中国誘拐村(漫画)の結末のネタバレ!最終回のラストがヤバイ!

中国誘拐村(漫画)とは?

中国誘拐村とは、衝撃の世界を描いた問題作品です。

弟、妹は長男の奴隷。

日本に実在した残虐的な風習を描いたこの作品。

明治時代、長男以外の者は、厄介者として長男の使用人として家畜のように扱われ、自由もなく一生を終えていくという因習のある貧しい村が山奥にありました。

この物語は、そこに嫁いだ女性の物語を描いています。

そんな中国誘拐村という作品は、実話を基にした作品が好きな人や、衝撃的な話が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

中国誘拐村(漫画)の登場人物紹介

中原比奈子・・・18歳の女の子です。

父の恩人である栄吉の元へ嫁ぐことになった、色白で綺麗な娘です。

杉浦栄吉・・・24歳の男です。

戦場で比奈子の父を命からがら守り抜き、父の恩恵を受けます。

杉浦家の長男であり、実は太々しい性格です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

中国誘拐村(漫画)の結末のネタバレ!最終回のラストがヤバイ!

ここは明治39年4月、中部地方です。

東京から鉄道で半日、馬車を仕立てて半日、さらに半日馬に揺られて、ようやく山奥にある貧しい村に比奈子はやってきました。

比奈子には帝国陸軍の大佐をしている父がいました。

父が負傷したときに父を担いで銃弾が飛び交う中、逃げてくれた一兵卒がいて、彼は父の命の恩人だという話をよく聞かされていました。

父は彼にどうしてでも軍で出世させてあげようと考えていたそうでした。

しかし、彼は自分は百姓の身だから、故郷へ戻り跡を継ぎ、父母に孝養を尽くしたいと思っていると話、出世の話を断りました。

それならば娘婿にして恩を返そうと決めました。

そほうして、年周りがよい4女の比奈子を嫁がせることに決めた父。

父の意向に従った比奈子は、女学校を辞め、東京で仮祝言を挙げます。

相手は杉浦栄吉という24歳の男性でした。

村では日露戦争の英雄と呼ばれているほどの男だったのです。

比奈子が乗っていた馬が急に暴れ出し、比奈子が落馬しそうになったとき、慌てて若者が支えてくれたのですが、その際に手が比奈子の胸を触ってしまいます。

それを見た栄吉は「武郎!汚ねぇ手でオラん嫁に触るな!」と若者を殴ってしまいます。

それを見ていた村人たちは「おじろくが目立つことをして…ひっこんでろ!」とザワザワと騒ぐのでした。

聞きなれない”おじろく”という言葉が引っかかりつつも、武郎にお礼を言い、栄吉の家へ比奈子は入って行きました。

武郎は改めて比奈子の美しい花嫁姿を見てポカーンとうっとりします。

栄吉は報奨でもらったサーベルと銃を自慢気に飾っています。

「比奈子のような綺麗な花嫁も貰えて、まるで宝くじを当てたようなもんだ」と言われる栄吉。

場面は変わって、夫婦となった夜。

この日、営みを拒むことは許されません。

父の恩人ではありますが、どうしても嫌悪感は止まらなかった比奈子でした。

翌朝、比奈子の身内の者が帰ると、手土産にガッつく姑様、鼠様、旦那様の栄吉。

家族は3人だったのです。

少ない身内に少し不思議に思っていると、武郎が慌てて家に入ってきます。

「オヤジ!兄サ!カツじいが急に悪くなった!」と言う武郎。

昨日の式にも武郎は出ていなかったので、扱い的にも使用人だと思っていましたが、舅と栄吉のことを”オヤジ”、”兄サ”と呼ぶということは栄吉の弟ということなのか…?と戸惑う比奈子でした。

医者を呼ぶか薬をくれという武郎。

栄吉たちを納屋へ連れて行くと、そこには苦しそうに地べたに寝る老人の男性と看病する老人の女性がいました。

栄吉は医者は町まで行かないといないし、何があっても”おじろく”には使えないといい見捨てた様子でした。

年老いた病人をこんなところに置いて何を言ってるのか理解できない比奈子は母屋へ連れて行こうといいます。

しかし「そいつらは”おじろく、おばさ”だから良いんだ」と言われる比奈子。

元々の住まいがこの納屋だといわれると、比奈子は驚きます。

寝込んでいる老人のカツじいと、それを看病しているヨネばあは栄吉の父の兄弟であり、武郎は栄吉の音で妹二人は嫁に行ったと聞きます。

なんと、この村では長兄以外は「おじろく、おばさ」として一生結婚を許されず、奴隷として仕えるという風習があったのです。

それから武郎は、比奈子を「姉サ」と呼んで慕うようになります。

比奈子もまた、彼の境遇を哀れに思い食事を分けたり親切にします。

しかし、それを栄吉に見つかってしまい罰を受けます。

さらに、次第に栄吉一家は比奈子の持参金や実家からの送金を当てにして働かないようになります。

比奈子の父はその後、破産して脳溢血で倒れてしまうのでした。

金の当てにならないとわかると比奈子は役立たずの厄介者として、女郎屋に売られそうになってしまいます。

そして・・・?

果たして、最終回の衝撃の展開とは・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

感想

この作品はとにかく衝撃的な作品で、読んでいて次はどうなってしまうのだろうと不安になりました。

実際にあった話を元にしているだけあってリアルなんですが、そのリアルがかなり怖いので、面白かったですね。

それにしても、この作品は一話一話が濃厚で、なかなか楽しめます。

そんな中国誘拐村という作品は、実話を基にした作品が好きな人や、衝撃的な話が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ