虐殺器官(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

虐殺器官1巻の無料立ち読みはコチラ!?

虐殺器官(漫画)とは?

虐殺器官とは、漫画:麻生我等、原作:伊藤計劃の作品です。

テロの脅威にさらされ続けたアメリカは、徹底した情報管理システムを構築していました。

一方、アメリカ以外の世界各地では紛争の激化が続いています。

そのなか、米軍特殊部隊である特殊検索群i分遣隊所属のクラヴィス・シェパード大尉に、謎のアメリカ人追跡ミッションが下るのでした…。

仲間とともに降り立った地で、彼らが直面する事態にクラヴィスは何を思うのか・・・?

そんな虐殺器官という作品は、ミステリーサスペンスものが好きな人や、伊藤先生の作品が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐殺器官」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐殺器官」と検索!

スポンサーリンク

虐殺器官(漫画)のあらすじ(1巻前半)

激しい息遣い、銃を持った青年の傍らには、おびただしい数の死体が横たわっています。

その死体の上に立ち、何とも言えない表情をするその青年。

ヘルメットをとり、その死体の上を歩き始めました。

無残にも頭を打ちぬかれた少女の死体や、戦車にひかれたであろう男の死体、いろいろなものがありました。

生きている人間は、一人もいません。

ゆっくりと歩きながらその青年は・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐殺器官」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐殺器官」と検索!

虐殺器官(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)

クラヴィスは声をかけられて眠りから覚めます。

よくこの中で眠れるもんだな、と嫌味を言われているクラヴィス。

「知ってるか、さっき乱気流にぶち当たって物凄く揺れたんだぜ」という男。

「射出15分前だ。まったく、さっさと準備をしろ。たいした不感症だとお前は。」といい去っていく男。

男にニヤリと返事をしたクラヴィスですが、男がいなくなった後、人知れず涙を流すのでした。

降下10分前だ、棺桶に乗り込もう、というクラヴィス。

クラヴィスの仲間が話しています。

今回の作戦オーダー、どう思う?という質問に、ターゲット二人を同時暗殺というのはかなりタイトだね、と答えるクラヴィス。

「二人が同じ決行地点に現れなかったら、僕らの嫌いな不確定要素が産まれてしまう。」というクラヴィスでしたが、その話ではないようでした。

「そうじゃなくてさ、標的Bのことだよ。あらアメリカ人さ。」といわれるクラヴィス。

「あの情報はおかしい。なにか重要な情報が抜かれている気がするんだよ」

「まぁそいつが殺されるべき運命なのなら、世界にとっては悪党なんだろう。だからやるのさ」というその男ウィリアムズでした。

そうして、クラヴィスたちは降下します。

ウィリアムズ、リーランド、アレックス、そしてクラヴィスの四人は、棺桶に乗り込みました。

降下完了したクラヴィスたちは、乗り込んだ棺桶を燃やし、証拠隠滅します。

夜が明ける前に全て終わらせる、というクラヴィス。

進んでいくクラヴィスたちの前に、「がはははは」と高笑いをしながら焚き火をしている数人の男たちがいました。

「ちっ、素人が…!」というウィリアムズ。

「どうする?迂回するか?」と聞かれるクラヴィスは「いや、そんな時間はない」といいながらナイフを取り出します。

その数人の男をあっという間に殺してしまうクラヴィスたち。

その男たちの耳に埋め込まれていたIDタグを抜き、「これを使おう」と言っているクラヴィス。

「いつもの手だな。ついでに足もいただこうぜ」というウィリアムズ。

そうして、車を奪い取ったクラヴィスたちは、目標地点を目指します。

連中になりすますことにしたクラヴィスたち。

車のスピードはなかなかのもので、あっという間に目標地点へと到着しました。

「いよいよ本陣だ、諸君、ナチュラルにいけよ」というウィリアムズ。

そうして中に入っていきます。

「パトロールしてたらガスと食料がなくなってしまったんだ」と話をしています。

そうかい、といって通してもらうも、一人の老兵が「待て!」といいます。

念のためI.D.を検索するその老兵。

ピッ、という音とともに、情報が開示されます。

先ほどクラヴィスたちはI.D.を奪っていたため、無事通ることができました。

実はI.D.で出てきた写真とクラヴィスたちの顔はまったく異なるものでしたが、そんなことは気にしていない老兵でした。

「思った通りだ。情報のリテラシーがまったくない。」というクラヴィス。

「連中が木偶の坊で助かったな」というウィリアムズでした。

車で進んでいくと、道中、処刑されている人々が目につきました。

ここでは、無差別に殺戮が行われているようでした。

「僕らは地獄に落ちますかね…」というアレックス。

この光景を見て見ぬ振りをすることに、アレックスは辛い気持ちを抱いているようでした。

「どうしてだ?見て見ぬ振りをしているからか?俺たちが倒せばこの殺戮も終わる。鈍感になるんだ、アレックス。」というクラヴィスでした。

「ま、早いとこ仕事を片付けてしまおうや。」というウィリアムズ。

そうして、一行はついに、標的がいる場所へと到着します。

銃を取り出すクラヴィスたち。

そして・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐殺器官」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐殺器官」と検索!

スポンサーリンク

虐殺器官(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、冒頭からいきなり衝撃的なスタートで、見ていて一気に引き込まれましたね。

とはいえ、まだどんな話なのかはよくわからず、設定が理解しづらく、難しい部分が目立ったので、この後どうなっていくのか、楽しみですね。

それにしても、かなり特殊な設定で、今から結末が気になって、まだまだ目が離せません。

そんな虐殺器官という作品は、ミステリーサスペンスものが好きな人や、伊藤先生の作品が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐殺器官」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐殺器官」と検索!

スポンサーリンク

虐殺器官(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ