幽麗塔のネタバレ!陣羽笛の隠していた衝撃の秘密がヤバイ!

【Amazon.co.jp アソシエイト】
幽麗塔(9) (ビッグコミックス)

幽麗塔とは?

幽麗塔とは、乃木坂太郎先生の作品です。

時は昭和29年、舞台は神戸です。

ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われます。

テツオは「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」と言います。

しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名でありました。

果たして、天野の運命とは…?

そんな幽麗塔という作品は、ミステリーサスペンスが好きな人にはたまらない作品となっており、また、サバイバルサスペンスが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「幽麗塔」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「幽麗塔」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「幽麗塔」と検索!

スポンサーリンク

幽麗塔の登場人物紹介

天野・・・この物語の主人公であり、いつも金に困っているニートの男性です。

テツオと出会ったことにより、その人生は大きく変わり、中身も成長していきますが・・・?

テツオ・・・その正体は麗子であり、男の装いをしている女性です。

しかし、心では男に憧れを抱いていました。

自分の死に場所を探していて、とんでもない行動に出ますが・・・?

陣羽笛・・・読みはジンバブエであり、やり手の警部だったはずなのですが、話の中ではズレた発言も多い、謎の多い人物です。

その正体は衝撃の・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「幽麗塔」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「幽麗塔」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「幽麗塔」と検索!

幽麗塔のネタバレ!陣羽笛の隠していた衝撃の秘密がヤバイ!

百数十年もの間動かなかった時計塔が、二年前の夜、ただ一度だけ動いたことがありました。

それは昭和27年6月23日、午後11時53分。

藤宮たつが、養女麗子に惨殺された夜のことでした。

時はかわって、昭和29年、神戸。

ニートの天野は、ある日不思議な男に出会います。

その男の名前はテツオ。

テツオは天野に、幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入ると言います。

天野には地位も名声も名誉も財産も、何もありませんでした。

そのため天野は幽霊塔との出会いを機に、金持ちになる決意をします。

様々な事件を経て、テツオと天野と幽霊塔の関係はいよいよ最終局面へと向かいます。

場面は、テツオと話をしている丸部。

「脳交換の話、前向きに考えてくれよな。」と丸部は言います。

そうして、テツオは何かを考えながら、「全部下げてくれ、部屋に戻りたい」と側近の女に言います。

そんなテツオに、俺は本気だから、という丸部。

女の体になりたい丸部は、テツオと脳を交換して、テツオの体を手に入れたい、というのです。

丸部のその言葉に、テツオは全ての合点がいきます。

長く伸ばした髪、少女趣味、老いへの強い抵抗、外見と行動にはっきり出ていました。

テツオの正体は麗子であり、テツオは男に見せていても実は女だったのです。

そこに気づいた丸部は、このチャンスを逃しまいと、必死にテツオを口説きます。

テツオは思います。

今まで自分は男の体にどれだけ憧れたか、と。

初めて間近で男性自身を見たのは、悪ふざけのふりをして時計塔で天野のズボンを下したときでした。

平静を装ってはいましたが、こみ上げる激しい興奮があったといいます。

悶々とするテツオ。

一方、そのころ天野は車の中にいました。

「朝ですか。」と言う天野に、ヤゴべエは「おはようございます」と言います。

ヤゴべエは「一晩中考えちゃいました。真相が衝撃的すぎて…」と言い、昨晩眠れなかったということを言いました。

丸部に逆らうことになったとしても、天野についていくことにした、というヤゴべエ。

人を殺す警官がいたとしても、人を守るのが本当の警官だと証明したい、とヤゴべエは言います。

山科はそうだったんですよね、と天野に言うと、天野はうなづきます。

そうして、天野たちは、ロンドン塔にそっくりな塔へとやってきます。

ロンドン塔にそっくりなその塔には、様々な荷物が運ばれていました。

その様子をよく見てみると、荷物の中に棺桶があることに気づきます。

天野に同行していた丸部の娘沙都子は、トラックに近づいて荷物を見ようとしますが、その中身が死体であり、驚いて声をあげてしまいます。

「なんだ、侵入者か!」と言われ、見つかってしまう沙都子。

「あ、あなたは原田さん!」と言う沙都子。

沙都子を侵入者といった男は、死んだと思われていた原田でした。

「原田!生きてたのかよ!!俺だよ、ヤゴべエだよ!」と言い、喜ぶヤゴべエ。

「一時は心肺停止してたらしいが、テスラ先生に蘇生させてもらった。あの殺人鬼はなぜか俺にとどめを刺さなかった。ささずに当身をくらわせたんだ」と原田は言います。

「丸部さんいるんだろう?通してもらうよ」といって通ろうとするヤゴべエ。

しかし、原田は通せない、と言います。

「だめだ。それに死体を見たなら帰すわけにもいかないな」と原田は言います。

「あなたはいいお巡りさんのはずよ!」という沙都子でしたが、原田は聞く耳を持ちません。

その瞬間、天野が後ろから原田を殴り、スキを見せた原田から逃げる三人。

塔の中では、怪しげな手術が行われていました。

なんなんだここは、と考える天野。

少しずつ、真実が明らかになっていきます。

天野は結局捕まってしまい、丸部の元へと連れていかれます。

「たった三日でよくここを探し当てたな、驚いたよ、天野。」という丸部。

俺はどうしてもテツオと寝たいんだよ、という丸部。

「それは、あなたがかつて愛したお夏の面影をテツオが強く宿しているからですか?」という天野。

「やはり沙都子に聞いたんだな。俺とお夏とテツオのことを。」という丸部。

「あなたは過去に執着しすぎておかしくなってる。父親ならテツオを自由にしてやるべきです」と天野は言います。

親子だから、手放すわけにはいかないんだ…、という丸部。

丸部の強い意思に、何も言えなくなってしまう天野は、捕まってしまいました。

そこにはヤゴべエと沙都子も捕まっていました。

その牢屋の中で、天野は考えます。

さらに、思わぬ助けがあり、天野はリスクを背負いながらも、脱出することに成功します。

やっとの思いでテツオに出会った天野。

しかしそんな時、丸部の仕向けた刺客である、死番虫が現れます。

死番虫は、天野に一度銃で撃たれ、絶命したかに思われました。

目の前に動いている死番虫がいることに、生きていたのかとある種安堵をする天野。

とはいえ、死番虫はかつての姿とは違い、自分の足で歩けていません。

さらに、腕に刃をつけており、その姿は人を殺すために特化しているようにも見えます。

死番虫と戦う最中、死番虫はかつは警部であったといいます。

そこで出てきた名前はあの陣羽笛。

やり手の警部と言われていたが、どこかズレていた、あの陣羽笛です。

そう、彼には大きな秘密がありました。

それは・・・?

果たして、陣羽笛の隠していた衝撃の秘密とは・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「幽麗塔」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「幽麗塔」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「幽麗塔」と検索!

1巻分を全部タダで読む裏ワザ!

電子書籍サイトでタイミングがいいと、無料で1巻分が全部読めたりすることがありますが、なかなか読みたいコミックが無料になっていることって少ないですよね。

そんな時に是非利用して欲しいのがU-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。

ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね!

そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも読めてしまうんです。

ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。

なので、U-NEXTを利用したことがない人限定の裏ワザですが、せっかく覚えたこの機会に是非試して、読みたいコミックを1巻分全部読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「幽麗塔」をU-NEXT無料1巻分全部読むならコチラ!

*サイト内で「幽麗塔」と検索!

スポンサーリンク

幽麗塔の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

幽麗塔の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

幽麗塔の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!はコチラ!?

幽麗塔のネタバレ!テツオの隠された衝撃の秘密がヤバイ!はコチラ!?

幽麗塔のネタバレ!死番虫の正体は意外なアノ人だった!はコチラ!?

幽麗塔のネタバレ!キスシーンに込められた驚きの秘密がヤバイ!はコチラ!?

幽麗塔のネタバレ!山科が告白した禁断の性癖がヤバイ!はコチラ!?

感想

この作品は、最初から最後まで予想外の展開が続き、ミステリーサスペンスらしく、飽きずに最後まで読むことができる珍しい作品でした。

それにしてもこの死番虫という存在が、非常に怖く、恐ろしい存在だったことが、この物語に彩りをそえていて、読んでいて面白かった要員のひとつなのかなと思いましたね。

陣羽笛についての話もなかなか楽しめましたので、この作品は全部で9巻と手ごろということで、まだ未読の方はぜひ一度読んでみることをおすすめします。

そんな幽麗塔という作品は、ミステリーサスペンスが好きな人にはたまらない作品となっており、また、サバイバルサスペンスが好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「幽麗塔」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「幽麗塔」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「幽麗塔」と検索!

スポンサーリンク

幽麗塔の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

幽麗塔の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

幽麗塔の結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!はコチラ!?

幽麗塔のネタバレ!テツオの隠された衝撃の秘密がヤバイ!はコチラ!?

幽麗塔のネタバレ!死番虫の正体は意外なアノ人だった!はコチラ!?

幽麗塔のネタバレ!キスシーンに込められた驚きの秘密がヤバイ!はコチラ!?

幽麗塔のネタバレ!山科が告白した禁断の性癖がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ