闇っ子のネタバレ!雪蘭が永明に売られた後の最後がヤバイ!

闇っ子とは?

闇っ子とは、実際にあった出来事を漫画にした、衝撃の作品です。

「戸籍のない私たちは、学校にも行けず、犯罪の被害者にもなれない」中国ひとりっ子政策の闇「黒孩子(ヘイハイズ)」と呼ばれる子供たちの悲惨な実状を漫画化!

貧しい農家の次女・雪蘭(シュエラン)は、弟ができたことで売られてしまいます。

奉公先の名家で従順に勤める雪蘭だが、当主の朱陽(ヂューヤン)に夜な夜な呼び出され…?

売られてもたくましく生きようとする少女の半生を描く表題作「闇っ子~戸籍のない子供たち~」、友人から勧められたバイトはなんと、死体洗い!?

過酷な労働を強いられる毎日、乗り越えようとする母子の絆「甘い話苦い水」など、様々な作品を収録しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

闇っ子の登場人物紹介

雪蘭・・・まだ9歳の少女です。

3つ上に姉がおり、数年後、弟が産まれたことによって、雪蘭の人生は大きく変わってしまいます。

彼女は、ヘイハイズだったのです。

そして・・・。

永明・・・雪蘭を店で見つけ、家へと連れ帰った富豪の家の息子です。

永明が連れ帰ったことにより、雪蘭は事なきを得ますが、しかし、それは地獄を先延ばししていることにほかなりませんでした。

そして・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

闇っ子のネタバレ!雪蘭が永明に売られた後の最後がヤバイ!

あるところに、雪蘭という女の子がいました。

彼女はまだ、自分の運命を知りません。

姉は学校に行けるのに、なぜ自分はいけないのか。

きっと貧しいからいけないんだ、とそう考えていました。

無知な雪蘭は、知る由もなかったのです。

これから自分に地獄が待っているとは。

家が貧しいことから、畑仕事を手伝っている雪蘭。

おなかいっぱいごはんを食べられることもありませんでした。

姉がその日習ったことを教えてくれるのが唯一の雪蘭の楽しみでした。

本当に貧しい中、親子四人でなんとか暮らしていました。

しかしある日、男の子が産まれた日から変わってしまいます。

産婆は、産婆代を払っとくれよ、というと、もちろんだ、お祝いもするからきてくれよ、という雪蘭の父親。

どこにそんなお金…といった産婆は雪蘭を見て何か納得いった様子でした。

あぁ、あんたんとこはヘイハイズがいるんだったね、早くかたをつけておくんだよ、といって去っていく産婆でした。

その時は、一体何をいっているのか訳がわからない雪蘭でした。

弟が産まれたことで、お祝いをする両親。

雪蘭もお腹いっぱいご飯が食べられて幸せでした。

しかし、この弟が産まれたことで雪蘭の人生は一変してしまいます。

ある日、眠りから覚めると、知らない車の荷台に乗せられていました。

お父さんは?!おかあさんは?!と取り乱す雪蘭。

しかし、一発殴られ、お前は親に売られたんだよ!と言われて雪蘭は現状を理解するのでした。

飯だ、と言われて床に捨てられたご飯を必死で拾う雪蘭たち。

いったいどうしてこんなことになったのか、雪蘭と同じ境遇の少女が、教えてくれました。

国がひとりしか子供を産んではいけない、という政策をしたことから、雪蘭のような子が産まれたと言います。

農家に限り、1人目が女の子だった場合、2人目も産んでいいというその政策。

雪蘭は出生届を出されていませんでした。

3人目が男の子だったことから雪蘭は売られたのです。

雪蘭のように、3人目が男の子であることを期待されて出生届を出されない子のことをヘイハイズというようでした。

戸籍がない子は学校にもいけません。

だから雪蘭は学校に行けてなかったのです。

自分がそんなものだったとは知らなかった雪蘭は、とてもショックを受けるのでした。

トラックの旅は何日も何日も続きました。

また、見張りもとても厳しく、逃げようという気は起きもしません。

それに、逃げるといってもどこにもいくあてなどありませんでした。

家はないのです。

どこかについた様子のトラック。

出ろ、と言われた雪蘭たち。

そこには、沢山の売られた子供達がいました。

雪蘭が後で知ったことですが、男の子の赤ん坊が一番高く売れるようでした。

後継や、労働力として、高値で売れるのです。

そうして、雪蘭はどこかの店へ売られてしまいます。

その店にたまたまいた男が、雪蘭をまた買いました。

姉が雑用を探しているからちょうどいい、といって雪蘭をどこかへと連れていってしまいます。

雪蘭はどこかの宮殿のようなところへ連れてこられました。

しかし、そこでの生活は雪蘭がいままでしてきた生活よりも遥かに良いものでした。

古着を着ろ、といわれて渡された古着は、かつての家のものよりも上等なものでした。

さらに、お湯も出るお風呂に入ることもできたのです。

ここは、あの家に比べたら天国だ、と雪蘭は思うのでした。

雪蘭は、そこで雑用としての生活をスタートします。

なんとかここを追い出されないようにがんばるしかない、と考える雪蘭。

その家は、旦那様と呼ばれる男がおり、この男が一代で築いた家でした。

そのおかげで、親族も贅沢三昧のようです。

ある日、雪蘭はその男の部屋へと呼ばれます。

そうして襲われる雪蘭。

そう、ここからが雪蘭の地獄のはじまりでした。

店に売られたら毎日こういう風になっていた、と言われる雪蘭。

その言葉で、他に売られた少女たちはそんな目に遭っているのか、と身震いをします。

しかし、自分にとっても地獄でした。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

闇っ子の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!

闇っ子の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

闇っ子の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

感想

この作品は、雪蘭が過酷な状況に陥り、なんとかもがいて生きていく様子が描かれていて、読んでいて胸が痛くなりましたね。

さらに、実際にある話だということで、なかなかリアリティがあって面白かったです。

中国という海外の事情はなかなか知る由もありませんから、こうして漫画というメディアで少しでも現状を知る機会があるというのは良いことですね。

それにしても、この雪蘭の結末はなかなか衝撃的ですからまだ見てない人は是非読んでみることをオススメします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

闇っ子の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!

闇っ子の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!

闇っ子の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ