ゼウスの手の全話ネタバレと結末!悪童6人が繰り広げる物語!

【Amazon.co.jp アソシエイト】
ゼウスの手(1) (ヤングマガジンコミックス)

ゼウスの手1巻のあらすじ!

5人もの人を殺害したことにより特別少年院に入院した殺人鬼こと百鬼 匡(ナキリタスク)。

半年間の単独室から集団部屋に移動したが、同室の他の5人からやっかみを受ける。

さらには班全員が他の班からのいじめ対象になってしまう。

看守に報告すると自分たちが問題児扱いされ単独室行きになってしまうため、百鬼に手を出そうとしたある日、突然壁から血まみれの男が現れた。

壁から現れた男に“ゼウスの手”を託される。

男は手を捨ててくれと懇願するが、少年達は不思議な力を宿したゼウスの手を使い、少年達は少年院を脱走してしまう。

ゼウスの手の力はいったい何なのか、果たして少年達の運命やいかに!?

衝撃の物語、第1巻の開幕です!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ゼウスの手1巻の全話ネタバレと結末!悪童6人が繰り広げる物語!

虜囚…こいつが凶悪犯、悪童達とのファーストコンタクト

天翔特別少年院

「何してる 降りて来い
ゆっくりだ」

「少年課の“鬼島”鑑別所長の“サイゴウ”まで勢ぞろいだ」

「さすがだな日本を震撼させた“凶悪犯”様か……」

「ひょろくねーか?ホントにアイツが大人5人も?」

「気味悪ィーな殺人鬼と同じ院とかマジ勘弁してほしーぜ」

「百鬼 匡(ナキリ タスク)15歳 AB型」

「両親は8歳の時に他界 母方の祖母に育てられる
11歳の妹が一人中学校では上位の成績…か…」

「“正す”“救う”の意味合いで匡とは皮肉なもんだな」

「…まあいい この院で徹底した教育を受け更生し無事退院して立派な社会人になることを願うよ」

「…おい返事」

「返事しろ百鬼
返事だよ」

「貴様聞こえんのか!」

「五十嵐君 もういい」

「…あ…はい」

少年は単独室に連れていかれた

「ここで新人教育を受けてもらうぞ」

「本来は2週間だがお前のようなゴミは無期限だ」

「殺人鬼にもこーやって部屋とベッドを与えるなんてこの国はホントえらいよ
出たら小説でも書いてみるんだな」

部屋には防犯カメラがあり常に監視されている状態だった

「今日で半年か…ふむ…」

「さすがというとアレですがどんな状況でも正常値
一般的な青少年と比べても全てにおいて群を抜いている
ロールレンタリングの成果もかなり良いようですね」

「彼の反省文…」

“反省文”

“私百鬼匡は取り返しのつかぬ行いをしました”

“己の未熟さゆえに家族も未来もあったはずの5人の尊い命を奪ってしまい慚愧の念に堪えません”

“己の行為を決して忘れず今後は決して人を傷つけることなく何も奪わず人として正しくいきていきたい”

「今日からここで生活してもらうぞ」

「何か一つでも問題を起こせば一生出られないと思えよ」

「376番 百鬼匡です
よろしくお願いします」

「右奥がそうだ」

「はい」

よりによってこの部屋なんて…

おいおいアミダで決めとんやないやろな…

殺人鬼を一緒に枕並べるの?

いつ寝首がかれるかクソったれ看守め

同じくらいの体格

5人も人を殺した殺人鬼…信じられない…

「ルールは部屋長が伝えるように」

「え…ほ…へい!」

サイレンが鳴り、それぞれが掃除にとりかかるも一人立ち尽くす百鬼

「…や…やあ部長の佐伯です…な…百鬼君?だったよねどーも佐伯です」

「…じ…実は最初は新人はトイレ係になってんだけど
トイレは結城君がやってるから…んーまあ来たばっかだしとりあえずどーしよ
つ…机 そうだ!自分の机の掃除かなうん…それがいい」

「…ゆ…結城蓮(ユウキレン)よろしく!」

「同じ班になったんだし仲良くしようよ!」

「僕アニメ大好きでさレアグッズとか欲しくてスタジオに入り込んだり
ネットで転売詐欺とかやりすぎて捕まっちゃってさバカだよね
犯罪者の才能ないみたい…」

「せっかくだから10班全員の紹介しとくね
あの落ち着きのないメガネの彼がウチの部屋長」

「佐伯大翔(サエキハルト)“ロリコン”“マザコン”小学校盗撮、下着泥棒
たしか女の子を自宅の部屋に監禁して捕まったんだっけ?」

「太った彼が一色太一(イッシキタイチ)いじめられっ子だったんだけど
ある日キレていじめっ子達を半殺しにして捕まったみたい」

「関西弁の彼が一條拓海(イチジョウタクミ)盗みの常習で もう何度か捕まってるハズ
一番高価な盗品はパトカーとか言ってたけど…どうかな?」

「あの怖いイレズミの彼が鳴海翔太(ナルミショウタ)障害・暴行・ヤク
ヤクザの構成員ってウワサ…」

「みんなチャチな犯罪者だよねー君みたいな――あら?」

「何してくれとんじゃ
のけ者にして追い出す約束やろ台無しにしくさって
5人も殺っとんやで、わりゃ一緒の布団で寝さしたろか?」

「ちいっ」

「こ…この音でしょ?他の棟でも壁からするって
ここもそーとー古いからガタが来てんのかないきなり崩れたりして」

「何なんだコレ?」

「3棟の方じゃTVのチャンネルが勝手に変わるって停電も頻繁みたいだし
パワースポットとか霊の通り道じゃないかって言われてるよなんかワクワクするよね」

「ごまかせた思っとんかボケ!」

「あら」

その後、集団生活を続けるも…

「あれ?ないよないよボクのパンツあれ?」

「ビショビショじゃねーかふざけんなよ!」

「ねぇこの列…ここ10班の席なんだけど…知ってるよね?」

「ちょ、ちょっと…あのさ…」

「10班全員がイジメの対象になってるよ
僕らみんなからいじめ殺される
このままじゃすまないよきっと…」

「一人のせいでこんな目にクソ殺人鬼ヤロー…」

その夜…夜更けに目が覚めた百鬼

突然背後から鳴海が首を絞めてきた

「死ね…死ね…死ね…」

百鬼は鳴海の目を攻撃するもそのまま倒され、一方的に殴られる

その騒ぎに他のメンバーも目を覚ます

「何だようるさいなー」

「ガキが上等だぁぶっ殺してやんよ!オラオラ」

「人殺ったくれーでいい気になんじゃねーゾ
クソったれ!」

「ちょっ、ちょっと鳴海君何やってんの!」

「殴ってどないすんねん!ったくこの単細胞がぁ」

「やめやめ!看守来るやんけ!全員単独室行き――」

「うっせえ!我慢なんねぇ!」

「手ーどけろ、鼻折ったるオラァ!てめーなんざ怖くねーぞ」

「殺せるもんなら殺してみろ!おお!」

鳴海の隙をつき、百鬼が反撃に出た

鳴海の首をしめる百鬼…

「やめなよ二人とも!」

「…くっ て…てめえ…」

「落ち着け!静かにしよーやな!」

「…た…単独室はやだ…よう」

佐伯が部屋の端でうずくまってると音が聞こえてきた

何気に音の方を振りむくと…

「うわうわああああ!」

壁一面に巨大な口が現れた

その口はまるで生きているようで、にちゃああと唾液が糸を引いて口が開いた

「…あ…あ…ああ…」

「え…ええ…な…何コレ?」

口が開くと口の中からどこかの駅の風景が目の前に現れた

口の中から血まみれの男が現れた

「うわあああ何?何?」

「…こ…これ…を…こいつを…す…捨ててくれ…た…頼…む…」

男が手首から先の手を渡してきた

スポンサーリンク

脱出…突如手に入れた自由

「…だ…誰か…いる…のか…」

「た…頼…む…こ…こいつ…を…ゼウス…の…手を…す…捨て…て…くれ」

「お…俺は…も…もう…動け…ない……う…受け…取っ…て…くれ」

「こ…こいつが…存在する…と日本…世界…は…破滅…へ向か…う」

「ち…地球上…に…人類…は…い、いなく…なる…ひ…一人…も…」

「ゼウスの手…は使い方…次第…で、せ…世界…を救う…もの…でもあ…る…
戦争……環境…破壊…伝染…病、核…だって…なく…せる」

「…い、いや…だ…だ…め…た、頼む…は、破壊…してどこか…にす…捨てて…くれ…い、今すぐ…」

「…わ…渡す…な…奴…らには、絶対…に…」

血まみれの男がそういうと口が閉じ、ちぎれた男の左手とゼウスの手だけが部屋に残った

「…き…消え…」

「…う…うう」

「見た?見たやろ?」

「ああ…見たな」

「うわっ…あ…あれ手だ、本物?ヤバいってコレ」

「…ゆ…夢じゃないんだねどーしよ看守呼ぶ?」

「夜中に騒ぎ起こしとんやぞ単独室入りやろ」

「と…とにかく落ち着こ静かにせんとな
布団に入ろ!何も起こらんかった…今はそれしかないで」

「ダメでしょ!ちゃんと看守に説明した方が…」

「説明できるんかい今のを…」

「手があるじゃん」

「うわぁあ~~」

「イジッてたら普通に出たよ」

「わぁわわわわ」

「捨て 捨て!爆発するやんけ巻き込むな!」

「爆発?何で?」

再び現れた口に、百鬼は口の中に入っていった。

外に出るとそこはどこかの都心の街中だった…

「出て行っちまったぞ、いいのか」

「どっちにしても問題だしどーしようか僕らも行く?」

「アホ!冗談やないわ」

「佐伯 お前部屋長やろ行くなや」

「お前ら気は確かか?」

「うわっヌルヌルしてる」

「…お…おい結城」

騒ぎを聞きつけたのか部屋の電気が付き、看守達の近づいてくる足音が聞こえる

「どっちみち単独室行きだぞ」

「…くそう」

かくして6人全員がゼウスの手によって脱走に成功したのだった

「外 出てもーたな
どこやここ?」

「ありえねーよこんなこと
さっきまで年少にいたんだぜ」

「ここどこ?日本なのはわかるけど」

「結構都会だぞ
新宿?池袋?」

「あ!あのパソコンショップ知ってる
池袋だよここ」

「人も歩いてっし地球ってことは間違いないな…どーすっか?」

「この格好は目立つよ坊主だし」

「人けのないところを探そう」

「寄こせブタ!」

「あ…」

「“ゼウスの手”とか何とか言っとったな」

「作りもんにしちゃよーできとんなコレ」

「血管浮いとるジジイの手やろか」

「ひっついて取れへん固定されとる
うわっぬくいぞ この手なんやねんこれ」

「生きとるみたいや気色ワル~!」

「何?壁に向けて全部押し込んだら出たって?」

「ボタンてこの三つのやつかい」

ボタンを押すと口が現れた

「動かしたらついて来よるわ」

「はははおもしれ~~」

「トリガーぽいの引いたら開いたで
もう振っても動かんホールドされとるな」

「トリガー離したら閉まったなるほどな」

「後ろのモニターは地図になっとる
多分 口の中に出とる場所をしめしてんやろ
アイフォーンみたいに動かせるで」

「すげー道具や神の道具やで
これ使ったら何でもできるわい」

「これからはどんなやべえ犯罪起こしたって捕まらん」

「銀行襲ったってごっつい高いもん盗んだってな
俺らは完全に自由になったんや」

「生きとったって学歴も能力もない年少上がりの俺らが勝ち組になることはまずないやろ
犯罪しかしてこんかったのに社会に出て何ができるんや
みじめなクズ人生しか持っとらんかった」

「一心同体で協力し合って 全員で大金持ちになろーや
周りを見返ししたるんや」

「…でそいつは誰が持つんだ」

「そうだよ
さっきから自分がリーダーみたいな空気出してっけどさ」

「こん中で一番キレるのは俺やし順当だろ」

「ふざけんな一條 てめー殴られてーか」

「うっせ文句あるんかい!その指マジで折ったろか!」

「関西ヤロー ガチで勝てると思ってんのか!」

皆で言いあいしている中でゼウスの手を手にしたのは百鬼だった

一瞬で皆に緊張が走る

「ちょ…ちょい待てや…
勝手に触んな殺人鬼!」

「…お…落ち着こうか こっちに渡してや…
な…ええ子やから」

「早く返せこのヤロー俺んだ!」

百鬼と結城が睨み合っているとパトカーのサイレンが聞こえてきた

「ヤバいパトカーだ」

「誰かが通報したんだ!」

百鬼が口を開いたため、皆慌てて口の中に入っていった

「真っ暗~~」

「警察は入ってきてない?」

「電気どこや?」

「わっ!まぶっ」

口の向こうは老夫婦が暮らす民家の台所だった…

(この後さらに衝撃の展開へと続きます)
ゼウスの手を手に入れた6人は百鬼の指示の元、さらに犯罪に手を染めていきます。

百鬼の本当の目的は一体なんなのか…もう引き返せなくなった6人。

ゼウスの手はいったい何なのか託した男の真意は何だったのか。

乞うご期待です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ゼウスの手1巻の感想

犯罪者が主役の物語…と思いきやただそれだけでは済まされないような展開になっていきそうな感じでした。
ただ…やはり読むのは辛かったですね。なんのためらいもなく人を殺す描写がリアルに描かれていました。

今のところただの犯罪者でしかないので…ゼウスの手がどういったものなのかがこれから物語の核心に迫っていくと思います。

ダークファンタジーでひと言で片付けられない衝撃的な内容でした。他の5人はまぁ、リアルな感情が描かれ良くも悪くもわかりやすいキャラでしたが、

百鬼だけが本当に読めないキャラで…真意が全くつかめませんでした。

すでに人を5人殺しているので、ゼウスの手がどう作用するのか救済ポイントはこの先あるのか、結末はどうなるのか注目するところではあります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ