探偵の探偵(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
探偵の探偵(1) (ヤングマガジンコミックス)

探偵の探偵とは?

探偵の探偵とは、松岡圭祐先生他の作品です。

調査会社スマ・リサーチに就職し「対探偵課」に配属された峰森琴葉は、「対探偵課」に所属する唯一の探偵・紗崎玲奈と出会います。

悪徳探偵が暗躍する事件を解決し、廃業に追い込むことを目的とする彼女たちに日々、業界から魔の手が迫るのでした…。

──稀代のストーリーテラー・松岡圭祐の大人気クライムノベルを、最麗絵師・清原紘が完全コミカライズした本作品。

そんな探偵の探偵という作品は、ミステリーサスペンスものが好きな人や、ドラマ作品が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

探偵の探偵のあらすじ(1巻前半)

琴葉は、調査会社スマ・リサーチに就職しました。

そこで、対探偵課に配属された琴葉。

悪徳探偵が暗躍する事件が流行していた現在、対探偵課に所属する唯一の探偵、玲奈と琴葉は出会うのでした。

しかし、そんな彼女たちに、日々業界から魔の手が迫ります。

そして・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

探偵の探偵の濃いネタバレ(1巻前半)

探偵、辞書でひけば明確な定義が見つかります。

小説の世界に生きる探偵とは体臭を異にする、民間人ながら傾圧から一目置かれ、捜査に介入し容疑者を特定する、「他人の行動や秘密をひそかにさぐること」、「また、それを職業とする人」、そんな記述は辞書にはありません。

場面は、どこかの会社。

「調査会社?それって探偵でしょ?浮気調査とかする。どうしてそんなところに就職なんて…」と心配している声。

琴葉は、姉と電話をしていましたが、心配性の姉にあきれているようでした。

「お姉ちゃんには関係ないでしょ!大丈夫だって、ちゃんと一人でやっていけるから!それにほら、探偵ってなんかかっこいいし~」といっている琴葉。

あんたねえ…と逆に呆れて声も出ない、琴葉の姉でした。

「入社おめでとう。社長の須磨です」とあいさつをする、須磨。

「琴葉です!よろしくお願いします!私尾行とか浮気調査とか、一日中なんでもやります!精一杯がんばります!!」といっている琴葉はやる気満々です。

「午前中にも来客がある。給湯室と応接室に案内しよう」という須磨。

須磨いわく、現場には琴葉は向いていないということでした。

その理由は、可愛いということで、男の目を引き付けてしまうため、受付や秘書として映えるルックスだと称しました。

「ずいぶん大きな荷物だね。」という須磨は、琴葉の荷物に注目しています。

寮に住みたいという琴葉。

「お姉さんとは仲がいいのかな?」という須磨に「大好きです!」という琴葉。

その言葉に、何か考えた様子の須磨でした。

「ついてきなさい」といって須磨は琴葉を案内し始めました。

「うちにはPIスクールという養成所があってね、私立探偵の略称さ。有望な若者がいれば探偵はそこから採用するんだが、たいていは使い物にならない。君には探偵課ではなく、別の課の仕事をしてもらいたい」という須磨。

そこは、対探偵課というところでした。

そこで、琴葉は玲奈と出会います。

「彼女は君の上司になる玲奈。」

「どういうことですか、新人って。いりません。私一人で充分。」

「いったはずだ。探偵の基本は二人一組だと。」

「探偵と対探偵は違います」

「彼女は姉と暮らしていたが、この春から一人になってしまったらしい。君との相性がいいとおもう」

「・・姉?」

「というわけだ、よろしくな。それじゃ」といって去ってしまう須磨。

「え、対探偵ってなんなんですか?私は何をすれば…」という琴葉に「探偵を探偵するの。よく言えば業界の自浄。悪く言えば同業者つぶしね。」という玲奈でした。

そんな時、対探偵課への依頼が舞い込みます。

依頼人の林原は、うなだれています。

奥さんに隠れて浮気をしていたそうだという林原。

「ある日奥さんにやとわれたという探偵に急に呼び出されて、愛人と二人ラブホテルから出てくる写真を突き付けられた。その写真を400万円で買い取るなら奥さんには黙っておく、と言われたそうだ」と、玲奈に取り次ぎます。

琴葉は、まるでテレビドラマの中の話みたい、と考えます。

玲奈は、林原の妻に電話をかけます。

その電話のやり取りで、林原の浮気調査などはなかったことを判明させた玲奈。

「本件は探偵による単独犯、恐喝罪に該当します。」という玲奈に「単独!?そんなはずありません!彼に写真を見せられたのは東京ドームのど真ん中なんです。私に会うためだけにドームを借り切ったんですよ!!自分は大勢の仲間を持つ団体の一員だとも言っていました」という林原。

「35万。東京ドームは試合のない平日なら、二時間35万円で借りられます。」と玲奈は言いました。

その言葉で、林原はゾッとします。

そうして、林原は依頼を正式に玲奈にするのでした。

玲奈は、その探偵に会いに行くことにしました。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク


1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

探偵の探偵(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、琴葉が探偵課に行くところが描かれており、これから始まる事件を予感させる展開で面白かったですね。

この作品はなかなか独特な設定なので、果たしてどう物語が広がっていくのか、今から楽しみです。

いったいどのような結末を迎えるのか、まだ序盤ですから、この後の展開から目が離せません。

そんな探偵の探偵という作品は、ミステリーサスペンスものが好きな人や、ドラマ作品が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

探偵の探偵(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ