寄生する女の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!無料

寄生する女とは?

寄生する女とは、実子というたかり女を描いている、問題作品です。

どこにでもいそうな女性が、たかり女によって平凡な幸せを食い荒らされていく物語。

調味料に始まり、食料や電気、果てはお金まで拝借する図々しい隣の主婦との闘いを描く表題作のほか、名声に執着し、金におぼれて給食費を削減し、子供の育成を二の次にする保育園長や、老舗呉服店内の壮絶ないじめなど、女の闇がたっぷりつまって作品集となっています

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

寄生する女のあらすじ(前半)

花を見て、苛立ちを覚えている女性がいます。

そうして、その女性はそこにいた毛虫をもって、つぶすのでした。

家にいるその女性は、インターフォンの音にびくついています。

隣の家の西谷という人物が、家のドアをどんどん叩いていました。

そして・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

寄生する女の濃いネタバレ(前半)

「おはよ~!やだ、なかなかあけてくれないんだもん、冷えちゃったー」といって、悪びれもせず笑っている西谷実子。

イライラしている、内藤。

「おはよう、今朝は何?」

「ごめんねー!朝食のパンと牛乳切らしちゃって!ちょっと貸してくれない?」という実子。

「パンと牛乳がなくってパン食?和食にしたら?」とあきれている内藤。

「お米も切らしてんのよぉ、ダーリン朝はパンがいいっていうしい、コンビニは遠いし、ね、あとで返すから」という実子に、「どうぞ」と嫌々ながら食べ物を渡します。

勝手に家に入って冷蔵庫をあけると、もっていきました。

思わずため息をつく、内藤とその家族。

夫は急いで会社へいき、子供も急いで学校へといきます。

かなり呆れている様子でした。

この内藤家を悩ませているのが、隣に住む実子の存在でした。

「すみませ~ん!バナナあったでしょ?龍平が食べたいっていうから~~」と、また家に来る実子に、内藤はどうぞ、とまた渡してしまうのでした。

一年前に引っ越してきてから、たかりにくるこの実子という女。

ちょっと貸して、や、少しもらえる?という言葉に、NOと言えない内藤。

返してもらったことなど、一度もありません。

ただNOと言うだけでいいのに、内藤はNOといえませんでした。

内藤が日中、パートで留守にしているので、宅配便を預かってもらったこともありました。

その時、地元から届いたリンゴだったのですが、それをうらやましそうに見つめる実子。

ちょっといる?という内藤の言葉に、待ってましたといわんばかりに、バババッとたくさんリンゴをとって、持って帰るのでした。

いつだったか、のたもうたものでした。

「あたしねえ、若いころはバックパッカーやってたのぉ。東南アジアとか主に回ってたのよぉ、なつかしい。いいのよぉ、特にタイなんて。どんなにまずいs久手も、気軽に飯くってけっていうのよ。少し金持ちの人はよく周りにものあげてるしね。仏教の影響ねえ、持てる人は持てない人に施すのが普通なのよ」と言ってました。

そういわれると、ますます内藤は断れなくなるのです。

じゃあタイで暮らせよ、と考える内藤でしたが、そんな言葉をいうこともできない、いくじなしでした。

自分の家だってそう裕福ではなく、これから子供の教育費もかかるし、大変なのだ、と考える内藤。

そう思うなら言えばいいのですが、内藤にその勇気はありません。

一戸建てを建てるため、節約していた内藤。

しかし、いくじのない内藤と、なによりも実子のせいで、その貯蓄は思うように増えていませんでした。

食費が1,2倍かかるのです。

あまり邪険にできないのには、理由がありました。

それは、実子の夫はリストラされて失業中だったということでした。

本当は、それは自己責任であり、同情する必要はないのですが、内藤は甘かったのです。

いきなり倒産、さらにリストラということで、他人事ではないな、と考えた内藤は、放っておけなかったのでした。

しかし、それからますますたかりがエスカレートしていったのです。

助けたい気持ちはありつつも、どうしてこんなにむかむかしてしまうのか、苛立つ内藤でした。

すっぱり断るのも自分が悪人になったみたいでいやだし…と考える内藤。

いつチャイムが鳴るかとビクビクしている内藤でした。

子供も同じようにびくついており、とてもかわいそうな子供です。

「ごめんね~洗濯機かしてもらっていい~?コインランドリー代もばかになんないしさぁ、洗濯機なんてなかなかかえらんないからね~~」と笑っている実子。

「ねえ、パートでもしたら?」という内藤に「それも考えていたんだけど」と言いながら、勝手におやつを食べている実子でした。

その様子を見て、助けなきゃと思ってなぜむかむかするのか、それは、その相手が好きか嫌いかの差なんだ、と気づく内藤でした。

そう、内藤は実子のことが嫌いだったのです。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

寄生する女の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

寄生する女のネタバレ!10万のやりとりの最後がヤバイ!

寄生する女のネタバレ!姑に怒られた実子がとった行動がヤバイ!

寄生する女のネタバレ!実子のたかり癖と成敗の仕方がヤバイ!

寄生する女の結末のネタバレ!最終回の仕返しの内容がヤバイ!

感想

今回の話では、内藤と実子の関係が描かれており、そのたかりの様子にとてもイライラさせられて、見ていてあんまり気持ちのいいものではありませんでしたね。

実際にあった話ということでリアリティはとてもあるのですが、内藤にも実子にも問題があり、読んでいてただイライラする作品だなぁ、と思いました。

本来、ここまでNOと言えない人はいないんじゃないかなぁ、と思いますが、その実はわかりませんね。

それにしても、この作品は実話を基にしているということで、リアルな話を読みたい人には、とりあえずおすすめの作品といえるでしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

寄生する女の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

寄生する女のネタバレ!10万のやりとりの最後がヤバイ!

寄生する女のネタバレ!姑に怒られた実子がとった行動がヤバイ!

寄生する女のネタバレ!実子のたかり癖と成敗の仕方がヤバイ!

寄生する女の結末のネタバレ!最終回の仕返しの内容がヤバイ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ