実録! わたしがAVに出演した理由の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

実録! わたしがAVに出演した理由とは?

実録! わたしがAVに出演した理由とは、水槻れん十六夜なな先生の作品です。

実話のみが持つむき出しの迫力がここにあります!

赤裸々なAV女優たちの素顔を包み隠さずに描き切った問題作。

家庭がありながらもAVに出演する主婦や、グラビアアイドルからAVに転落していく女性の葛藤。

セレブ妻はなぜAV女優になったのか?

また、人気女優の苦悩も描かれています。

アダルトビデオ業界に働くさまざまな人間の織り成すはかなく悲しい、そして美しい愛の物語が今始まります。

そんな実録! わたしがAVに出演した理由という作品は、実際にあった話を元に制作された作品が好きな人や、レディースコミックが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「実録! わたしがAVに出演した理由」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「実録! わたしがAVに出演した理由」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「実録! わたしがAVに出演した理由」と検索!

スポンサーリンク

実録! わたしがAVに出演した理由のあらすじ(1巻前半)

第一回、マキコの場合。

やめてくれ、と言われているマキコ。

いい加減にしろよ、仕事で疲れてるんだ、と言われているマキコ。

そんな夫婦生活がもう2年も続いていました。

マキコは子供がほしくて焦っていたのです。

努力はしています、というマキコ。

いつも綺麗にして女を怠らず、スキンシップやセクシーな下着、精のつく食事など、手はつくしてるのにも関わらず…、そういったことはずっとありませんでした。

ある日、そんなマキコは家にあったAVを見つけてしまいます。

そして・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「実録! わたしがAVに出演した理由」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「実録! わたしがAVに出演した理由」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「実録! わたしがAVに出演した理由」と検索!

実録! わたしがAVに出演した理由の濃いネタバレ(1巻前半)

気づけば、AVを見ていたマキコ。

マキコは、ビデオの中でよがる人妻を見て、冷たい夫の代わりに男優たちに思いっきり責めまくられたい、と思うようになります。

気づけば、AVメーカーのHPから女優に応募をしていました。

数日後、知らない番号からかかってくる電話。

「はい、もしもし」というマキコに「もしもし、マキコさんですか?」というAVメーカーの担当者。

「先日当社のHPを見てご応募くださいましたよね?」という担当者に、一度面接を受けにきませんか、と言われたマキコ。

そのときは、ドキドキしながらも切ってしまいます。

ばかげている、AVに出たいわけではない、ただ夫から女として見てもらいたいだけ、と考えるマキコ。

しかし、まったく女として見てもらえないマキコは、同級生が妊娠した知らせを受け焦り始めます。

一晩中泣いて、夫を責め続けたマキコ、その翌朝、夫の姿はありませんでした。

もうだめだ、と考えたマキコは、AVメーカーに電話をかけます。

本格的に女優に採用されたマキコは、一週間後に撮影が始まりました。

「じゃあ準備はいいかな?」という監督。

「本番スタート!」といって撮影がはじまります。

初撮影の内容は、子供がほしいマキコにとって、皮肉にもそういった内容のAVでした。

はじめは夫への怒り、あてつけでの出演だったこのAVでしたが、次第にハマっていきます。

数か月後、AVに出たことが夫にバレます。

「マキコ!これはいったいどういうことなんだ!!」という夫。

「会社の連中が騒いでるから、ま、まさかとは思ったが!これは本当に君なのか!?」という夫に、悪びれもせずマキコは、ええ、そうよ、と言います。

「だってあなた私よりAVのほうが好きでしょう?あなたが喜ぶと思ってAVに出演したのよ。」といって、マキコは選別だといって自分の出演したAVを大量に夫にあげます。

そうして「さよなら」といって家から出ていくのでした。

そしてマキコは・・・?

(この後衝撃の結末へと向かいます)

第二回、冴子の場合。

冴子は35歳、輸入雑貨を扱う商社で働いている、キャリアウーマンです。

会社では、仕事が恋人だと噂されるほど、男っ気がないような女性でした。

「きっついよなー。いい女のなのに。」「ほんと、あれじゃ男は寄ってきませんよ。」と言っている同僚たち。

そんな冴子は昔から人一倍出世欲が強かったといいます。

おかげで会社ではそれなりに出世して充実した毎日を送っていました。

そのはずなのに、最近は、このまま年老いてもいいのだろうか、と考えています。

女の喜びを知らないままでいいのか、と考える冴子。

そうしてバーで飲んでいた冴子は、そこで出会った男と枕を交わします。

その後、冴子は行為にハマってしまうのでした。

そのとき知り合った男を忘れられない冴子は、その男からAVプロダクションを紹介されます。

そう、その男はAVのスカウトマンだったのです。

そして・・・?

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

第三回、優子の場合。

優子は中学生の息子を持つ専業主婦です。

セックスは夫との経験のみで、AVは見たこともありませんでした。

ある日、中学生の息子の部屋を掃除していると、そこでAVを発見してしまいます。

興味本位で見たその内容に絶句する優子。

そこで行われていた過激なプレイに嫌悪感すら覚えた優子は、AVプロダクションに文句の一報を入れます。

すると、「奥様、そのような大切な話はわが社でうかがいます。顔が見えないのをいいことにいわれのない誹謗中傷をされる方もございますので…」という返答が返ってきました。

自分をクレーマー扱いするその会社に苛立ち、面と向かって抗議しにいく優子。

「こんなくだらないビデオを作るのは今後いっさいやめるべきです!!」という優子。

「は・・・?」という担当者に「中学生の子供が見てたのよ!子供はすぐ影響されるの!女の子だってあんなかわいい子を使って!どうせアイドルにしてやるとかだましてるんでしょ!」という優子。

「ちょ、ちょっと待ってください!」と担当者は言います。

「あの子は自分から進んでAV女優の道を選んだのですよ?」といい、その女性のエッセイを渡す担当者。

優子は驚きます。

そして・・・。

(この後衝撃の結末へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「実録! わたしがAVに出演した理由」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「実録! わたしがAVに出演した理由」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「実録! わたしがAVに出演した理由」と検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「実録! わたしがAVに出演した理由」をU-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内で「実録! わたしがAVに出演した理由」と検索!

スポンサーリンク

実録! わたしがAVに出演した理由の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

この作品は、いくつもの話が収録されているオムニバスの作品なのですが、どの話も濃厚で、さらに実話を基にして作っているというだけあってかなりリアルでした。

実際にこんなことがあって、彼女たちはAVの道を選んだのだなぁ、と思うと、なんとも言えない気持ちになり、勉強になって面白かったですね。

それにしても、こんなことが現実に行われていると思うと、日常の見え方も変わってくるようで、結構影響がある作品だなぁと思いました。

そんな実録! わたしがAVに出演した理由という作品は、実際にあった話を元に制作された作品が好きな人や、レディースコミックが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「実録! わたしがAVに出演した理由」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「実録! わたしがAVに出演した理由」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「実録! わたしがAVに出演した理由」と検索!

スポンサーリンク

実録! わたしがAVに出演した理由の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ