死にたいボクと生きるキミの濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
死にたいボクと生きるキミ 1 (マッグガーデンコミックス Beat’sシリーズ)

死にたいボクと生きるキミとは?

死にたいボクと生きるキミとは、pixiv発の作品です。

超人気作待望の単行本化。

キミが死ぬまでの10日間コメディ、はじまります。pixiv・Twitterで大注目のパカチャン初単行本です!

医療技術が発達し、生後すぐに「死亡予定日」が告知され、人々はその予定日の前後一週間の差異無く寿命を迎えている時代。余命10日間の限られた時間、去りゆく人と残される人の間には様々なドラマがあり……。

不思議な読後感に誘われる、新感覚くすっほろっコメディが登場します。

そんな死にたいボクと生きるキミという作品は、青年漫画が好きな人や、学園ものが好きな人、四コマ漫画が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

死にたいボクと生きるキミのあらすじ(後半)

たくみは、死にたがりの男の子でした。

自殺を何度かしようと試みたたくみ。

しかし、たくみは強運の持ち主であり、死ぬことはいつもできませんでした。

その幼馴染のみやほ。

みやほは、あと10日で死ぬ運命にありました。

そして・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

死にたいボクと生きるキミの濃いネタバレ(後半)

この物語の主人公、たくみ。

たくみたちの世代は死亡予定日がわかるため、大体死ぬ前にお別れの準備を済ませておくといいます。

あと数日で自分が死ぬということを、みやほは誰にも言っていないようでした。

サプライズなのだ、というみやほは、普通にバカでした。

一方で、たくみは常に死にたいと考えています。

何度も手首を切ってみますが、たくみは死ねないことに気づきます。

そんなたくみに、何してるの、とひょこっと顔を出すみやほ。

手首を切ってる、というたくみにみやほは、それゎ、キットカット!と言います。

どうやら、リストカットといいたいようでした。

そんな、みやほが死ぬまであと8日です。

場面は、たくみが勉強しています。

そんなたくみをみて、センターの必勝法を教えるというみやほ。

それは、マークシートの白丸を全部黒丸にするという、よくわからない必勝法でした。

そんなみやほを、いつものことだから、と流すたくみでした。

みやほは英語が得意だと言います。

英単語をいっぱい知ってる、というみやほは、邦楽の歌詞をいうのでした。

それはテストには出ないよ、というたくみ。

そんな二人のやりとりは続きます。

そうこうしている間にも、みやほは死ぬ日が近づいてきました。

あと7日でみやほは死にます。

みやほは、なぜたくみは死にたいとおもうのか、と言いました。

死にたいかと言われると、本当のところでは死にたいと思ってないのかもしれない、というたくみ。

僕たちはみんな終わりが決まっていて、一歩一歩確実に死を待っている、とたくみは言います。

もし終わりが見えてきたら、きっとその時とても怖くなるだろうと考えるたくみ。

だから死に具体的な実感がないうちに、死んでしまいたいんだ、というたくみでした。

そんな話をよくわからない、と一蹴するみやほは、海に行きたいと言いました。

普通は、そろそろ死ぬからどこかへいっておきたいのかな、と思うところでしたが、みやほに限ってはそんなことはありませんでした。

ペットボトルで飼ってたクラゲを海に返したいらというみやほでしたが、そもそもそれはカビでした。

クラゲとか関係なく海行きたいなら付き合うけど、というたくみに、みやほは、回転寿司に行きたい、というのでした。

そんなたくみの遺書を見つけたみやほ。

自分が死んだあとのお葬式はこういう風にしてほしい、とかそういったことが書いてある遺書でした。

お供え物はカニカマがいいとか?というみやほ。

ねぇほんとにそんなのしかないの?と思わず突っ込むたくみでした。

場面は、ラインの話になっています。

LINEスタンプとか買わないの?というみやほ。

僕は友達がいないから必要ない、というたくみ。

そんなのラインじゃなくて点だよ、と突っ込むみやほでした。

その日の夜、今日はコツコツ溜めた睡眠薬を一気飲みしよう、と考えるたくみ。

しかし、ラムネと勘違いしたみやほはポリポリと食べていました。

すぐ吐けー、と焦るたくみ。

そうこうしているうちに、みやほが死ぬまで、あと3日となりました。

みやほの底抜けにバカなところに、たくみは何か救われていました。

そんなみやほは、あっという間に死んでしまいました。

残されたたくみ。

たくみが死ぬまで、あと数十年もありました。

場面は変わって、スズキとゆかという二人の女子学生。

オタクなスズキと、その友人のあと10日で死ぬというゆか。

スズキはオタクで、いつも引っ込み思案な一面がありました。

ゆかは、ズケズケと言いたいことをいう女であり、そんなゆかの強さにスズキは憧れていました。

アニメの話をするときはやたら早口で、声も大きくなるというスズキ。

そんなスズキは、人と話すときは遥かに声が小さくなってしまいます。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも600円以内のものなら読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
U-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

死にたいボクと生きるキミの濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!

感想

この作品はたくみとみやほだけでなく、二人一組の話を描いていて、その独特な設定が不思議な空間を生み出していますね。

それにしても、登場するキャラクターがリアルな人物もいればそうでもない人が多く、なかなか楽しめます。

とはいえ、話に抑揚がなく、わかりずらいところかあるので、雰囲気を楽しめる人にとってはいい作品なのかもしれませんね。

そんな死にたいボクと生きるキミという作品は、青年漫画が好きな人や、学園ものが好きな人、四コマ漫画が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スマホから無料試し読みするならコチラ!?

PCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

死にたいボクと生きるキミの濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!

サブコンテンツ

このページの先頭へ