横浜駅SFの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
横浜駅SF(1) (角川コミックス・エース)

横浜駅SFとは?

横浜駅SFという作品は、ありえない設定が面白い作品です。

舞台は、絶え間ない改築の続く横浜駅がついに自己増殖の能力を獲得し、膨張を開始して数百年後の日本です。

本州の99%は横浜駅で覆われ、SUICA を所有する人間が住み自動改札による徹底した監視下にあるエキナカの社会と、それ以外の僅かな土地に追いやられた人間の社会に分けられていました。

青函トンネルでは、増殖を続ける横浜駅とJR北海道との終わりの見えない防衛戦が続いています。

非 SUICA 住民達の住む岬で暮らしていた三島ヒロトは、古代地層から発掘された「18きっぷ」を手に、五日間限定での横浜駅への侵入を果たします。

そんな横浜駅SFという作品は、とんでも設定の作品が好きな方や、シリアスな笑いが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

横浜駅SFのあらすじ(1巻前半)

絶え間ない改築の続く横浜駅。

そんな横浜駅がついに自己増殖の能力を獲得しました。

膨張を開始して数百年後の日本は、すでに本州の99%は横浜駅で覆われています。

さらに、SUICA を所有する人間が住み、自動改札による徹底した監視下にあるエキナカの社会がそこにはありました。

また、それ以外の僅かな土地に追いやられた人間の社会も別にあり、その二つは完全に分けられています。

そして・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

横浜駅SFの濃いネタバレ(1巻前半)

横浜駅が自己増殖をはじめて、もう200年が過ぎていました。

そんな横浜駅に生まれた、小さなコロニー。

その小さなコロニーで、彼は産まれました。

今、彼は横浜駅を歩きながら、考えています。

隣接するエリアには、Suicaというものがないと入れない、それを持たない俺は、きっとこの狭いコロニーの中で死んで行く定めなのだろう、彼はそう思っていました。

ここのコロニーの住人は、他のコロニーの人間たち同様、横浜駅からの廃棄品で生活をしています。

幸いなことに、期限切れの食料品や機械の部品などが、毎日のように流れ込んでくるようで、食べ物などには困っていないようでした。

首長は、駅に頼らない生活を、と言っているようでした。

どうやら、廃棄品が横浜駅から流れてこなかったことにより、滅びたコロニーの話を聞いてから、その方針になっているようでした。

しかし、現実問題、この小さなコロニーでは、駅に頼らなくては到底生活などできませんでした。

黒富士を見ている、彼、ヒロト。

「黒富士か。梅雨が明けたな、教授」というヒロトは、老人に話しかけていました。

その老人は、皆から教授と呼ばれています。

元はエキナカの住人であり、ある日、このコロニーのエスカレーターの下で倒れていたそうでした。

それ以来、彼はここの住人なのです。

元は、ラボというところにいたそうでした。

いったいなぜ、教授がエキナカから追い出されたのか、誰も知りませんでした。

「ヒロト、なぜ白富士が黒富士になったのか知ってるか?」といって、教授は話をし始めました。

「ストラジーンは一定斜度のある場所にエスカレータを形成するように記述されているんだ。しかし同様に雨が続くとコンクリートの屋根を形成するだろ?だから富士山では頂上付近と麓の天候の違いにより、エスカレータとコンクリートの層がパイ生地状に重なった構造となる。これが白富士と黒富士の構成原理だ」という教授。

「そうか」というヒロト。

しかし、実際ヒロトは内容を全く理解していないようでした。

この孤独な老人の相手をすることがヒロトの仕事のひとつでもありました。

教授の髪がまだ黒かった頃、言葉が通じず、苦労していたヒロト。

岬の言葉がわかった頃には、教授はもう認知症気味であり、話が通じなくなってきたと言います。

「俺、今からエキナカに行ってくるよ」というヒロト。

それは、一年ほど前のことでした。

ある男が、このコロニーにやってきたのです。

キセル同盟というところの人間だというその男、東山。

横浜駅への反逆行為でエキナカを追い出されたという東山を、コロニーの住人は囲んでいます。

野次馬も随分いるようでした。

「俺はついてる方だ。他の仲間はみんな内陸部で自動改札に捕まっちまった。俺は命からがらここまで逃げてきたんだ」という東山は、住人たちに自慢げに話をしているようでした。

内陸部で自動改札に捕まると、ロープなどで拘束され、駅の外へ出されてしまうようでした。

東山たちキセル同盟は、駅に支配されている生活を終わりにしようとしているようでした。

その話を聞く、ヒロト。

しかし、東山は突然咳き込みます。

止まらないその咳は、異常な様子で、ヒロトは焦り、教授を呼びます。

教授は東山の症状を確認します。

どうやら、免疫が弱いことにより、倒れてしまったようでした。

いままでも、追放されたものは皆こうなったと言います。

コロニーに比べ、エキナカの人間は体が弱いようでした。

「これを…」と、息も絶え絶えにヒロトに何かを渡す東山。

18きっぷというものを受け取ったヒロトは、その効果を聞きます。

どうやら、体内にSuicaを持たないものでも、それがあれば5日間はエキナカにいることができるようでした。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

横浜駅SFの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、エキナカとそうでないものの格差がよく描かれていて、いったいこの世界はどうなっているんだと思って面白かったです。

また、この作品はとにかく設定がとんでもないため、個性という意味ではとてもあり、それだけでだいぶ面白いですね。

それだけではなく、話もなかなかしっかりしているので、読み応えがあるところも良いところです。

そんな横浜駅SFという作品は、とんでも設定の作品が好きな方や、シリアスな笑いが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

横浜駅SFの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ