虐待される子供たちの濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!無料

虐待される子供たちとは?

虐待される子供たちとは、井出智香恵、他先生の作品です。

「お前なんか産むんじゃなかった――!!」虐待される子供たちの壮絶人生を描いたオムニバスが、この作品です。

――再婚した夫とその連れ子との関係に悩む母…崩壊寸前の家族の形を描いた「お願い…愛を見て」、元夫に年々似てくる息子に暴力を振るってしまう母の苦悩を描いた「僕はパパじゃない」、一袋のパンを手にアパートで独り帰らぬ母を待つ子供の姿を描いた「扉の向こうの地獄」――あなたの隣でも起こり得る日常…戦慄の波乱万丈ドラマ3作品。

現代の闇を描いたリアルな物語が今始まります。

そんな虐待される子供達という作品は、リアルな話が好きな人や、子供虐待の現状を知りたい人など、色々な方にオススメできる作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐待される子供たち」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐待される子供たち」と検索!

スポンサーリンク

虐待される子供達のあらすじ(後半)

この物語の主人公、文江は、二人の息子も社会人となり自立し、子育てから解放されホッとしているところでした。

近所の掃除をしていると、子供の泣き声が聞こえます。

子供の泣き声だけでなく、うるさい、泣くな、といいながら何かを叩いているような大人の声が聞こえます。

これはただごとではないと、文江はその家の前へと行くのでした。

うわあああん、という子供の声と、うるさい、という大人の声。

そう、文江の住む家の隣のアパートからは、毎日このような声が聞こえるというのです。

そんな時、ちょうど家から出てくるその母親と子供。

さっさときな、グズ、と言っているその母親は、文江に気づいて話しかけます。

そして・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐待される子供たち」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐待される子供たち」と検索!

虐待される子供たちの濃いネタバレ(後半)

「すみません、いつもうるさくて」というそのに「いえいえ、男の子は手がかかりますものねぇ。なんて名前?」という文江。

「裕也って言うんです。この子の父親がつけたんですけど、ますます、その父親に似てきちゃって。」と嫌そうな顔をするその母親。

文江はそんな裕也にお菓子をあげようとしますが、お菓子はあげてないので結構です、と言われてしまいます。

家に帰って夫には「そりゃお前が悪いよ。家それぞれで子育てのやり方は違うんだから」と言われてしまう文江でした。

文江はそう言われ、あまりお節介は焼かないようにしよう、と考えます。

とはいえ、また翌日になると隣のアパートからは子供の泣き声と、母親の怒号が聞こえてきました。

気になる文江は、ご近所に話を聞くようになります。

そのご近所の話によると、すでにあの家は離婚しており、昼間は子供を家に残しパートに出かけ、夜も子供を部屋に置いて出かけているということでした。

家では子供に殴る蹴るの暴行をしているようだったその母親は、近所で噂になります。

「ちゃんとご飯あげてるのかしら」「いつも同じ服を着てるから、お風呂にも入れてないと思うわ」「まったく、育児放棄をしてるとしか思えないわよねぇ」

と、ご近所は噂をしています。

お節介だと思われても、手を出さずにはいられない状況になっていた文江。

いくばかりかの親心を振り絞って、文江はその母親に話をしに行きます。

あくびをしているその母親。

「あの、おたくの裕也ちゃん、一人でお留守番はかわいそうだから、保育園に預けてはどうかしら。」と言ってみる文江。

はぁ?

と見るからに嫌そうな顔をするその母親。

私の知り合いに保育園を開いている知人がいる、という文江は紹介できるからどうか、と言いますが、余計なお世話だ、と言われてしまいます。

友達もできるし、裕也にとってもいい事ばかりだ、という文江ですが、その母親は聞く耳を持ちませんでした。

そんなある日、その母親は若い男と旅行に行くといい、裕也を残し旅行に行ってしまいます。

裕也は袋いっぱいのパンだけ渡されます。

これだけあれば持つだろう、といって母親は旅行へ行ってしまいました。

帰ってくるまで、誰がきてもドアをあけるんじゃないよ、と言っていた通り、裕也は家にこもります。

裕也は貰ったパンを一気に食べてしまいました。

ゴミ山の中で埋もれるように眠る裕也。

袋にはパンが二個しか入っていませんでした。

文江は知りませんでした。

それまで、一日一つしかパンを与えられてなかったということを。

一度に大量にパンを食べ過ぎた4歳の男の子裕也は、誰もいない部屋で一人で腹痛と闘っていました。

家で、文江は夫と話しています。

「え、4歳の子供を置いて旅行に行っちゃったの?」と驚く夫に「ええ。でもたくさんのパンを置いていったみたいだから、それを少しずつ食べているんじゃないかしら。」という文江。

辛かったら泣くだろう、と文江はあまり裕也のことは心配していないようでした。

母親が置いていったパンをすぐに食べ切ってしまった裕也は、氷を食べて空腹感を紛らわせていたと言います。

それすらも食べ過ぎてしまうと、冷蔵庫のマヨネーズを吸ったりもしました。

そして・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐待される子供たち」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐待される子供たち」と検索!

スポンサーリンク

虐待される子供たちの濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話でも、とても痛ましい、そして現実にあった衝撃の物語が描かれていましたね。

この裕也という子供は本当にかわいそうで、読んでいて胸が痛くもなりましたが、この話を反面教師にして、優しい気持ちを持って子供と接したいなぁと思えました。

それにしても、これが、現実にあった話を元にしているということですので、他の話も早く読みたくなりたくなるほど、リアルで勉強になりますね。

そんな虐待される子供達という作品は、リアルな話が好きな人や、子供虐待の現状を知りたい人など、色々な方にオススメできる作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「虐待される子供たち」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「虐待される子供たち」と検索!

スポンサーリンク

虐待される子供たちの濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ