世界で一番、俺が〇〇の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

世界で一番、俺が〇〇1巻の無料立ち読みはコチラ!?

世界で一番、俺が〇〇とは?

世界で一番、俺が○○とは、水城せとな先生の作品です。

あるところで、幼なじみのイマドキ男子3人が我が身の不幸を嘆いています。

そんな時、突然風変わりな美女が現れました。

「セカイ」という組織のエージェントを名乗る彼女に誘われ、3人は「300日後、3人の中で最も不幸になった者はどんな願いも叶う」というゲームへの参加を決めます。

『失恋ショコラティエ』『脳内ポイズンベリー』の水城せとながキレッキレの台詞で描く、友情・嫉妬・悪意……。

さまざまな感情をあざなう300日のゲームが今始まります。

そんな世界で一番、俺が○○という作品は、青年漫画が好きな人や、人間ドラマものが好きな人、水城せとな先生の作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「世界で一番、俺が〇〇」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「世界で一番、俺が〇〇」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「世界で一番、俺が〇〇」と検索!

スポンサーリンク

世界で一番、俺が〇〇のあらすじ(1巻後半)

どこかのビルの屋上で歌を口ずさんでいる女性が一人います。

その女性は、聞こえる、聞こえるぞ…、不幸に嘆くつぶやきが、と言っているのでした。

場面は変わって、三人の男たちが話をしています。

そのうちの一人、アッシュはあそこは俺の居場所じゃなかったんだよね、あの絵の具の色にうまく染まれるほど俺器用じゃなかったんだなって…、と言っています。

しかし、その実態は、ようするにコンビニのバイトをやめた、ということのようでした。

過剰にかっこつけた言い訳はもういい、いつになったら定職につくんだお前は、と言われているアッシュ。

コンビニのバイトくらいできるって断言してたのに、もうやめちゃったの、と言われているアッシュ。

アッシュは10代の頃はキラキラに輝いており、誰もがアッシュの将来はミュージシャンや俳優になるだろうといっていたほど、イケメンで将来有望視されていました。

そんな期待の波に飲まれたアッシュはいまだに定職につかず、ふらふらしています。

それを嘆く幼馴染の柊吾とたろ。

そんなことを話していると、三人の前に一人の女性があらわれます。

300日後に最も不幸な人の願いをかなえます、というその女性の言葉に乗った三人は、一番不幸になるべく奮闘することにします。

そして・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「世界で一番、俺が〇〇」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「世界で一番、俺が〇〇」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「世界で一番、俺が〇〇」と検索!

世界で一番、俺が〇〇の濃いネタバレ(1巻後半)

ふわ~、とあくびをしているアッシュ。

「DQ2、幸せですね~」というのは773号、通称ナナミ。

「だってお布団気持ちいいも~ン。」と、アッシュは突然現れたナナミのことはスルーしているのか、冷静です。

「また超常的な力でいきなりあらわれるんだろうな~とは思ってたけど、寝起きドッキリやられるとはね~。」というアッシュに「すみません、お休みのところ…」というナナミ。

「ところでアッシュさんはなぜアッシュと呼ばれているのですか?」というナナミに、それには深いわけが…というアッシュ。

「あ!わかった!死霊のはらわたですか!?」というナナミ。

「なにその知識!?アッシュと呼ばれる所以はですな、中一の時拘束破って髪を染めたのね。」

「そんときのカラーがアッシュって書いてあったんだけど、ついつい学校ではしゃいじゃってさ~…。そんときついたあだ名がアッシュ。まさか三十路手前になってもまだ呼ばれ続けることになるとは思わなかったよねー」というアッシュに「三十路前になってもまだこんなチャラチャラしてるとは思っていなかったでしょうしね!」と遠慮なくいうナナミに、そう、ね、と少し苦笑いをするアッシュでした。

「ナナミちゃん、俺の測定は終わったよね?次いかなくていいの?」というアッシュに「行きますけど、対象者を観察するのも仕事ですので、今日はアッシュさんの生活を拝見します。」とナナミ。

「あ、そう、いっとくけど俺案外忙しいからね」とアッシュは言います。

まず顔を洗い、そして朝ごはんを作ります。

「姉ちゃんおはよ~。朝ごはんパンケーキ焼いたよ!」とアッシュは言います。

「はい、お弁当!アボカドとバジルチキンの雑穀パンサンドイッチにしたよ!」と姉のお弁当を作っていたアッシュ。

「ところでさー今日デートなんだよね…ヘルプしてもらえると助かるなーとか…」といい、姉にお小遣いをもらうアッシュ。

「はいはい、じゃこれとっときな」と姉はアッシュにお金を渡し、仕事へといくのでした。

そんな様子をナナミは観察していました。

「どう?やるでしょ、秒速で五千円稼ぐ男!たろちゃんの仕事じゃ絶対無理だからね?姉ちゃん商社勤めのバリキャリだからさ、結構気前良くてちょくちょくお小遣いくれんの!」とアッシュは言います。

「ほほーう。お料理上手なんですね。ちょっと見直しました」とナナミは言います。

「ちなみに女の子うけするメニューしか作れないよ。カフェで働いてた時に覚えたスキルだからおしゃれメニューばっかなんだよね~」とアッシュは言います。

「働いてたんですね!どれくらいですか?」というナナミに「まぁ、半年ちょっと?」というアッシュ。

もったいないですね、というナナミ。ナナミですが、アッシュは気にしていないようでした。

そして・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「世界で一番、俺が〇〇」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「世界で一番、俺が〇〇」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「世界で一番、俺が〇〇」と検索!

スポンサーリンク

世界で一番、俺が〇〇の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では三人の中のアッシュがストーリーの主人公になっており、アッシュが好きな人にとってはとても面白い話だったのではないでしょうか。

この作品は三人の主人公がいて、どのキャラも面白く魅力あるキャラクターとなっています。

これからいったいどう不幸になっていくのか、そして結末はいったいどうなっていくのか、今から気になって目が離せませんね。

そんな世界で一番、俺が○○という作品は、青年漫画が好きな人や、人間ドラマものが好きな人、水城せとな先生の作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「世界で一番、俺が〇〇」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「世界で一番、俺が〇〇」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「世界で一番、俺が〇〇」と検索!

スポンサーリンク

世界で一番、俺が〇〇の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ