娘を売る街の結末のネタバレ!ラストの衝撃の展開がヤバイ!

娘を売る街とは?

娘を売る街とは、安武わたるの作品です。

片倉家という由緒ある家に生まれた娘、加恵。

加恵は、何不自由ない生活をしていました。

今日は佐々木家の次男坊と結納の日でした。

ここに嫁ぐのか、全然ぴんとこないと感じている加恵。

そんな加恵は、これから波乱の人生を送ることになるとは、今はまだ知りませんでした。

そんな娘を売る街という作品は、吉原を描いた作品が好きな方におすすめの作品となっており、また、ストーリーな女たちのシリーズが好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

娘を売る街の登場人物紹介

加恵・・・この物語の主人公であり、由緒ある片倉家に生まれた娘です。

しかし、ある男の存在によって片倉家は地にまで堕ちてしまいます。

そして加恵は吉原に送られてしまうのでした。

勇之進・・・すべての黒幕であり片倉家を貶めた松坂という男の息子です。

彼に対しては良い父親でいたような、松坂。

松坂という男の反面、勇之進はいい青年でした。

しかし・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

娘を売る街の結末のネタバレ!ラストの衝撃の展開がヤバイ!

死んだ目をしている、加恵。

「こそで、こそでって誰ですか」

「あぁ、あんたちょっとおつむが弱いんだねぇ。それで厄介払いされたのか。」

そういうおしまは、加恵にいろいろ教えてくれました。

「ぐずぐずしてるとくいっぱぐれるよ」そうせかされて食べたごはんは、まったくおいしくないものでした。

思わず吐き出してしまう、育ちのいい加恵。

しかし、そんな加恵を助けてくれる人はいませんでした。

どうしよう、いつまで経っても悪夢が覚めない…そう考え、涙を流す加恵でした。

もう死のう、死ねばきっと幸せなあの日に戻れる…そう考えた加恵は、首つりをすることにします。

その時、聞こえた声。

「じゃあよ、片倉様ははめられたってのかい?」

「おおよ、本当の悪事はよぉ、もそっと上の松坂様が張本人だとよ。」

「それを暴こうとした片倉様が返り討ちにあったってえ寸法か」

その言葉を聞いて、加恵は目を覚まします。

すべてあの松坂の仕業だったのです。

「うすうす周りも気づいちゃいるが、松坂様におびえ、見ざる言わざると決め込んでらぁ。」

「へっ!上の方々はおっかねえな。おれたちゃ気楽な下っ端でいかったぜ」

話を聞き終えた加恵は、その場にへたりこんでしまいます。

「父上…父上…」ぽろぽろと泣き出す加恵。

「夢じゃなかった、これは悪夢なんかじゃなった…現実なんだ…」そうして、加恵はようやく現実を受け入れるのでした。

松坂に復讐をすることに決めた加恵。

「一番偉い花魁にしてくださいませんか」と楼主にいう加恵は、決意の目をしていました。

その数か月後、めきめきと頭角を現す加恵は、吉原の中でも噂になっていました。

「教養たけぇわ床上手だわ、何より声が絶品だとよ」

そう噂されている加恵。

いつも加恵は神社でお祈りを欠かせていませんでした。

そこで犬に襲われる加恵は、一人の青年に救われます。

「本当に助かりました。そこでどうぞくつろいでください」という加恵。

「たいそうお若いようですが、その年で廓に通われているのですか?」

「いや…昨夜友人に連れてこられたのだが、どうにもおしろいのにおいが苦手でな。空き部屋で寝ていたのだ」というその青年。

「どうもわしは女が嫌いらしい」

「なのにお帰りにはなられなかったので?」

「払いはわしなのだから、先に帰るわけにはゆかぬだろう!」

「あはは」

「わ、笑うな!無礼であろう!」

世慣れぬにもほどがある、いっそお人好しな…と考える加恵は、久しぶりに心から笑っていました。

そうして、せっかくここに来たのだから、と加恵は床を共にするのでした。

その青年は、「女とは良いものなんだな…」といいました。

「また訪ねてもよいか?」

「お好きなだけどうぞ。ぬし様がいらしたときは化粧なしでお迎えいたしましょう」

「む、いや、おぬしなら着飾ったところもみてみたいが…」

「ふふ」

加恵はご機嫌なようでした。

しかし、この青年の正体は、あの松坂の息子でした。

勇之進という名前のその青年。

加恵は、あの松坂の息子と知り合ったことにより、松坂に復讐するチャンスを得ます。

勇之進と接するうちに、松坂のことがわかってきます。

松坂は、この勇之進の前では良い父親のようでした。

しかし加恵にとっては八つ裂きにしても飽き足らぬ仇です。

勇之進の心を好きにするのは、赤子の手をひねるよりもたやすいものでした。

「すみませぬ、なじみの客がいらしてて」

「わしがいるのにか!?」

「私だってつらいんですよ。でも仕方ない。私は女郎ですから」

そういう加恵の言葉にイラついた勇之進。

身請けをすることにした勇之進。

「この女をわしだけのものにしたいのだ!」という勇之進。

「あなた様はまだ17。独り身のうちに妾などおかれては縁談にも差しさわりが…」という加恵に「違うぞ、わしはおぬしを妻にしたいのだ」という勇之進。

加恵はその言葉に、ひどく錯乱します。

勇之進には惹かれていました、しかし、あの松坂の息子と結婚するということは、松坂の娘になるということです。

このことで、松坂は怒りました。

「女郎などと結婚するなど、許さん」そう言う松坂は、加恵の前に現れます。

「こんな偶然があるものなのだな…」と、松坂は加恵に気づき驚きます。

「積年の恨み!!」そう言い放ち、短刀を握った加恵は、松坂を切ろうとします。

しかし、松坂はその手を払いました。

加恵は首を絞められてしまいます。

そこにガラッと障子をあけてやってきたのは・・・?

果たして、ラストの衝撃の展開とは・・・?

(この後衝撃の結末へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

娘を売る街の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!

娘を売る街の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

娘を売る街のネタバレ!松坂に犯された後の復讐がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!片倉加恵の見た地獄と女郎の結末がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!あざ(痣)を巡る結末の展開がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!おちょろ舟に隠された秘密と結末がヤバイ!

感想

この作品は、復讐ものとしては珍しく、最初から終盤まであまり復習らしい復讐が行われませんでした。

しかし、その分最後のシーンはなかなか衝撃的ですので、まだ読んでいない方はぜひ読んでみることをおすすめしたいですね。

果たして、加恵は松坂に復讐をすることができるのか、そして、幸せを手にできるのか、気になってどんどん先を読んでしまいました。

そんな娘を売る街という作品は、吉原を描いた作品が好きな方におすすめの作品となっており、また、ストーリーな女たちのシリーズが好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

娘を売る街の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!

娘を売る街の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

娘を売る街のネタバレ!松坂に犯された後の復讐がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!片倉加恵の見た地獄と女郎の結末がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!あざ(痣)を巡る結末の展開がヤバイ!

娘を売る街のネタバレ!おちょろ舟に隠された秘密と結末がヤバイ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ