ランカーズハイの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
ランカーズ・ハイ(1) (講談社コミックス)

ランカーズハイとは?

ランカーズハイという作品は、衝撃の格闘試合を描いた作品です。

頭脳明晰! 容姿端麗! 自信満々! 策と頭脳を武器に、喧嘩無敗を誇る高校生・渕上竜也という男がいました。

ある日、闇の格闘イベント「MAD」からの使者が訪れます。

そこは、ルール無用・命懸け・卑怯上等の地下リング!!

生き残るためには、勝ち続けるしかないのでした!!

そんなランカーズハイという作品は格闘ものが好きな人や、学生が活躍する作品が好きな人におすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ランカーズハイのあらすじ(1巻後半)

この物語の主人公、竜也。

彼は喧嘩で負け知らずの高校生です。

彼を狙って多くの高校生が喧嘩を挑みますが、竜也は負けません。

そんな竜也に注目した、1人の男がいました。

その男はMADという組織にいます。

そして・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

ランカーズハイの濃いネタバレ(1巻後半)

帰り道、竜也は友達と帰っています。

そこで襲われる竜也。

しかし、最初の攻撃をわかっていたかのように止めます。

「手を出すなら俺だけにしろよ。」という竜也。

そんな竜也に、MADの三浦という男が挑戦します。

「へ?あんただれ?」という竜也。

「お前の親父が残した五億円の貸し主だ。ちょっと場所変えて話そうぜ」という三浦の言葉に、竜也は顔色を変えるのでした。

竜也は三浦について車に乗ると、なんと国会議事堂へと連れて行かれます。

ここで何をさせるつもりなんだ、という竜也。

まぁ見てみろ、という三浦のいう通り中へ入ると、なんとそこで格闘試合が行われていました。

急に表舞台から姿を消したという、伝説のボクサーがそこで戦っていました。

敗者は必ず死ぬ、というこの試合。

これには莫大なお金がかけられるということでした。

その賞金で、借金を返せ、という三浦。

初戦はこの紫灯という伝説のボクサーが相手だといいました。

「はぁぁぁ?!」と焦る竜也。

「ある日、てめーの親父が起業に失敗。借金五億円が残った。MADは金を貸したが、お前の親父は失踪。一人息子のてめーが返さなきゃいけなくなったんだ。」という三浦。

早速戦って来い、と言われる竜也でしたが、先ほどの喧嘩で足を痛めているということでした。

そのことに、さすがに三浦も焦ります。

「お前、ダメージないんじゃなかったのかよ!

「あんだけ強く叩かれてノーダメージなわけないだろ!!」

「とにかくもうエントリーはしてある。やってもらうぞ」という三浦。

竜也がやらないなら、代わりに舞衣に借金の肩代わりをしてもらう、という三浦。

その言葉に、竜也は覚悟を決めるのでした。

試合までにいままでの紫灯の試合を見せてくれ、という竜也。

五分しか時間はないといいますが、それだけあれば充分だという竜也でした。

そうしてはじまる試合。

「五分であんたを倒す!」という竜也。

紫灯は冷静に竜也を睨んでいます。

一発殴らせてやるよ、という竜也。

思い切りパンチを食らいます。

「なめるな…!」という紫灯の一撃は重いものでした。

竜也が五分で決着をつける、といっていたことには1つ理由がありました。

それは、竜也は幼い頃の事故の影響で、五分以上の激しい運動ができないということでした。

圧倒的な実力差でやられる竜也。

三浦はがっかりします。

自分の目論見がはずれたのだと、肩を落とすのでした。

紫灯はとどめを刺そうとします。

「得意の空手も足を怪我して使えないだろう!終わりだ!!」と踏み込んだ紫灯。

その隙をついて、竜也は蹴りで紫灯の金的を打ちます。

「馬鹿…な…!」という紫灯。

紫灯は竜也が空手を使ってくるのだと信じ込んでいました。

それは、場内アナウンスで竜也が空手をやっていたということを言っていたからです。

しかし、これはすべて竜也の作戦でした。

全ては目つきを狙う、と紫灯に思わせるためだったのです。

「そもそもお前は足を使えないはずだ!!」という紫灯に「あんなのフリに決まってんだろ。お前がみてるのに気づいて俺がハリウッド級の演技を見せたんだよ」という竜也でした。

そうして、紫灯をボコボコにする竜也。

宣言通り、五分でカタをつけてしまうのでした。

三浦はその様子を見て、ニヤつきます。

とんでもないアタリを引いた…と。

そうして、ランキング9位に名を連ねた竜也でした。

紫灯は殺さなかった竜也。

三浦はなぜ殺さなかったのかと聞くと、必ず死ぬと言っていた三浦に反応したんだよ、という竜也でした。

「もう一度いう。敗者は必ず無残に死ぬ。ついてこい。」という三浦。

三浦は竜也を連れて行きます。

そこには紫灯が縛られていました。

負けた紫灯は、賞金を全て没収され、さらにいままでの負債を仕事で返済しなくてはなりませんでした。

その仕事とは・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ランカーズハイの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!

感想

今回の話でも、竜也の頭脳明晰ぶりがよくわかり、また力も強いということでなかなか面白かったですね。

それにしても、竜也の親父は五億円もの借金をしてしまったということで、現実であったら本当に嫌だなぁと思いました。

この作品は格闘ものには珍しく頭脳で敵に勝っていくので、ちょっと変わっていて楽しめます。

そんなランカーズハイという作品は格闘ものが好きな人や、学生が活躍する作品が好きな人におすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ランカーズハイの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ