君がくれた太陽の結末のネタバレ!最終回の最後の展開がヤバイ!

【Amazon.co.jp アソシエイト】
君がくれた太陽 : 2 (ジュールコミックス)

君がくれた太陽とは?

君がくれた太陽とは、戦前戦後を描いた衝撃の作品です。

戦前から被爆、そして復興の道をたどった広島の強さを伝えたいと、漫画家・松尾しよりが事前取材を重ねて紡ぎ、その圧倒的な世界観が今大きな話題を呼んでいる注目作品。

「少女漫画において、あの日の広島をここまで描いた作品がこれまであったか?」という声に反映されるとおり、新聞やテレビなどで取り上げられ、大きな反響を呼んだ作品です。

そんな君がくれた太陽という作品は、戦前戦後の日本に興味がある人や、戦争物が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

君がくれた太陽の登場人物紹介

芙美子・・・この物語の主人公の1人であり、八百屋に嫁いだ女性です。

寛二という優しい夫と幸せに生活をしていましたが、戦争によりすべてを壊されます。

寛二・・・この物語の主人公の1人であり、芙美子を嫁にもらった男性です。

慎ましくも、幸せに暮らしていました。

しかし、戦争によってすべてを壊されます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

君がくれた太陽の結末のネタバレ!最終回の最後の展開がヤバイ!

昭和4年、広島に福屋百貨店がオープンし、そこで働く、この物語の主人公の芙美子。

「きれいじゃあ、キラキラしよる」そう言いながら店内のシャンデリアに見とれている芙美子。

そんな時同僚が「芙美ちゃん、あんお客さんまた来とるよ」と言いました。

芙美子は「え?」と言います。

同僚は「日曜のネクタイじゃ」とニヤつくのでした。

そう言われた芙美子の前には、毎週必ず日曜日にネクタイを買いに来る青年の姿がありました。

「このネクタイを売ってくれんか?」というその青年。

「ありがとうございました、またのお越しをお待ちしております」とお礼を言い頭を下げる芙美子にむかって青年が唐突に「あんたトマト食べるか?」と言いました。

驚く芙美子に、赤くキラキラと光るトマトを差し出す青年。

「今日この町にこれ以上のトマトはないけえ」

「ほんまきれえじゃ、宝飾売り場にあるルビーみたい」

輝くトマトに見とれている芙美子。

すると、ぐーーっと芙美子のお腹の音が鳴ってしまいます。

「も、申し訳ありません、お昼まだで」と頬を赤らめ恥ずかしがる芙美子。

「ちょうどよかった、食べてつかあさい、うまいけん、いつも気持ちよう買物させてもろてる礼じゃけん」と、青年はそう言い残し去っていくのでした。

芙美子と青年のやりとりを見ていた同僚が「あん人芙美ちゃんを狙うとるわ、あんたからしか買わんもん、ロコツじゃあ」と言いました。

「なに言うん、お客さまに」と真っ赤な顔で照れる芙美子でした。

「もっともあんたは相手にせんじゃろ、あんな体の不自由な人」という同僚に「関係ないわ、見かけなんか」と足の不自由な青年を芙美子がかばうように言うのでした。

実は百貨店が開店してすぐの頃、お客にからまれうまくあしらえなく困っていた芙美子は、この青年に助けてもらっていたことがありました。

その時のあの青年の優しくて哀しい目が忘れられないようでした。

恋かもしれない胸のドキドキを感じる芙美子だったのですが、その想いはしまい込もうと考えています。

そう、彼女は5年前に両親を亡くしてしまい、遠縁の川原家に引き取ってもらっていたのです。

その家の長男との結婚を義務付けられていたわけで、芙美子に恋をする自由はありませんでした。

そんな複雑な状況の中、青年の素性と居所が分かった芙美子。

澤田寛二という名前の青年でした。

彼は小さい時に事故で足が不自由になってしまいました。

それでも輝いている彼に芙美子は惹かれていきます。

そうして彼に栄養のある食事を食べさせてあげたいと思うまでになりました。

寛二は八百屋を営んでいて、この日もお客相手に商売をしていました。

「寛二さん、寛二さんいうんじゃろ?うちは吉岡芙美子いうんじゃ」と、芙美子は青年の後ろから声をかけます。

「澤田じゃ、澤田寛二じゃ」と嬉しそうに笑う寛二。

ここから2人は運命の糸に引っ張られていくように惹かれ合っていくことになるのでした。

紆余曲折ありながらも、結婚することになった2人。

幸せなひと時を過ごしました。

しかし、戦争が始まり、その幸せは崩れ落ちたのです。

場面は刑務所。

「寛二に面会させてつかあさい」という芙美子。

寛二は国に逮捕されていたのです。

「まだ聞くことがあるけえ」と言われるも「なんでですか!寛二はただの八百屋です!!」と食い下がる芙美子。

芙美子は娘も2人連れていました。

奥の部屋で拷問を受けていた寛二。

娘の声が聞こえると、拷問していた男は「なんでお前みてえなもんに家族がおるんや」も言います。

そう言われるも、寛二は黙っていました。

ようやく外に出ることができた寛二。

慌てて家へと戻ります。

そう、この時すでにアメリカの攻撃が準備されていたのです。

そして・・・?

果たして、最終回の衝撃の展開とは・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

感想

この作品は、とにかくリアルに戦争の時の広島を描いており、こんなことがあったのかと読んでいて思いました。

悲惨な戦争を描いている作品はいくつもありますが、その中でも読みやすい部類に入ると思います。

こういった作品を読んで、この時の日本を繰り返してはならないと思うのは大事ですね。

そんな君がくれた太陽という作品は、戦前戦後の日本に興味がある人や、戦争物が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ