悪魔を憐れむ歌(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
悪魔を憐れむ歌 1巻 (バンチコミックス)

悪魔を憐れむ歌とは?

悪魔を憐れむ歌とは、梶本レイカ先生の作品です。

北海道警の刑事・阿久津亮平は8年前に起こった「箱折連続殺人事件」を追っていました。

周囲の呆れ顔をよそに熱心に捜査をする中、知り合ったのが咽喉科医・四鐘彰久。

静かな佇まいの有能な医師で、協力を約束してくれます。

一方、道警内部の軋轢に苦悩する阿久津…そして、実は四鐘こそ「箱折犯」その人だった――!!

血と暴力と追憶に彩られた黙示録クライムスサスペンス、ここに開幕します!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

悪魔を憐れむ歌(漫画)のあらすじ(1巻後半)

北海道警の刑事・阿久津亮平は8年前に起こった「箱折連続殺人事件」を追っていました。

周囲の呆れ顔をよそに熱心に捜査をする中、真野の紹介で知り合ったのが咽喉科医・四鐘彰久。

この四鐘という男には、とんでもない秘密があるようでした。

そう、この男こそが箱折りの犯人だったのです。

そんなことを知る由も無い阿久津は・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

悪魔を憐れむ歌(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)

レントゲン写真を並べながら検証している阿久津と真野。

一件目の身元は、体の字からホームレスであることがわかりました。

しかし、二件目と三件目の身元は未だに不明だということでした。

死体には、毛根も歯も残っておらず、真野は徹底した秩序的犯行だと言います。

阿久津は、首の損傷が妙に気になる、と言いました。

そう言われた真野は、優秀な咽頭科の医者を紹介する、と言ってくれました。

阿久津はその足でその場所へと向かいます。

小綺麗な病院に、阿久津はここの町医者が本当に頼りになるのか、半信半疑のようでした。

そこにいた四鐘という男は、優しい笑顔の男でした。

院長代理だという四鐘。

早速聞きたいという阿久津は、箱折り死体の写真を見せます。

その写真にショックを受ける四鐘。

普通の町医者は死体を見ることはなかなかないからです。

阿久津はちょっと遠慮しつつも、詳細を聞きました。

この声紋の下のところはちょっとおかしいですね、という四鐘に、お、やっぱり、という阿久津。

「詳しい資料置いておきますね!何かわかったら教えてください!」という阿久津。

「あ、ちょっと待ってください。阿久津さん、扁桃炎ですね?ちょっと耳の下が腫れています。」という四鐘。

悪化したら厄介ですよ、という四鐘にされるがままの阿久津。

真野が言っていた通り、四鐘は優秀な医者のようでした。

そうして、阿久津は家に帰り、パソコンを起動します。

この箱折り死体の事件が、阿久津を警察に踏みとどまらせていました。

「阿久津くん、必ず僕らで、箱折り犯を…」

そんなことを言っていた男のことを思い出していました。

翌日、阿久津は出勤すると、一課が出払っていることに気づきます。

週末に起きているという、連続婦女暴行事件の詳細を調べようと思った阿久津。

すると、警察が犯人の目星をつけていたことに気づきます。

しかし、現行犯逮捕できなかったため、泳がせているようでした。

阿久津は同僚の藤に、なんでさっさと捕まえないんだ、と言いますが、藤は初動の遅れがバレてしまい警察の威信が落ちる可能性がある、というのでした。

「そんなことどうでもいいだろうがっ!」という阿久津に「うるせぇ!!終わった事件を追ってるお前の刑事ごっことは違うんだよ!」という藤。

阿久津は何も言い返しませんでした。

場面は変わって、ハシダという男に会っています。

どうやら、この男が連続婦女暴行事件の犯人のようでした。

「よぉ、ハシダちゃん!急にわりーな」という阿久津に「うわ、超久しぶりー!元気?」というハシダ。

「相変わらずコマしてんの?」という阿久津にハシダは「やだな、んなことしてないわよ、いいこよー」とごまかします。

警察の目に気づいた阿久津は、ハシダに場所を変えることを提案するのでした。

阿久津が婦女暴行の話をしだすと「なんだよ、点数稼ぎかよ…」とボソッというハシダ。

「それは違う!」と否定する阿久津。

「あんたさぁ、いくつよ?いつまでも居もしない連続殺人鬼なんか追いかけてんじゃねーよ」というハシダ。

その言葉に怒った阿久津はハシダを殴ります。

尾けていた刑事に止められた阿久津は外へと出されるのでした。

「はぁ、イタイイタイ。これでいいんでしょ?」というハシダは、誰かからお金をもらっていました。

その夜、ハシダは四鐘に襲われます。

そう、四鐘こそが、あの箱折りの犯人だったのです。

一方、阿久津はかつての同僚カガミに会いに行きます。

カガミは警察でありながら、箱折りの容疑者にされていました。

その長時間の尋問により、頭がおかしくなったカガミは、入院しているのでした。

カガミは犯人ではないことをよく知っている阿久津は、この事件を追っているのです。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

悪魔を憐れむ歌(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、カガミという男が出てきて、さらに四鐘が犯人ということもわかって、楽しめましたね。

この作品はシリアスな雰囲気がなかなかかっこいい作品で、面白いです。

それにしても、謎が謎を呼ぶ展開なので、どんどん先が気になってきますね。

そんな悪魔を憐れむ歌という作品は、シリアスな作品が好きな人や、刑事ものが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

悪魔を憐れむ歌(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ