定でした。

いい男は、みんな定ちゃんのもの…、と暗い顔で考えるお栄。

村井にときめいた心が一瞬で冷えてしまい、青ざめるお栄です。

「でもだめよ高さん、お栄ちゃんに手をだしちゃ。ま、一回くらいならいいか」

「定ちゃん、やめてってば!!」

そんな言葉に耐え切れず、お栄は怒ります。

そして用があるから、と逃げるように店を出るのでした。

なんて無神経なんだろう、と地味でブスな自分をわざと引き合いにされたように感じてたまらなくなります。

その後、お使いで出かけた先で村井の家に入っていく定を見かけ、そのあと見るからに不良な連中が「今度のも上玉か?ヤツの引っ掛けは名人級だからな」となにやら怪しげな口ぶりでつづいて家に入っていきます。

それを見てお栄は嫌な予感がしました。

しかし、「ちょっとくらいコワイめにあったって、大丈夫だよね定ちゃん」と、男あしらいのうまい定なら平気だろうと何もせずに立ち去ったのです。

しかし、その予感は的中してしまったのでした。

「このアバズレが!ノコノコ男の家にいきやがるからだ!」

畳屋から父親が定を叱る声が響き、何事かと近所の騒ぎになります。

案の定、村井とあの不良連中に襲われ、定はひどいありさまで帰宅したのだというのでした。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

阿部定事件の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、定の美しさとお栄の地味さが相まって、なんともいえない感情を覚えて面白かったですね。

この作品はとにかく昭和をよく描いていて、その頃の光景を生で見ているようで楽しめます。

それにしても、かなり衝撃的な結末が待っているので、まだ読んでいない方は読んでみるのをおすすめします。

そんな阿部定事件という作品は、衝撃的な作品が好きな人や、過激な恋愛ものが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

阿部定事件の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ