黒い羊は嗤わないの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

黒い羊は嗤わないとは?

黒い羊は嗤わないとは、衝撃の物語を描いた作品です。

物語の主人公である美月には兄がいました。

しかし、ある日その兄は殺人事件を起こしてしまうのです。

実の両親をナイフでめった刺しにした兄は逃亡し、世間はこの未解決事件に震えました。

いったいなぜこんなことをしたのか、美月には到底わかりませんでした。

しかし、その真意はとんでもないものだったのです。

この作品は、ミステリーの要素もある、サスペンス作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

黒い羊は嗤わないの登場人物紹介

美月・・・この物語の主人公であり、とても可哀想な女性です。

当時まだ幼かった美月は、兄が起こした殺人事件のせいで天涯孤独になってしまいます。

さらに、成長してからもその事件は美月についてまわるのでした。

康太・・・美月のことをいつも気にかけている、兄の友人だった男です。

幼い頃から美月のことを守り、本当の兄のように接していました。

今は弁護士になっていて、美月の力になろうと考えています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

黒い羊は嗤わないの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

美月には、ある、どす黒い「過去」があります。

場面は満月の夜。

深夜に目を覚まして両親の部屋に行くと、兄が、両親をめった刺しにした後の光景が広がっていたのです。

部屋中血まみれで、兄の手にはまだ血のしたたるナイフが握られていました。

訳が分からず、「お兄ちゃん?」と声をかけると、悲しげな顔をした兄が自分を見て…?

そこで美月の記憶はとぎれるのでした。

あの忌まわしい事件から15年が経ちました。

成長した美月は小さな町の定食屋で働いています。

さらに、働き者で笑顔も綺麗な美人とあって、看板娘になっています。

定食屋の夫婦はかわいがってくれましたが、お姑さんが美月を「気に入らないね。何か人に言えない過去があるんだよ」とうさんくさがっていました。

一方、兄は、両親殺害のほか、3件の殺人事件の凶行におよんでいた、とニュースで大々的に報道されています。

そう、逃亡した兄は今も捕まっていないのです。

犬養竜一の妹だ、というだけで幼いころから美月はさんざんな目にあってきました。

「連続殺人鬼の妹なんて、誰も助けてなんかくれない」と、まるで兄の汚れを引き受けたかのように、美月は世間からありとあらゆる迫害を受け続けて育ったのです。

やっと自活できる年齢になってから、美月は身元を隠して暮らすために「犬養」という名字を捨てて母親の旧姓である「影山」を名乗るようになっていました。

場面は変わって、食堂。

食堂の常連である秋山は、来るたびに美月にしつこく言い寄っていました。

強引な男で、美月が返事もしていないのに「今話題の映画、一緒に行こう」とチケットを無理やり渡して「日曜日に待っている」とさっさと行ってしまうのでした。

食堂のおかみさんは「もう少し人生を楽しんだら?」と、若いのに遊びらしい遊びもしない美月に言います。

普通の人のようにデートなんて、と戸惑っていた美月はテレビ画面に流れたニュースを見て凍りつきます。

それは『未解決事件特集』という番組でした。

世間は、何年たっても、いつまでも忘れてくれない、兄のことを知られたら、皆変わってしまうと考えるのでした。

秋山との約束をすっぽかした美月に復讐するべく、ストーカー化しますが、兄の友人でいつも気にかけてくれる康太が美月を助けてくれました。

しかし、秋山は美月の過去を調べ、食堂で暴露します。

悪い噂はまたたく間に広がり、美月はついに食堂に入れなくなってしまうのでした。

仕事に困った美月は、康太に水商売を紹介してもらい、なんとかことなきを得ます。

康太は自分の家に妹として迎えたかったのですが、婚約者の父親が反対したためそれは無理でした。

そうして、また引越しをした美月。

その後、美月は石嶺という男と知り合います。

彼は、孤独な美月に協力するといってくれる、唯一の男でした。

美月は日々を過ごしていくうちに、過去と向き合っていく決意をします。

そうして、2人はあの惨劇の現場である実家へ行くのでした。

そこは何もない部屋でしたが、記憶をフル稼働して思い出そうとする美月。

その脇で加害者家族、親族たちに降りかかった想像を絶する現実に心を痛めて思いにふける石嶺。

一番近い加害者家族である美月は、いったいどれだけの思いで耐えてきたのだろう、と想像するだけで胸が痛くなるのでした。

こうして実家で過ごしてみますが、思うほどの収穫は得られませんでした。

思い出話をしている美月。

そこでわかったことは、康太が家族公認で家に出入りできていた、ということくらいでした。

美月は、夜の方が思い出せるかもしれないと、夜に実家に行くことにします。

しかしそこで待っていたのは・・・?

果たして、最終回の衝撃の展開とは・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

感想

この作品は、最後まで誰が犯人なのかわからず、どうなるのだろうと期待してラストまで読めました。

とにかく美月が不幸な境遇で、とても可哀想でしたね。

この作品は悪意の広がっている様子がよく描かれていますが、本来であれば残された家族は可哀想だと思われる方がリアルなんじゃないかなと思いました。

是非衝撃の結末は、実際に読んでみることをオススメします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ