鉄鼠の檻(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
鉄鼠の檻(1) (少年マガジンエッジコミックス)

鉄鼠の檻とは?

鉄鼠の檻とは、ミステリー作品です。

「この世には不思議なことなど何もないのだよ――」

古書店「京極堂」を営む傍ら、”憑物落とし”専門の神主も務める中禅寺秋彦が、箱根の山中深くにて起こる修行僧連続殺人事件に挑みます。

忽然と現れる修行僧の屍、雪降る山の中を駆け巡る振り袖の童女…。

寺に取り憑いた大きな闇を、京極堂は落とすことができるのか!?

そんな鉄鼠の檻という作品は、ミステリー作品が好きな人や原作に小説があるような作品が好きな人におすすめです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

鉄鼠の檻のあらすじ(1巻前半)

「この世には不思議なことなど何もないのだよ――」

そう話すのは、1人の男です。

彼は古書店「京極堂」を営む傍ら、”憑物落とし”専門の神主も務める中禅寺秋彦。

彼はひょんなことから箱根の山中深くにて起こる修行僧連続殺人事件に挑むことになります。

しかし、それは決して簡単なことではなかったのです。

次々に現れる、謎の死体。

そして・・・?

忽然と現れる修行僧の屍、雪降る山の中を駆け巡る振り袖の童女…。

寺に取り憑いた大きな闇を、京極堂は落とすことができるのか!?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

鉄鼠の檻の濃いネタバレ(1巻前半)

目の見えない、1人の男が歩いています。

杖をつきながら歩いていますが、その杖になにかがあたります。

その感触から、鹿かと考えるその男。

しかし、「拙僧が殺めたのだ」という声に後ろを振り返ります。

よく雰囲気を感じると、なんとそれは人の屍でした。

場面は変わって、2人の男女が歩いています。

「しかし、息苦しいほど寒いっすね!」といっているのは、鳥口という男です。

雑誌の編集者である敦子は、「鳥口さんがきてくれて助かりました!うちの専属写真家が倒れた時はもうどうしようかと思いました…」といっています。

「いやぁ、赤井書房はいつ雑誌が出るとも知れぬカストリ出版ですから、こうして日銭を稼いでおかないとね」と鳥口はいっています。

「ふふ!じゃあとびっきりいい写真をお願いしますね!!」と可愛い笑顔を見せる敦子にドキッとする鳥口でした。

「が、がってん承知です!!」とはりきる鳥口。

敦子の後ろ姿を見ながら鳥口は考えます。

実は鳥口は敦子のことを人として、編集者として尊敬しているようでした。

「しかしこりゃ獣道ですな…歩くのが難儀です」という鳥口に「大平台からまだちょっとしか歩いていないじゃないですか。」という敦子。

「敦子さん、本当にこの先に宿があるんですか?その宿も歴史のあるたいそうなお寺だそうじゃないですか。そのお寺だってかなり大きいのでしょう?」という鳥口。

「そこができたのは江戸の後期らしいんですが、箱根の宿場からも遠いし、旧街道からも遠くて、戦前までは常客だけでもってたらしいです。」という敦子。

知ってる人も少ない宿だと敦子は言いました。

さらに、それだけではないという敦子。

どうやら、何か秘密がある宿なようでした。

鳥口は金持ち御用達の宿だと勘違いしています。

「それにね、明日行くお寺はそれだけじゃないんです。幽霊が出るとかではないんですが…」という敦子。

その意味深な言葉に、鳥口は少し怯えます。

そんな話をしていると、シャンシャン、という音が聞こえました。

そこには、お坊さんがいたのです。

「失礼しました。どうぞお通りください。」というその坊主。

そう話す坊主が気になった敦子は、声をかけます。

「あの、すみません!失礼ですが、明慧寺の方ですか?」という敦子。

その坊主は「いえ、拙僧は行雲流水。居場所の定まらぬ旅の修行者でございます。」と言いました。

そうして去っていったその坊主の後ろ姿を見てぼーっとしている敦子。

「どうしたんですか、敦子さん。さては、イケメンだったからぼーっとしてるんですね」という鳥口。

敦子は「そんなことありません!」といってぷいっとしてしまいました。

ちょっと怒ったかな、と焦る鳥口でした。

「あの、そういえば編集部のひとが先に宿に入ってるんでしたっけ?」という鳥口。

「あぁ、飯窪さんですか?確か昨日のうちについてるんじゃないかしら」という敦子。

その敦子の口ぶりに怒っていないことに気づく鳥口はちょっと安心するのでした。

「なんでその人だけ昨日みたいな雪の日に?」という鳥口に「彼女、実家がこっちの方みたいなんです」という敦子でした。

「え、飯窪さんって女性の方なんですね!じゃあ僕は両手に花ですねー!」と喜ぶ鳥口。

「あは、その両手持ちの花は片手分は私なんですか?」と笑う敦子に「もちろん!」という鳥口。

「でも鳥口さんは花より団子の人でしょ!料理も美味しいらしいですよ。もうちょっとです、がんばりましょう」という敦子。

そうして2人はお寺を目指します。

場面は変わって、そのお寺が写っています。

そこにいる、今川という骨董屋の男。

坊主と一緒に商売をしていて、もう5日も待っている、ということでした。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

鉄鼠の檻(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、まだ事件が起こっていない爽やかな展開が描かれていて、これはこれで面白かったですね。

この作品は、原作が小説なだけあって、展開に謎が多いのですが、その謎が面白さに拍車をかけているようで、いい作品です。

また、坊さんのウンチクも散りばめられているので、そういうことが知りたい人にもいいですね。

そんな鉄鼠の檻という作品は、ミステリー作品が好きな人や原作に小説があるような作品が好きな人におすすめです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

鉄鼠の檻(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ