ハダカメラの全話ネタバレと結末!数値に隠された意味がヤバイ!

【Amazon.co.jp アソシエイト】
ハダカメラ(1) (ビッグコミックス)

ハダカメラのあらすじ

ハダカメラとは、ちょっとエッチな青春作品です。

高校時代からの片想い相手と仲良くなりたい、けど一歩を踏み出す勇気のわかない香神鏡介。彼女との距離を縮めるために買ったカメラには、ちょっと変わったイケない機能が付いていたのでした。

それはハダカを撮ることのできるカメラ。

ハダカを撮って、誰かに現像することができるこのカメラを駆使して、鏡介はアンナコトヤコンナコトをしていきます。

鏡介がハダカメラを使ってエッチな行為をしていきますが、現像された女の子には謎の数値が表記されます。

それが、この作品の最大の注目ポイントと言えますね。

そんな「ハダカメラ」という作品は、「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」で人気の本名ワコウ先生が送る、ちょっとエッチで刺激たっぷりの青春恋愛コミックです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ハダカメラの全話ネタバレと結末!

鏡介が手にしたカメラ!そのカメラの隠された機能がヤバイ!

この物語の主人公・香神鏡介は、ある場面に遭遇しています。

彼には高校時代から想いを寄せていた女の子がいました。

何度も妄想の中で、彼女の胸を触ってみたい、と考えていた鏡介。

そんな彼の妄想が今、目の前で現実のものとなっているようでした。

ドッ

ドッ

ドッ!

ドキドキしている鏡介の心臓。

「これは現実なのか…!?」

きゅうううう…

と、相手のおっぱいを揉む鏡介。

そう、鏡介の目の前では今、想い人が裸になっているのです。

いったい何故こんなことになったのか、鏡介は今日1日の出来事を振り返るのでした…。

場面は、バイトをしている鏡介。

「くぅ~!やっぱ違うなーグラビアを飾る女って…」

と言っているのは、鏡介の同級生です。

今や大学生の年齢となった鏡介ですが、鏡介は受験に失敗し、しがない予備校生になっていました。

一方で同級生たちは大学に進学し、今はこうして鏡介のバイト先に遊びに来ているようでした。

「かがみくんはそんなの興味ないよね!」

と言うのは、鏡介の想い人である、閃(ひかり)です。

「へっ!真面目な鏡介が落ちて、不真面目な俺が受かってるんだからせわねーよなー?」

と、鏡介の顔を見ながら同級生の男は感じ悪く言います。

「この童貞やろうめー!」

と言って、鏡介をいじります。

現在でも彼女ができない人生を送っている鏡介は、当然童貞です。

そんな彼が好意を寄せている女性である、ヒカリ。

元々彼女と同じ大学に行きたいがために無理をして自分の学力レベルでは合格が困難な大学を受験した結果、浪人生となったようでした。

ものの見事に落ちてしまい、今は彼女の通っている大学の近くにある喫茶店でアルバイトをしています。

「鏡介くん!ちょっと来て!」

と言われる鏡介。

「はい!」

と言って行ったそこには、女性のバイトの先輩、押切がいました。

「大丈夫?鏡介くん。なんかあの人感じ悪いね」

と言う押切。

「大丈夫だよ押切さん、高校の同級生なんだ」

と答える鏡介でした。

その時、

「えー、買ったんだ、閃!」

と言われている閃。

その手にはカメラが握られていました。

「これでケーキとろうっと!」

と言う閃に、

「あ、ちょっと待ってて!」

と言う鏡介。

そうして鏡介は、自分のカメラを持ってきます。

「えへへ、俺も買ったんだ」

と言う鏡介に、嬉しそうな閃。

「わあカメラ!鏡介くんも買ったんだね!」

と楽しそうにしています。

そこに同級生の男、立原が割り込みます。

立原は「閃の気を惹くためにやってるのがバレバレ!」と、またもや馬鹿にしてきます。

カメラをやめようとしますが、その時閃は「せっかくだから」と言って鏡介にその古いインスタントカメラで自分を撮影してもらうのでした。

立原は、鏡介にカメラを返すと、鏡介をさんざん『ドーテードーテー』とおちょくってから、店を去っていきました。

すると閃は、「ごめんね。あんな人を連れて来ちゃって…」と謝ります。

「せっかくカメラ買ったんだし、撮って」という閃。

ファインダー越しに閃を見ると、そこには3パーセントという謎の数値が書いてありました。

数字…?3パーセントって…なんだ?

そう思いながらシャッターを押す鏡介。

カシャっ!!
しかし、そのカメラは古いタイプのため、撮ってすぐ現像はできません。

「写真ができたら今度あげるよ!」

と言って、その場はいったん帰っていった閃。

帰り道、閃は、

「カメラで撮ってもらったとき、なんだかすごくへんな感じがした…」

と言う閃でした。

「あれぇ…まだ出てこない」

と言って、鏡介はカメラで撮った写真を見ています。

そこに、押切がやってきます。

押切は立原の態度にかなりイライラしている様子でした。

「鏡介くんは、ちゃんと大学を目指して勉強してるんでしょ?頑張ってる人を笑っていいはずがないわ!」

と言う押切でした。
そんな会話をしたあと、鏡介が持っていた写真に気付いた押切。

見せてもらおうとして、その写真に触れます。

すると悲鳴をあげる彼女。

そのすぐ後に「げんぞうかんりょう」の表示が写真にでました。

それと同時に、なんと彼女は閃の姿になってしまうのでした。

しかもなぜか全裸状態の閃です。

「きょうすけ…くん?」

と言う閃の姿をした押切。

「ど、どうしたの閃ちゃん!」

と言う鏡介に

グググ…!

と顔を近づける閃。

「逃げちゃ…いや…」

と言ってキスしようというその時、

バン!

鏡を見て驚く押切。

そうして、

「連れてって!誰にも邪魔されない、安全な場所…」

と言う押切。

鏡介は押切を家へと連れていきます。

「鏡介くんは、セックスの経験ある…?」

と言う押切に、

「い…いえ?」

と答える鏡介。

「そっか…童貞と処女でもなんとかなるよね…?」

と言って、再び服を脱ぐ押切。

「ど、どうしたの!?さっきからおかしいよ!冗談でしょ?」

と言う鏡介。

「冗談じゃないよ…」

と言って、押切は鏡介に下半身を触らせます。

ヌチャ…

しかし、触った鏡介は

「も、漏らした…?」

と言ってしまうのでした。

「ちがうでしょ!!」

と思い切り鏡介を突き飛ばした押切。

気を失った鏡介が目を覚ますと、そこには押切の姿に戻った押切がいました。

そうして、押切は言います。

「このカメラのせい…!このカメラが彼女の姿と何かをあたしに現像したの!!」

と言うのでした。

つまり、このカメラの隠された機能は…撮られた相手の姿と何かを現像する機能だったのです。

スポンサーリンク

再び現像された閃!鏡介と別れた後の押切の行動がエロい!

翌日、鏡介はバイトに出勤します。

そこには押切も出勤していました。

あれ以来、鏡介とは口をきいていない押切は、鏡介に会うたびに赤面してどこかへ行ってしまうのです。

しかし、押切もカメラのことが気になっていたのか、鏡介に声を掛けます。

「もう一度あのカメラで撮って!」

と言う押切は、今店に来ている閃のことを指さしました。

「ただ一つお願いがあるの。現像するときは私で!」

と言う押切でした。

そうして、鏡介は閃を撮ろうとします。

しかし、

「ご、ごめん!」

と言って顔をそむける閃。

「なんか気味悪いの、そのカメラ…」

と、閃は鏡介のカメラを拒否するのでした。

がっかりする鏡介ですが、

パシャッ!

と、閃は持っていたカメラで鏡介と2ショットを撮ります。

「これはこれで嬉しい…」

とつぶやく鏡介でした。

そんな鏡介を見て

「意気地なし!」

と言う押切。

鏡介からカメラを奪って閃を撮ろうとしますが、なぜかシャッターが押せません。

「鏡介くんじゃないとだめなんだ!」

と気づいた押切は、鏡介にカメラを返します。

「お、押切さんを撮ろうか?」

と言って鏡介は押切にカメラを向けます。

すると、そこには42パーセントと書いてありました。

「42パーセント?閃ちゃんと違う…?」

とつぶやく鏡介。

その後、鏡介は結局押切に押され、閃を盗撮するのでした。

カシャッ!!

と、鏡介は閃をこっそり撮ります。

そうして、またバイト終わりに鏡介の家へと向かう押切。

「現像をすると服が解けちゃうから…」

と言い、押切は服を脱ぎ、バスタオル一枚を体に巻きます。

押切は、昨日と同じように写真を触ってみます。
すると、辺りを光が包みます。

ヒュウウウウ!

ドクン!

こうして、また閃の姿になる押切。

「ひ、閃ちゃん…!」

と考える鏡介ですが、直視するのは照れてしまい、思わず後ろを向いてしまいます。

「ちゃんと覚悟してきたから大丈夫だよ…」

と言い、押切は鏡介を押し倒します。

ドクン…

ドクン…!

と、誘惑に負けそうになる鏡介。

しかし、本当の閃の姿を思い出すのでした。

そして、

「そういうことは100パーセント好きな相手同士じゃないと!!」

と言って、押切を突き放します。

「そっか…」

と言い、押切は諦めます。

服を着て、押切は元に戻るのを待ちます。

ヒュウウウウン!

ドクン!

そうして元に戻った押切は、

「なんだろ…閃ちゃんの鏡介くんに対する純度の高い恋心を現像されたような感じ…」

と言うのでした。

その言葉に、

「閃ちゃんが、僕のことを…?」

と喜ぶ鏡介でした。

「このカメラを買った骨董屋に行くしかない…!」

と考えた鏡介は、骨董屋へ向かうのでした。

帰宅した押切は、

ンン…!

ハァ…!

と、一人でエッチな行為をしています。

どうやらカメラに刺激されたせいで、以前より敏感になっているようでした。

そうして、押切は一人でエッチな行為を繰り返すのでした。

スポンサーリンク

カメラに隠された謎!数値の持つ意味がヤバイ!

鏡介は骨董屋に向かっています。

「あ、鏡介くん!」

と、言うのは閃です。

どうやらたまたま同じ店に向かっていたようでした。

そこで、閃と共に骨董屋に来た鏡介。

「いらっしゃい」

と話すのは、若い女性でした。

店主は男のはずだったけど…

そう考える鏡介。

鏡介は、カメラのことを店員に聞きたくてこの場所に来ました。

しかし、閃がいる手前、そのことを聞くのを躊躇(ちゅうちょ)しているのです。

その若い女性店員は鏡介の様子を察します。

閃に近づく女性店員。

すると、

ピラッ!

なんと、閃のスカートをめくってしまいます。

「きゃあ!」

と言って閃は恥ずかしさのあまり、骨董屋を出て行ってしまうのでした。

「あ、閃ちゃん…!」

と言う鏡介はむなしく、一人残されるのでした。

「どう?これで話ができるでしょ」

と言う女性店員ですが

「それにしても、やり方があるじゃないか!」

と怒る鏡介。

ガシッ!

と掴みかかった鏡介ですが、その拍子に女性店員の顔が見えます。

その顔が美人だったことに気づき、鏡介は照れます。

女性店員はアキラと名乗りました。

「で、なんかあったの?」

と言うアキラに鏡介は説明をします。

「古いものにはいわくがあるからね」

と言うアキラは、そのカメラの説明書を持ってきました。

そこには、

「カメラは相手の姿と恋心をうつす…」

と書いてありました。

「じゃあやっぱり閃ちゃんは…?」

と、鏡介は閃が自分に恋心を抱いているということを確信します。

さらに、アキラは説明書に

「ファインダー右下の数値は…」

と書いてあることに気づきます。

しかし、その続きは敗れていて読むことができませんでした。

その後、予備校にいくと、そこにはアキラがいました。

どうやら、アキラもまた鏡介と同様に浪人中だと言います。

「ねえねえ」

と、アキラはやたらと鏡介にカメラのことを聞きます。

アキラはカメラの機能を試したくて仕方ない様子でした。

そこで、予備校に通っているグラビアアイドルのアミを撮影しようとします。

「あれ…?」

と言うアキラは、そのカメラにエラーが出ていると言いました。

しかし、鏡介が構えるとそのエラーは解消されました。

やはり鏡介しか使えないのだと分かった鏡介。

アキラの代わりに、アミを撮影します。

カシャっ!

無事にカメラに収めた鏡介は、家へと帰ります。

アキラと押切も呼んでいます。

鏡介は「現像するときは押切を呼ぶ」、という押切との約束を守るため、押切を呼んでいたのでした。

「二人だけの秘密だったのに…!」

と、怒る押切でしたが、すぐに写真に触れます。

「最初から全部見たいでしょう?」

と言って、押切は姿を変えるのでした。

ヒュウウウウ!

全裸のアミになる押切。

「これでおしまい。何も起きないわ」

と言う押切。

その様子を見て、鏡介は閃の姿の押切に迫られたことを思い出し、違和感を覚えます。

アキラは帰ろうとしますが、その時、

ツゥーッ…

と、押切の太ももから体液が滴っているのを目撃するのでした。

何かに気づいたアキラは、

「あんた、今押切ちゃんにすごく残酷なことしてるよ」

と言うのでした。

そして、アキラはこうも言います。

「数値の強さは、恋心の強さ、だよ。」

と。

そうして、帰ってしまうアキラ。

すると、

ガッ!!

と、押切は鏡介に襲い掛かります。

「や、やめてください!」

と言う鏡介。

しかし、押切は強引に鏡介の服を脱がします。

あらわになった鏡介の下半身。

ジュポッ!

押切は鏡介のモノを口でくわえます。

「二人だけの秘密だったのに!許せない!!」

と言って激しく続ける押切。

すると、鏡介は果ててしまうのでした。

その後、元の姿に戻る押切。

「止められなくて…。ごめん」

と言いますが、鏡介もごめんと言うのでした。

押切は、

「今回は少し鏡介くんに対する恋心が弱かった気がする…」

と言います。

変身している時間も短かったことに気づいた鏡介。

その時、鏡介はアキラの言葉を思い出します。

あのファインダーの右下にあった謎の数値は、恋心を表す、と。

そう、あの謎の数値は、ファインダーを覗いている人に対する相手の恋心を表しているのでした。

(この後さらに衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

感想

この作品は、鏡介が謎のカメラを手にするところから物語が始まります。

このカメラはエッチな機能がついていて、それだけの話なのかな、と思いきや、ちゃんと謎も用意されていて面白かったですね。

それにしても、閃の恋心が3パーセントしかないと気づいた鏡介の落ち込みっぷりは笑えました。

がハダカメラを手にした様子が描かれていて、いったいこのカメラはなんなのか不思議に思いましたね。

そんな「ハダカメラ」という作品は、「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」で人気の本名ワコウ先生が送る、ちょっとエッチで刺激たっぷりの青春恋愛コミックです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ