明×暗SCRAMBLEの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
明×暗SCRAMBLE 1 (MFコミックス アライブシリーズ)

明×暗SCRAMBLEとは?

明×暗SCRAMBLEとは、津々巳あや先生の作品です。

人を狂気に走らせる嫉妬の感情……それらが集まって“嫉”を生み出す。

……この世に起こる不可思議な現象はすべて“嫉”の仕業かも……しれない。

嫉妬×霊×学園、新感覚ホラーサスペンスが今はじまります!

そんな明×暗SCRAMBLEという作品は、ホラーものが好きな人や、サスペンス作品が好きな人、また嫉妬深い人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

明×暗SCRAMBLEのあらすじ(1巻後半)

ある日、女子高に転入することになった、桜という男子学生。

桜は女装をさせられます。

そのころ、ネットではある都市伝説がありました。

それは、嫉というものの存在の話でした。

一方、東雲ハクアという女子学生に出会った桜でしたが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

明×暗SCRAMBLEの濃いネタバレ(1巻後半)

来たばかりの桜を案内するように、桜の祖母に言われていたハクア。

桜のことを気にかけます。

ハクアは寮についている温泉を、桜に見せます。

「うわ、すごい!旅館みたいだ!!」と驚く桜。

せっかくだから今入っていく?と言われる桜でしたが、男であることがばれてはいけない桜、当然断ります。

ふふ、と笑うハクアに、桜は翻弄されます。

「あなたかわってるわね」というハクア。

「こんなに話しかけてくる子、はじめてよ。この学園で。」というハクア。

そうして、ハクアは「私にはこの温泉、見えないから。」といいます。

なんのことかわけがわからない桜。

しかし、なんとなく聞けませんでした。

なんとか学校にたどり着いた桜は、そのままクラスへといきます。

じーっとみられる桜。

やばい、転入生とはいえこの注目度は異常、キングオブモブの自分がここまで目立つはずがない、と考える桜。

やっぱり無理があるんだろうな、この女装は…と考える桜でした。

「ねえ、立花さん!私、涼子っていうんだ!桜ちゃんってよんでいい??」と桜に話しかけにきた、涼子。

その一言をきっかけに、大量の女子学生が寄ってきます。

人生初のモテ期かと思ってしまうほど、桜に人が集まりました。

そんな時、ハクアをふと見ると、ひとりでさみしそうにしていました。

ほかの子たちと雰囲気が違うような気がする桜でした。

桜はお昼ご飯の時間、ハクアを昼食に誘ってみることにします。

しかし、桜はお昼休みもモテモテで、結局クラスメイトに囲まれ、それはできませんでした。

私は自分の部屋で食べるから、といっていなくなるハクア。

「東雲さんは自炊してるからいいのよ。」というクラスメイト。

桜はハクアの行動に疑問を覚えるのでした。

「ところで桜ちゃんも温泉入るでしょ!?」というクラスメイト。

「あ、いや、東雲ちゃんも入ってないから…」という桜の言葉に、クラスメイトは固まります。

一瞬で変わる空気。

「彼女は入れないからね。見えないから」というクラスメイト。

「あ、それ本人も言ってました。どういう…」という桜に「え?」というクラスメイト。

「当然でしょ?だって…」というクラスメイトでしたが、言いかけたところで予鈴がなってしまいます。

そこで、移動を開始する一同。

なぜか、東雲に対する敵意が見える気がする、というクラスメイト。

特に、涼子というクラスメイトは、いい子のように見えますが、ハクアにとられないように桜にやたらとくっついているように見えました。

そんな涼子に、思い切ってハクアのことが嫌いなのか聞いてみる桜。

すると、涼子はハクアのようになれなくて嫉妬している、と言いました。

「私なんかへっぽこすぎてポルターガイストすらかっこよくできない~!」と、いきなり机を飛ばしながら涼子は言いました。

桜は訳が分かりません。

そんなことを言っていると、嫉という存在が現れます。

「ど、どうしよう!嫉が現れちゃった…!!」という涼子。

その姿はとても不気味なものでした。

「きゃあ!」という涼子。

嫉は桜と涼子に襲い掛かってきました。

そこに駆けつけるハクア。

ハクアのおかげで、二人は何とか生き延びることができました。

そのとき、驚きの事実を桜に告げるハクア。

「ここにいる子は、私以外みんな幽霊よ。あなたも、一週間前の交通事故で、家族全員死んでるのよ」と言いました。

そう、桜は幽霊だったというのです。

そして、先ほど出現した嫉という存在に食べられてしまうと、完全に消失させられてしまうようでした。

この事件をきっかけに、ハクアと涼子、桜の三人で行動することが増えました。

ハクアだけが人間ということで、ハクアはさみしいんじゃないかと心配する桜。

「でも一人だけいるのよね…」というハクア。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

明×暗SCRAMBLEの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!

感想

今回の話では、ハクアから衝撃の事実が告げられて、その意外な事実が結構面白かったですね。

桜も幽霊ということでしたが、それはそれでまた辻褄が合わないところもあるので、さらに事実が隠されているんだろうなと思うと、なかなかワクワクしました。

この作品はホラーサスペンスというジャンルですから、たまにぞっとする展開もあって、楽しめますね。

そんな明×暗SCRAMBLEという作品は、ホラーものが好きな人や、サスペンス作品が好きな人、また嫉妬深い人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内でコミック名で検索!

スポンサーリンク

明×暗SCRAMBLEの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ