間違った子を魔法少女にしてしまったの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
間違った子を魔法少女にしてしまった 1巻 (バンチコミックス)

間違った子を魔法少女にしてしまったとは?

間違った子を魔法少女にしてしまったという作品は、すべての魔法少女ファンに捧げる挑戦的な作品です。

人類の敵・アタスンモから世界を守る、魔法少女の力を授かった女子高生の真風羽華代。

しかし可憐な容姿と類まれな資質を持ち合わせる彼女は、実はいちばん魔法少女にしてはいけない子でした――。

全ての魔法少女ファンに捧ぐ、異端にして最先端の魔法少女物語、開幕します!

そんな間違った子を魔法少女にしてしまったという作品は、アクションものが好きなひと、ギャグが好きなひとにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

間違った子を魔法少女にしてしまったのあらすじ(1巻前半)

この世界を脅かす存在、アタスンモ。

そんな魔物をなんとかしたいと考えている、謎の生物たちがいました。

この日も、アタスンモは街で暗躍しています。

謎の生物はアタスンモと戦える魔法少女を探していました。

見つけ次第魔法少女の才能を与えるつもりのその生物。

そしてついに見つけますが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

間違った子を魔法少女にしてしまったの濃いネタバレ(1巻前半)

早く魔法少女の才能を見つけなきゃミュ…といっている、謎の生物。

どうやら、少女を探しているようでした。

華代という、可憐な女子を見つけたその生物は、すごい才能だ、と興奮します。

すぐに魔法少女の力を与えよう、といって、本人の許可もなしに力を与えてしまいます。

「はぁーーくっそだりぃーー!バカセンコーがヨォ…」とつぶやく華代。

その瞬間、謎の生物は人選を間違ったことに気づきます。

タバコを吸う華代。

「オイ人間!オレのエサ、クワセロ!!」と目の前に現れる、魔物。

しかし、華代はメンチを切ります。

「あ?てめぇなんだおい。」という華代の迫力に、その魔物はビビります。

変身もしていないのに魔物を黙らせる華代の力に、驚く謎の生物。

圧倒的武力でその魔物を倒す華代。

「う、うそだミュ!!人間の姿で倒すなんてミュ!」というその生物に「おい、うぜーからミュっていうな」という華代。

そうして、「みゅ…あ、ハイ!」というのでした。

アタスンモという魔物を倒す存在に選ばれたという華代。

「ぶっ殺し放題っすよ!」と言われると、華代は「それはいいな」と了承するのでした。

華代は変身をしなくても魔法力が溢れているそうで、殴る蹴るでも充分な破壊力があるようでした。

「で、でも変身したら今よりスカッとぶっ殺せますや?!」といわれると、華代は変身することを選びます。

そうして、着いた目的地は先日華代の肩にぶつかっておいて謝りもしなかった生徒がいるという高校。

沸点の低い華代は、ここでスカッとしたい、というのでした。

そこには偶然アタスンモがいました。

そこで、はじめて変身してみることにします。

さらなる圧倒的なパワーを手に入れた華代は、赤子の手を捻るように、アタスンモを葬りました。

その圧倒的な強さに惚れ込んだ霊という男子生徒。

彼は、華代の舎弟になることを選びました。

華代も、舎弟の存在に喜んでいるようでした。

とりあえず今日は帰れ、と霊に言うと、速やかに帰って行きました。

華代は家へと帰ります。

豪邸に見えたその家ですが、実際はその隣の地下が家のようでした。

「まぁ上がれ」という華代。

「何もないけど茶はあるぜ」という華代の言う通り、本当に部屋には何もないようでした。

「茶を出せやゴミカス!」と叫ぶと、飛んでくる缶ジュース。

どうしてこんな地下に住んでいるのか、聞かれた華代。

「父と母はIT系の共働きで海外にいる」という華代。

誰かを家にあげたのははじめてだ、と言いました。

そこにやってくるアタスンモ。

なんとレベル99だと言います。

しかし、あっさりとひと蹴り浴びせる華代。

またしても変身することなく、華代は討伐したのです。

いったいどこでそんな技を身につけたのかと聞かれると、格闘ゲームだと答えました。

翌朝、学校へと登校する華代。

霊は学校まで荷物を持ちます。

学校に到着すると、霊はバイトへと向かいました。

華代は授業中にひたすら思うことがあります。

それは、タバコを吸いたいということでした。

タバコ吸いてぇタバコ吸いてぇ…と頭の中で繰り返す華代。

見かねたクラスメイトが、外へと連れ出します。

外には、アタスンモがいました。

またまた一撃で葬る華代。

クラスメイトに目撃されるものの全然気にしない華代でした。

一方、いつも華代にくっついている謎の生物、ミュは集会に行っていました。

そこで、驚きの事実が判明します。

いままで他のエリアに頻繁に現れていたアタスンモが、一切現れなくなったというのです。

その代わり、華代の周りに集まっているということでした。

それは、華代の負のオーラが半端じゃなく、そこに惹かれて集まっているということでした。

ミュ以外の謎の生物達は、全てミュに任せるといい、休暇に入ってしまいます。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

間違った子を魔法少女にしてしまったの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、まさにこの作品を象徴するような世界観が描かれていて、結構笑ってしまいましたね。

この作品はアクションでありながら、ギャグでもあると思います。

かなり独特な設定ではありますが、これはこれで面白いので、今後も楽しみな作品ですね。

そんな間違った子を魔法少女にしてしまったという作品は、アクションものが好きなひと、ギャグが好きなひとにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

間違った子を魔法少女にしてしまったの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ