ぼくらのふしだらの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
ぼくらのふしだら(1) (ヤングキングコミックス)

ぼくらのふしだらとは?

ぼくらのふしだらとは、性欲が暴走した思春期を描いた問題作品です。

性欲暴走待ったナシ!

抑圧に抑圧を重ねた結果、逆に歯止めが効かなくなった女子高生の「ふしだら」な毎日とはいったいなんなのでしょうか。

サスペンス×淫猥×思春期学園ストーリーが、今始まります。

そんなぼくらのふしだらという作品はちょっとエロが多いので、そういった作品が好きな人にはオススメの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ぼくらのふしだらのあらすじ(1巻前半)

この物語の主人公は、結城というどこにでもいそうな、真面目な女子高生です。

しかし、そんな結城には秘密がありました。

それは、異常に性欲があるということです。

毎日休み時間のたびにトイレにこもる癖のあった結城。

それは・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

ぼくらのふしだらの濃いネタバレ(1巻前半)

人生というのはすり鉢状であり、何もしていなければ、ずり落ちてしまう、だから幸せになるためには登り続けなくてはならない、と考えている人がいます。

場面は、全校生徒の前で話をしている一人の女子生徒。

その生徒は、副会長に就任した結城。

様子がおかしいながらも、なんとかスピーチをしている結城は、?を赤らめています。

結城はトイレに入ると、噂されていることに気づきます。

全く何考えてんだか、あのネクラは。

そう言われている結城。

そう話している人物は、結城かそこにいるとは思っていません。

あいつみたいな頭でっかち、うまくいくわけないわよ、と言われています。

話すのは安斎という、結城と小学生の頃同じクラスだった人物でした。

知ってるからこそむかつくのよ、といった安斎。

そこに、結城はトイレから出てきます。

盗み聞きとは良い趣味ね、という安斎。

そんな安斎に、上っ面の笑顔で対応する結城。

「これからもよろしくご指導ご鞭撻のほど。」といって去っていく結城に、悔しそうにする安斎でした。

結城はトイレから出ると、先生に出会います。

鏑木の件はどうだ、という先生に、申し訳有りません、と謝る結城。

謝る必要はないよ、いつも色々ありがとうな、と意味深にいうその先生に、結城は怯えます。

良い子だなぁ、と言われる結城でしたが、だったら自分がしろよ、この怠慢教師、と心の中では悪態をつくのでした。

そんな結城は、良い子でいるしか、生き方がわかっていないようでした。

結城が捨てられたのは7年前。

両親に捨てられた結城は、価値のない人間は愛されることがなく、捨てられてしまうんだと考えました。

だから自分は価値がある人物になりたい、と考える結城は、副会長に就任したり、先生の言うことに嫌な顔一つもしなかったりと、がんばっているのでした。

「だからこうやってくるしかないのよ!鏑木くん!早く学校にきなさいよ」という結城。

目の前には、不登校になっている鏑木がいました。

鏑木は幼馴染のようでした。

結城の素を出せる、数少ない人物です。

人の価値は自分でなく他人の評価で決まるのよ、だから学歴は大事だから学校にきなさい、と必死にいう結城。

まるで自分に言い聞かせているようでした。

当の鏑木はあまり気にしていない様子です。

学校に行くことがめんどくさいようでした。

結城のことも心配しているような、鏑木。

そこまで結城のことが気になるのはなぜか、それは、鏑木は結城のことが好きだからなようでした。

家に帰った結城は、祖母に罵声を浴びさせられます。

こんな孫を押し付けられて、迷惑だよ、はやくご飯つくりな、という祖母。

どうやらこの祖母は、自分の召使い感覚で勇気に命令しているようでした。

そんなことにも慣れっこの結城。

こんなの心に泥がたまる生活、はやく抜け出してやる、と考える結城。

1秒でも無駄にはできない、と考え勉強をする結城でしたが、そんな結城には悩みがありました。

それは、自身の性欲です。

結城には、とめどないほど性欲があるようでした。

そこに現れる謎の人物。

まるで幽霊のようなその姿に、夢でも見ているのかと、結城は考えます。

目を覚ますと、胸の上に謎の数字が刻まれていました。

いったい自分に何があったのか。

あの謎の人物は、結城の望みを叶えてあげる、と言っていたような気がする、と結城は考えます。

その日はテストだった結城。

結城は頭の回転が遅く、テストが苦手でした。

この日もテストに苦戦する結城。

時間が止まってくれれば解けるのに、と考えると、なんと時間が止まります。

その事象に驚きを隠せない結城。

時間が止まっている間に、テストを終わらせようとする結城。

時間さえあれば、結城はテストは百点をとることも容易でした。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ぼくらのふしだらの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

ぼくらのふしだらの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!

ぼくらのふしだらの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!

感想

今回の話では、結城という一見普通の女子高生が、とんでもない力に目覚めるという物語が展開されていましたね。

ここで注目したいのは、このとんでもない力を使うためには、独特なリスクがあるということです。

まさかの性欲が鍵になっているということで、これから一波乱もふた波乱もありそうでしたね。

そんなぼくらのふしだらという作品はちょっとエロが多いので、そういった作品が好きな人にはオススメの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

ぼくらのふしだらの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!

ぼくらのふしだらの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!

ぼくらのふしだらの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ