たとえ灰になってものネタバレ!牛を使った拷問や処刑がヤバイ!

【Amazon.co.jp アソシエイト】
たとえ灰になっても 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

たとえ灰になってもの登場人物紹介

 

ユキ:

 

主人公。病気の妹の治療費のため10億円が必要になりクロエルの”ゲェム”に参加した。

 

ありとあらゆる手段を用いて勝利をつかみ取るが、いささか倫理に欠ける部分が目立つ。

 

常称寺麗奈:

 

クロエルの”ゲェム”の参加者。

 

山田を陥れるため、ユキの作戦に乗りユキと手を組む。

 

最終的に勝利し、14億4080万5円を獲得した。

 

山田:

 

クロエルの”ゲェム”の参加者。

 

めがね子が拷問されていても全く動じず、むしろ微笑んでいたところからユキの異常性に

 

警戒心を持つようになる。

 

めがね子と手を組み、ユキを陥れようとするが、ユキと常称寺の作戦に見事に引っかかり、負けてしまう。

 

窮地に立たされた山田はめがね子を盾にして逃げようとするが、それが原因で自滅。

 

負けが確定してしまい、処刑されてしまう。

 

死の恐怖から逃げようとするが、クロエルによって捕らえられ”ファラリスの牡牛”によって拷問・処刑される。

 

めがね子:

 

クロエルの”ゲェム”の参加者。

 

心穏やかで優しい性格だが、逆にそれが仇となり主人公のユキによって窮地に陥れられてしまう。

 

自分の指を切断することでなんとか負けは免れたものの、重症となる。

 

その様子に同情した山田はめがね子と手を組み打倒ユキを目指すが、逆にユキと常称寺の作戦によって再び窮地に立たされてしまう。

 

その際、山田に裏切られるが、逆にそれが仇となり山田が自滅することとなった。

 

クロエル:

 

自称天使の”ゲェム”の主催者。

 

かわいい見た目をしているがその正体は内面は残虐性に満ちており、”ゲェム”の参加者を拷問する事に快感を感じている。

 

今回の”ゲェム”で山田が敗退した際、ファラリスの牡牛を召喚し、山田を拷問・処刑した。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

たとえ灰になってものネタバレ!牛を使った拷問や処刑がヤバイ!

 

勝負に負け、死亡することが確定した山田。

 

死の恐怖に怯えて逃げ出しますが、もちろんそんなことをクロエルは許すはずがなく…

 

「可愛そうだしなるべく苦しまずに殺してあげようと思ってたけど…

 

逃げちゃうんじゃねぇ…仕方ないよねぇ…うふふふふふふふふ♡」

 

「こいつでひとつ苦しんでもらおうかな」

 

そう言ってクロエルが”何か”を召喚します。

 

それは…

 

「古代から近代に至るまでヨーロッパの歴史は拷問の歴史でもあった」

 

「その中でもボクが最も気に入っている拷問器具…知恵の実を食したキミ達人類の偉大なる発明!」

 

 

「ファラリスの牡牛いいいいいい♡」

 

 

「それは遥か昔アクラガスの僭主ファラリスが命じ作らせた、

 

人を”炙り殺す”事に主眼を置いた処刑器具だ」

 

「青銅で出来た牛の像は炎により即座に加熱される」

 

「熱は炎の当たっている部分から…全体に伝わっていき…」

 

「牛の内部はフライパン状態となる。中の人間は逃げ場を求め焼かれながら暴れ狂う…」

 

「逃げ場なんかどこにもないのに…ね」

 

「あづいあづいあづいあづいあづい!!出して出して出してよぉおおおおおおおお!!!」

 

泣き叫ぶ山田ですがもちろん許されるはずもなく…

 

「そうそう、下手に暴れて中で転倒でもしたらもう大変!」

 

「牛の内部に触れた皮膚は高熱により張り付いてしまい…

 

「どれだけどれだけもがいてもなかなか剥がれず…」

 

「じっくりゆっくりたっぷりと肉を焼かれることになる…!」

 

灼熱地獄を味わう山田は必死にもがきますが、そのせいで中で転倒し、

 

顔がファラリスの牡牛に貼りついてしまいます。

 

「はがれないぃぃいいいい!!!だずけでああああああああ!!!」

 

顔を焼かれ絶叫を上げる山田。

 

山田の叫び声を聞き、焼かれ苦しむ様子を見ながら呆然とする常称寺、

 

穏やかに微笑むユキ、そして絶望するめがね子。

 

そんな面々を満足そうに眺めるクロエルはさらに続けます。

 

「はいみんなご注目~~!!」

 

「火力最大っ!ここからがこの牛の最大の見どころだよ!」

 

「”耳を澄ませて”よく見ておいてくれたまえ!」

 

「この頃になると牛に触れている部分は完全に焼け焦げ感覚はなくなる…」

 

「やがて放射熱により牛に触れていない部分も熱が高まり…体全体を焼き始める!」

 

「この牛の恐ろしいところは焼けても焼けてもなかなか死ねないところにある!」

 

「意識は明瞭なまま…身体中の水分が抜けるまで10分間…全身を焼かれる痛苦に耐えなければならないのさ!」

 

「…最終段階に入ると自分の肉が焼けた煙と蒸気でどんどん呼吸が苦しくなってくる」

 

「そうすると中の人間は”あるもの”に手を出し…」

 

 

「最高のミュージックを奏でるのさ…!」

 

 

それは青銅でできたパイプ…

 

そのパイプは特殊な仕掛けが施されており、そこから息を吸おうとした犠牲者は口を焼かれ、

 

その叫び声はまるで牛の雄たけびのような声に変換されるのです。

 

そして…処刑がおわり、クロエルはファラリスの牡牛の中を調べます。

 

「うわぁ…こりゃヒドイや!原型が全然残ってないよ!」

 

「キミ達も見たいだろ?取り出してみよっか!」

 

「だ…っだめです!そんなひどい姿晒してあげないでくださいっ

 

せめて静かに眠らせてあげてくださいっ!」

 

「まぁまぁそう言わずに見てあげなよー!哀れな山田くんの最後の姿なんだからさ!」

 

「ほらー♡」

 

「こんがりやけましたぁ~♡」

 

そして…地獄のような拷問…処刑がおわり、中から取り出された山田は、もはや原型を留めていないのでした。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

たとえ灰になっても1巻の全話ネタバレと結末! 主人公が外道過ぎ!

たとえ灰になっても2巻の全話ネタバレと結末!ユキの大ピンチ!

たとえ灰になっても3巻の全話ネタバレと結末!新キャラが濃い

感想

 

とてもかわいい絵柄のこの作品ですが、まさかこの絵柄でこんなエグいシーンをやるとは思いませんでした。

 

おそらく作者が”そういう趣味”なのでしょう。

 

グロくはないんですが、正直めちゃくちゃエグいです。

 

ファラリスの牡牛の怖いところは苦しいのになかなか死ねないというところにあります。

 

有名な処刑道具として「ギロチン」がありますが、あれは速やかに対象者を処刑できるため倫理的な処刑具だと言われていますね。

 

ファラリスの牡牛はまさにその逆だと言えるでしょう。

 

山田のようなかわいいキャラクターが涙と涎と苦痛で表情が歪み、

 

もはや言葉になってない悲鳴を上げ、最後に原型を留めていない姿で取り出されるシーンは

 

何とも言えない恐怖とやりきれなさがあります。

 

あまりのエグさに正直、この時代の日本に生まれて本当によかったと心の底から思いました。

 

あんなに恐ろしい拷問器具で死にたくないですね…
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

たとえ灰になっても1巻の全話ネタバレと結末! 主人公が外道過ぎ!

たとえ灰になっても2巻の全話ネタバレと結末!ユキの大ピンチ!

たとえ灰になっても3巻の全話ネタバレと結末!新キャラが濃い

サブコンテンツ

このページの先頭へ