虐殺器官(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

虐殺器官1巻の無料立ち読みはコチラ!?

虐殺器官(漫画)とは?

虐殺器官とは、漫画:麻生我等、原作:伊藤計劃の作品です。

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、徹底した情報管理システムを構築していました。

一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いています。

そのなか、米軍特殊部隊である特殊検索群i分遣隊所属のクラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人追跡ミッションが下るのでした…。

仲間とともに降り立った地で、彼らが直面する事態にクラヴィスは何を思うのか・・・?

そんな虐殺器官という作品は、ミステリーサスペンスものが好きな人や、伊藤先生の作品が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐殺器官」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐殺器官」と検索!

スポンサーリンク

虐殺器官(漫画)のあらすじ(1巻後半)

激しい息遣い、銃を持った青年の傍らには、おびただしい数の死体が横たわっています。

その死体の上に立ち、何とも言えない表情をするその青年。

ヘルメットをとり、その死体の上を歩き始めました。

無残にも頭を打ちぬかれた少女の死体や、戦車にひかれたであろう男の死体、いろいろなものがありました。

生きている人間は、一人もいません。

ゆっくりと歩きながらその青年は・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐殺器官」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐殺器官」と検索!

虐殺器官(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)

この国は火薬の匂いと肉の腐敗臭で満ちている。

いや、すでに国ではない、この地域がかつて体裁を保っていた頃、国の軍の中将だった男、その男こそ、我々の標的、この匂いの根源だ。

そう考えているのはクラヴィス。

任務のため、この地に三人の仲間とともに来ていました。

標的が目の前にいる、今この瞬間。

クラヴィスは銃を構えています。

しかし、標的Aのこの男しかいない現状に、発砲を躊躇っているクラヴィスでした。

本部では、この男は移動を繰り返し、どこにいるか一切わからず、いままで接触することもできなかったと言います。

今回逃してえば、今後出会えないかもしれない、と本部では言っています。

今ここで殺すべきだ、という言葉に、クラヴィスはナイフを構え、標的Aに突撃します。

あっという間に拘束したクラヴィスは、標的Bのことを聞きます。

今日ここで会う手はずだった、アメリカ人はどこだ!

そう言うクラヴィスに「あの男はアメリカ人だったのか。彼は我々の文化情報次官だった男だ、いや、だったと言うべきだったか。」という標的A。

その標的Bは、数日前にこの地を離れてしまったのだといいます。

理由も言わずに突然離れてしまったその男。

今日その理由を話しにくる手はずでしたが、それも伝言メッセージを告げるだけにとどまり、ここには現れないのだという標的A。

そのメッセージというのは、ここでできることは全てした、という短いものだったと言います。

クラヴィスは、優先順位の高いこの男だけでもクリアできるならいいか、と考えます。

「我々政府にそのようなメッセージがきたのだ」という標的A。

「政府だと?ここに政府などない。覇権を奪い合ういくつかの武力があるだけで、あんたはその中でも虐殺なんてものをやりだした、最悪の野郎だ。」というクラヴィス。

標的Aは、そんなクラヴィスの言葉に怒ります。

「虐殺だと?!我々の平和への願いを、虐殺などという言葉で冒涜するのか?!」という標的A。

これは我々政府と国民に対する卑劣なテロリズムとの闘いなのだ、という標的A。

クラヴィスと話しているうち、後悔し始めるその男。

しかし、そんな男に容赦ない言葉をかけるクラヴィスは、ナイフを首に押し付けます。

「今更後悔しても遅い。どの道お前は地獄に落ちる。」というクラヴィス。

「そうだろう、地獄に落ちる…。だがわからないんだ、なぜ、2年前は美しかったこの国が!なぜ、いまこのようになっているのか…。」と混乱した様子のその男。

「お前が始めたんだ、お前がこの国をおかしくしたんだろう。」というクラヴィス。

「私が始めた?!」と驚いた様子の標的A。

その様子に、こいつは狂っているのか、と考えるクラヴィス。

まるで、標的Aは自分は何も関係ない、といっているかのようでした。

「黙れ!」と言うクラヴィス。

その瞬間、ショットガンで標的Aを殺してしまうアレックス。

「どうしたんだアレックス?!」と驚くクラヴィス。

アレックスは、様子がおかしいようでした。

ぼーっとした様子のアレックス。

「アレックス?!おい、アレックス」というクラヴィスに、「え?あ、あぁ…」とようやく気付いた様子のアレックスでした。

しかし、アレックスはクラヴィスに向けて銃を向けます。

「何をしているんだ!銃を降ろせ!」というクラヴィス。

そんな言葉は聞こえていないかのように、引き金を引こうとするアレックス。

クラヴィスは自分が撃たれるよりも先に、アレックスを撃ち殺しました。

本部は騒然となります。

「アレックス隊員の生体反応が消えた?!一体何があったんだ、クラヴィス!!」という本部。

冷静に状況を説明するクラヴィス。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐殺器官」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐殺器官」と検索!

スポンサーリンク

虐殺器官(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、重大なキャラクターが死んでしまい、これからのクラヴィスがどうなっていくかなど、気になりましたね。

とはいえ、まだこれがどんな話なのかはよくわからず、設定が理解しづらく、難しい部分が目立ったので、この後どうなっていくのか、楽しみですね。

それにしても、かなり特殊な設定で、今から結末が気になって、まだまだ目が離せません。

そんな虐殺器官という作品は、ミステリーサスペンスものが好きな人や、伊藤先生の作品が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐殺器官」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐殺器官」と検索!

スポンサーリンク

虐殺器官(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ