鳥葬のバベルの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
鳥葬のバベル(2) (モーニングコミックス)

鳥葬のバベルとは?

鳥葬のバベルとは、二宮志郎先生の作品です。

壮絶な過去を抱えながら、懸命に今を生きるリサイクルショップ店員・加瀬宗助(かせ・そうすけ)という男がいました。

彼がようやく手に入れた、小さな幸せは、突如出現した、巨鳥・サンダーバードによって奪われてしまいます。

恩師・駿河(するが)を鳥に殺されながら、どうにか生き残った加瀬は、駿河の愛娘・マリを守りながら巨鳥と戦うことを決意します。

そんな鳥葬のバベルという作品は、サバイバルサスペンスが好きな人や、アクションものが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

鳥葬のバベルのあらすじ(2巻後半)

恩師・駿河(するが)を鳥に殺されながら、どうにか生き残った加瀬は、駿河の愛娘・マリを守りながら巨鳥と戦うことを決意するのでした。

マリはサンダーバードに殺されたと思いきや、蘇りました。

時を同じくして、サンダーバードに殺された幼馴染美波が生き返ってきたことに気づいた明という男がいました。

それぞれの人たちは運命に翻弄されながらも・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

鳥葬のバベルの濃いネタバレ(2巻後半)

何の変哲もない、日常に疑問をもっている引きこもりの明。

美波という幼馴染がサンダーバードに食われてしまいます。

しかし、美波は再び明の前に現れました。

そのことに安心する明。

悪い夢でも見ていたのかもしれません。

よかったと言いながら泣き出す明。

「俺、お前おいて逃げ出した…」

「何も泣くことないって。全部夢の中の話だよ。私まで泣けてきちゃった。でももし本当にそんなこと起きたときは、今度は逃げたりしないでね。じゃ、そんな夢のことなんて忘れて、ね!いこ!」

そうして二人は外に出ます。

「美波が鳥に襲われたのはこの先だ…」

「もうやめようよその話は…」

「そうだけどさ…でも…なんか嫌な感じがすんだよ。一応一人で見てくるよ。美波はここで待ってて」

「わかったけど、別になんもないと思うよ」

「そういえば今日は外出てもなんともないね。すごいよ」という美波の言葉に、そういえばそうだと考える明でした。

しかし、道を見に行くと、衝撃の事実が判明します。

そこには、以前美波だったものがありました。

つまり、夢ではなかったということがわかったのでした。

では、今いる美波はなんなのだろうか、明は頭を抱えます。

明は現実逃避をすることにします。

何も見ていないし、何もなかった、あれは誰にも見つからないうちに俺が片付ける、そうすれば今まで通りに過ごしていけるんだ、きっと。

そう考えた明は、今いる美波には何も教えませんでした。

明はその後、美波だったものを処理しようと考えますが、隠していたものはどこにも見当たりませんでした。

「心配しないで。そこにあった女性の下半身は僕のほうで処理したから。」という謎の男。

「ただ一つだけ教えてほしいんだが、彼女はもう帰ってきたのかい?」

そう話す男の話を聞くだけで、明は何も言えませんでした。

引きこもりだった明は、対人恐怖症でもあるのです。

その男は、きわめて個人的な理由でサンダーバードを追っているといいます。

被害者の一人、つまりマリのことですが、マリが何事もなかったかのように普通に暮らしているのだということを明に伝えるその男。

「でも常識的にそんなことがあるはずない。捜査本部は発見された遺体をその子供の双子だと判断するだろう。だが僕は違う!!あの遺体は一件目の事件の現場でかいだ子供のにおいと全く同じだった。僕は自分の嗅覚だけを信じる。これは唯一無二、絶対の基準なんだ。その嗅覚だけを頼りに、僕はずっと鳥の匂いを追ってきた。そして見つけたんだ。君が隠した遺体をね。」

早口で話すその刑事の男の言葉に、明は冷や汗をかくしかありませんでした。

「お前みたいなやつと美波をあわせるわけない!!!あいつが本物かどうかなんて関係ねええ!!」そういってなれない車のアクセルを全開にする明。

しかし、その先にたまたまいた美波。

その匂いを嗅いだ男は、満足したようで、去っていきます。

20年前の事件と関係しているのか、と確信した様子のその男でした。

場面は変わって、警察がざわついています。

「署長!聞いて下さい!!」と必死にいう女刑事。

その言葉に、聞いているよ、という署長。

マリを羽の生えた女が連れて行ってしまったのだ、と女刑事は言いますが、署長はバカも休み休みいえ、という態度です。

そこに現れる、先ほどの刑事の男。

明のもとで得た情報を、この二人の刑事に伝えます。

「あなたがたもすでに見たでしょ。お二人はすでに十分すぎるほどありえないものを見てきた。怪力を持つ少女に翼の生えた女。どちらも現実にはありえない話だ。でも僕は信じますよ。だからどうか僕がいっていることも信じてほしいんです。事実を受け入れる準備ができているのはあなたたち二人だけだ」というその男。

「何が言いたい」

「どうですか?僕ら三人で独自に捜査してみませんか?」

「はぁ!?お前と捜査だと!?」

「そうです。サンダーバードが存在し食われたものたちがよみがえってくること、これを前提に捜査をするんです。」

「できるか!お前みたいな胡散臭いやつと捜査なんか!いくぞ六車!」

そういわれた女性刑事六車は、「待ってください」と話しを聞こうとします。

「あなたがそう思うようになったのはなぜなんですか?」と六車は尋ねます。

そういわれると、男は20年前の話を語り始めました。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

鳥葬のバベルの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

鳥葬のバベルの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

鳥葬のバベルの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、六車たち刑事側の視点が描かれていて、ついに展開が進展しそうで面白かったですね。

この作品はサンダーバードが食った人が復活するという、謎の現象が軸になっていて、ここからどのようになるのか、楽しみです。

この作品は戦いもなかなか迫力があって、アクションものとしても楽しめる作品となっていて、おもしろいですね。

そんな鳥葬のバベルという作品は、サバイバルサスペンスが好きな人や、アクションものが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

鳥葬のバベルの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

鳥葬のバベルの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

鳥葬のバベルの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ