失恋日記のネタバレ!別れるの結末で猪狩が頼った薬がヤバイ!

【Amazon.co.jp アソシエイト】
失恋日記 (FEEL COMICS)

失恋日記とは?

女性誌に掲載されたレア傑作を完全網羅している本作品です。

圧倒的パワーと存在感で胸に迫る6作品を収録しています。

愛する人と別れる覚悟を決めた女の行動や、唐突に訪れた婚約者の死が遺した、知らなかった「彼女」との対面、結婚8年目に夫から告げられた衝撃の告白などを描いた作品です。

衰退の一途をたどるブルマに隠された、壮大で重大な秘密……!?

心を揺さぶる柏木ハルコ恋愛短編集がはじまります。

そんな失恋日記という作品は、少女漫画が好きな人におすすめというよりも、ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

失恋日記の登場人物紹介

猪狩・・・吉井のことが大好きな、女性です。

別れてからは、ストーカーじみた行為をしてしまう自分に嫌気がさし、毎日泣いています。

ついに、薬に手を出すことにした猪狩は・・・?

吉井・・・猪狩と付き合っていた男性です。

不器用で愛想が悪いところがありますが、優しい一面もあります。

猪狩が薬を飲むということで会いにいきますが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

失恋日記のネタバレ!別れるの結末で猪狩が頼った薬がヤバイ!

いわゆる、愛情をコントロールする薬が開発されたといいます。

ストーカー対策のために開発された過剰な恋愛感情を抑制するという薬で、その薬を使って、一人の女性が自分自身の暴走を止めようと考えていました。

このままいくとストーカーになってしまう、と考えているその女性。

このままでは彼を傷つけるか、自分を傷つけるか、どっちにしてもろくなことにならない、と考えています。

その女性の名前は、猪狩。

猪狩は、彼と出会ったころを思い出しています。

この人なら自分をわかってくれる、という甘えが自分にあった、好きだったらお互い全部理解できるはず、そんな風に考えていました。

その甘えが、二人の関係を破たんさせたのです。

猪狩はケンカした後泣きながら、電車で会社まで追いかけてしまったり、彼の家で不法侵入一歩手前のことをしてしまったり、一日電話やメールを50回くらいしてしまったり、とにかくストーカーじみた行為を繰り返してしまいました。

焦れば焦るほど、取り戻せない、モンスターになっていく自分、そんな自分に嫌気がさしていました。

次の日顔の形が変わるほど泣いてしまう猪狩。

それなのになぜ、この期に及んでまだどうしようもなく好きなのか、自分でもわけがわからないようでした。

しかし、もう疲れた猪狩は、恋愛感情を抑制するというその薬を飲むことにします。

ただ、その前にもう一度彼に連絡をする猪狩。

メールをうっています。

今夜薬を飲もうと思います、ストーカー対策に開発された恋愛感情を抑制する薬だそうです。

これを飲んだらもう二度と吉井くんの前には現れません。

ただその前に一回だけ会いたいのですが…、そんな内容のメールを送る猪狩。

そうして、吉井は再び猪狩の前に現れました。

「本当に飲んでくれるの?おれ、転職の準備で忙しいんだけど」

「これが例の薬。飲むからさ、最後に一回だけ抱いて」

「なにそれ、話違うじゃん。おまえなんか変な病気うつそうとしてね?」

吉井のそんな言葉に、涙をこらえる猪狩。

「泣くなら帰る」という吉井の言葉に薬をぐいっと飲む猪狩。

「効き目があらわれるのが2、3時間後。いやならいいよ、かえって!」といってベッドに横になる猪狩。

そうして吉井と猪狩はベッドで交わるのでした。

猪狩は抱かれながら、吉井のことを考えます。

猪狩の体の中で、錠剤はとけ始めていました。

その溶けている薬のように、吉井への想いも溶かしたいと考えていた猪狩。

吉井のことが好きで好きで仕方がない猪狩は、今この瞬間の幸せをかみしめつつ、涙を流すのでした。

吉井は、すでにほかの女性を好きになっていたようでした。

薬が効いた翌日。

「ぎゃ!もうこんな時間!?ちょっとちょっと!会社会社!!」

「あ、お、おはよ」

「おはよ!え、吉井君時間大丈夫なの?」

「ちょっと燃えないゴミ持って!早く早く!」

「う、うん」

そこには、吉井と出会う前の普段通りの猪狩がいました。

その姿に驚く吉井。

「じゃ、ここで!」と颯爽と去ろうとする猪狩に「え、あ、あのさ、大丈夫?」という吉井。

「なにが?」

「その、薬の効果…」

「あ…そういえば、体がすごく軽い!なんかつきものが落ちたみたい!!」

「まぁ、とにかくまた連絡するよ」という吉井に「え?なんで?」という猪狩。

「なんかこの薬ってさ、もっと相手を嫌いになるとかそういうものかと思ってたけど、意外とそうでもないんだね!でもなんていうか、このまま一生別々の道を歩むようになっても、あんたの幸せを祈ってるよ」と笑顔でいう猪狩。

その言葉に、吉井は何とも言えない顔をします。

「じゃ、またね!」という猪狩。

そして・・・?

果たして、別れるの結末で猪狩が頼った薬とは・・・?

(この後衝撃の結末へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1~3巻分を結末まで全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがmusic.jpU-NEXT<ユーネクスト>の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、この裏技を賢く使えば、最大3巻分はコミックがタダで読めちゃいますよ♪

まず、music.jpは音楽専門のような名前ですが、実は電子書籍サービスも充実していて、今なら特別なキャンペーンをやっているので、新規登録すると、初回にいきなり961ポイントを特典としてもらえます。

なので、その961ポイント(961円相当)を使えば、読みたい新作コミックを今すぐ結末まで読めてしまうんですね。

例えば、1巻が480円までのものなら2巻分読めてしまいます!

また、今なら新作映画も見れる動画ポイントが1500ポイントもらえるので、話題の新作映画などが5本分見れますよ!

なので、新作コミックだけでなく新作映画まで見れる超絶お得なキャンペーン中を見逃さないようにしましょう。

ただし、無料で登録したまま30日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

music.jpで今すぐ無料でコミックを結末まで読むならコチラ!



次に、U-NEXTの方は10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、新規登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら1巻全部読めてしまうんです。

ただし、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

U-NEXTで今すぐ無料でコミックを結末まで読むならコチラ!



なので、music.jpやU-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、今すぐ読みたいコミックを1~3巻分全部読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

失恋日記のネタバレ!初恋ガーディアンの結末の展開がほろ苦い!

失恋日記のネタバレ!夫の片思い編の結末の展開がヤバイ!

失恋日記のネタバレ!DIARYの結末で留守録の内容がヤバイ!

失恋日記のネタバレ!婚約者が死んだ後の衝撃の展開がヤバイ!

感想

猪狩と吉井のようなカップルは世の中にたくさんいるのだと思いますが、そんな世の中にこの薬が生まれたら、大変なことになるんだろうなぁと思いました。

この作品は、どの話も濃厚なのですが、ただ一つ残念なのは、どれも中途半端に終わってしまうところですね。

正直言って、オチが結構適当なので、読んでいて着地点が見つからず、残念な印象も多いです。

ただ、そこに至るまでの過程はなかなか面白く、先が気になってしまうので、そういった作品が好きな人にはおすすめです。

そんな失恋日記という作品は、少女漫画が好きな人におすすめというよりも、ドラマものが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

失恋日記のネタバレ!初恋ガーディアンの結末の展開がほろ苦い!

失恋日記のネタバレ!夫の片思い編の結末の展開がヤバイ!

失恋日記のネタバレ!DIARYの結末で留守録の内容がヤバイ!

失恋日記のネタバレ!婚約者が死んだ後の衝撃の展開がヤバイ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ