娘を売る街のネタバレ!あざ(痣)を巡る結末の展開がヤバイ!

娘を売る街とは?

娘を売る街とは、安武わたるの作品です。

片倉家という由緒ある家に生まれた娘、加恵。

加恵は、何不自由ない生活をしていました。

今日は佐々木家の次男坊と結納の日でした。

ここに嫁ぐのか、全然ぴんとこないと感じている加恵。

そんな加恵は、これから波乱の人生を送ることになるとは、今はまだ知りませんでした。

そんな娘を売る街という作品は、吉原を描いた作品が好きな方におすすめの作品となっており、また、ストーリーな女たちのシリーズが好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

娘を売る街の登場人物紹介

おゆう・・・この物語の主人公であり、女郎の子だということをつい最近知った女の子です。

おゆうは、顔に大きいあざがあるのが特徴です。

このあざを巡ってある出来事が起こるのですが・・・?

綾衣花魁・・・おゆうのことを気にかけている、ナンバーワンの花魁です。

吉原という特殊な場所で生き抜いており、皆も一目置くほどの美貌を兼ね備えています。

おゆうと関係がありそうなのですが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

娘を売る街のネタバレ!あざ(痣)を巡る結末の展開がヤバイ!

ここは江戸、新吉原大黒楼です。

一人の女、おゆうが考えています。

知らなかったよ、あたしが女郎の子だったなんて…もらわれっこだっていうのは知っていたけど…そんなことを考えているようでした。

「そいじゃ、養い親がいけなくなったってのかぃ?」

「へぇ。ご内処さん、小間物商でそこそこやっておりましたが、ふた親とも病でばったり。養女までは引き取れねえと親戚にいわれやしてね。」

「そいでもともとのこの見世に返しにきたわけかい」

そう話をしている、二人の老人。

おゆうは、今まさに売られているのです。

「仕方ないねえ、下働きにでも使おうか。いくつになる?」

「おゆう、お答えしねえか!」と言われると「13…」と答えるおゆう。

「おしいねえ、そのあざさえなきゃ、表に出して稼げたのにさ」と言われるおゆうの顔には、大きなあざがありました。

いやなところだ、ここは…と考えているおゆうでした。

吉原は江戸時代、一番華やかな場所でしたが、闇もまた深かったのです。

日銭千両といわれるこの吉原は、嘘がほんとで、ほんとが嘘の夢の色里です。

「新入りかえ」

「あざが惜しいの。白粉でかくせりゃ売れたのに」

「名はなんという?」

そう口々に言われるおゆうは「おしいです。あっちでもこっちでもあざが惜しいといわれてさ。もうあたいの名はおしいでいいわ!」というのでした。

「きかねえあまっちょだな。」

「生意気だよ」

そういわれて、おゆうはいじめられるのでした。

吉原がますます嫌いになるおゆうでしたが、吉原の夜はとてもきれいなものでした。

この中のどこかに、自分の本当の親がいるのだろうか、そう考えるおゆう。

実の母親が女郎だなんて、自分まで汚れてしまった気がする、そう考えるおゆうでした。

そんなおゆうは、ある日お尻を触られます。

「なにすんだ!!」といって、その男の顔をはたきます。

「な、なんでぇ!太夫じゃあるめえし、お高くとまりやがって!ちょっとふざけただけだろう!おめえみてえな傷物、触ってやっただけでも…」という男に「これ、子供相手に無体なことしなすんな」という、花魁。

この店一番の花魁だという、その女性。

「ぬしや、名はなんと…?」と尋ねると「おゆうっていいます」というおゆう。

その花魁は、じいっとおゆうの顔を見ていました。

あまりに美しいその花魁の姿に、おゆうはポーっとするのでした。

じーっと自分の顔を見ていたので、まさかあの人が自分の母親かと思ったおゆうでしたが、年齢を聞くと23歳とのこと、それでは母親ではないか、とがっかりするのでした。

実の母親に会いたいんだか会いたくないんだか、自分でもよくわからないおゆうでした。

そんな時、眠っていると、外で物音がします。

「なんだ?」と起きるおゆうは「あぁ、となりの松鳥さんがくたばったんだろ。長患いしてたからねえ。騒ぐんじゃねえよ」と言われるのでした。

これから三ノ輪の寺に投げ込むのだと言います。

そうして、部屋の掃除をするようにと言われたおゆうたち。

そこには、一本の箸がおいてありました。

あまりに小さいその箸。

どうやら、松鳥がしゃぶってその短さになったようでした。

「こっそり布団の下に忍ばせてしゃぶってたんだろ。少しでもおまんまの味を感じたくてね。客もとれねえし、ろくに飯ももらえねかっただろうからな、下っ端女郎はそんなもんさ」と言うその言葉に、なんてところなんだ、ここは…とゾッとするおゆうでした。

同じ女で女郎なのに、あの花魁とこうも扱いが違う、なんて格差がある世界なんだろう、と考えるおゆう。

一方、あの花魁は何か自分に話したそうにしている、と考えているおゆう。

そう、花魁はおゆうと話す機会をうかがっているようだったのです。

しかし、自分も忙しい身のおゆうは、何も会話をすることができませんでした。

そんな日が続いたある日、おゆうは客に襲われてしまいます。

そのことで、花魁は怒り、おゆうを連れて養生することにします。

涙を流すおゆうの背中をやさしくさする花魁。

その手はとても温かいものでした。

そうして、花魁はおゆうにとても良くします。

初めて感じたぬくもりに、おゆうは嬉しく思いますが、花魁がお金を使えば使うほど、心配になるのでした。

そして・・・?

果たして、あざ(痣)を巡る結末の展開とは・・・?

(この後衝撃の結末へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

娘を売る街の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!

娘を売る街の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

娘を売る街のネタバレ!松坂に犯された後の復讐がヤバイ!

娘を売る街の結末のネタバレ!ラストの衝撃の展開がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!片倉加恵の見た地獄と女郎の結末がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!おちょろ舟に隠された秘密と結末がヤバイ!

感想

おゆうという登場人物は、この吉原には珍しく、女郎とはならず下働きとして過ごしていきました。

その様子が新鮮で、なかなか面白かったですし、特殊な設定も盛り込んでありますから、楽しめますね。

この作品は様々な話が収録されているため、飽きが来ず楽しんで最後まで読むことができました。

そんな娘を売る街という作品は、吉原を描いた作品が好きな方におすすめの作品となっており、また、ストーリーな女たちのシリーズが好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

娘を売る街の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!

娘を売る街の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

娘を売る街のネタバレ!松坂に犯された後の復讐がヤバイ!

娘を売る街の結末のネタバレ!ラストの衝撃の展開がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!片倉加恵の見た地獄と女郎の結末がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!おちょろ舟に隠された秘密と結末がヤバイ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ