世界で一番、俺が〇〇の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

世界で一番、俺が〇〇1巻の無料立ち読みはコチラ!?

世界で一番、俺が〇〇とは?

世界で一番、俺が○○とは、水城せとな先生の作品です。

あるところで、幼なじみのイマドキ男子3人が我が身の不幸を嘆いています。

そんな時、突然風変わりな美女が現れました。

「セカイ」という組織のエージェントを名乗る彼女に誘われ、3人は「300日後、3人の中で最も不幸になった者はどんな願いも叶う」というゲームへの参加を決めます。

『失恋ショコラティエ』『脳内ポイズンベリー』の水城せとながキレッキレの台詞で描く、友情・嫉妬・悪意……。

さまざまな感情をあざなう300日のゲームが今始まります。

そんな世界で一番、俺が○○という作品は、青年漫画が好きな人や、人間ドラマものが好きな人、水城せとな先生の作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「世界で一番、俺が〇〇」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「世界で一番、俺が〇〇」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「世界で一番、俺が〇〇」と検索!

スポンサーリンク

世界で一番、俺が〇〇のあらすじ(1巻前半)

どこかのビルの屋上で歌を口ずさんでいる女性が一人います。

その女性は、聞こえる、聞こえるぞ…、不幸に嘆くつぶやきが、と言っているのでした。

場面は変わって、三人の男たちが話をしています。

そのうちの一人、アッシュはあそこは俺の居場所じゃなかったんだよね、あの絵の具の色にうまく染まれるほど俺器用じゃなかったんだなって…、と言っています。

しかし、その実態は、ようするにコンビニのバイトをやめた、ということのようでした。

過剰にかっこつけた言い訳はもういい、いつになったら定職につくんだお前は、と言われているアッシュ。

コンビニのバイトくらいできるって断言してたのに、もうやめちゃったの、と言われているアッシュ。

アッシュは10代の頃はキラキラに輝いており、誰もがアッシュの将来はミュージシャンや俳優になるだろうといっていたほど、イケメンで将来有望視されていました。

そんな期待の波に飲まれたアッシュはいまだに定職につかず、ふらふらしています。

それを嘆く幼馴染の柊吾とたろ。

柊吾は今や外資系の企業に勤め、高額納税者、たろは定職につき日々働いているようでした。

そして・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「世界で一番、俺が〇〇」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「世界で一番、俺が〇〇」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「世界で一番、俺が〇〇」と検索!

世界で一番、俺が〇〇の濃いネタバレ(1巻前半)

柊吾は柊吾で、お金持ちになった今、周りの目が怖いと嘆いています。

「結局さ、たろみたいに日常的な幸せに包まれて生きていけるのが最高だよな」というアッシュに「あーそれほんとそう思う」という柊吾。

「え、なにいってんの!俺アッシュみたいなイケメンに生まれたかったし、柊吾みたいに頭よく生まれたかったよ。俺にはなんにもないし…」というたろ。

「いい家族がいるじゃん、俺たろんちのお母さん大好きよ。」というアッシュに「おれもー!」という柊吾。

「いや、そーゆーのじゃなくない?」と汗を垂らすたろ。

「たろによって来る女はたろ自身を好きになってくれた女だぞ?絶対金目当てじゃない!」「顔目当てでもない!」というアッシュと柊吾。

「そ、そうかもしれないけど、なんかうれしくないような…」というたろ。

「俺だってなんか特別な人間になりたかったよ。人からすげーとか言われたり、女の子からもてたりしたいよ。俺なんてさ、ただ毎日仕事に追われてさ、家に何日も帰れなくてさ、ボーナスも出なくてさ。眠気と納期と心の闇がじりじりせまってくるのとひたすら戦ってさ。今日も久しぶりにシャワー浴びてここにきてさ、こうやって二人と笑ってられる時間が貴重な人間タイムでさ…」と言いながら涙をにじませるたろ。

「よしよし、死ぬなよたろ」「そーだよたろちゃんがいなくなったら俺と柊吾の二人になっちゃう。」という柊吾とアッシュ。

さらに、「無職の吟遊詩人と金の亡者の二人っきりでつるむとか、ギスギスしすぎて笑えないって!」「金の亡者言うな!でもたろが癒しなのは本当だからな」といっています。

「癒し系って言われるよりもてたい…」というたろに「もてはもういいから職につきたい…」というアッシュに「外敵のいない心安らぐ平穏な人生がほしい…」という柊吾。

「なるほどーでは皆さんの中で一番不幸なのは誰なのか決めませんか?」

と、いきなり現れて言う、女性。

そんな女性に驚きつつも、柊吾は冷静に言います。

「一番不幸なのは客観的に見て俺だろ。真面目にがんばってきただけなのに理不尽な憎悪を向けられてるって点でな。なに?アッシュの連れ?」とその女性にいう柊吾。

「えー?一番不幸は俺に決まってんじゃん!も、見ればわかるでしょー。アッシュの新彼女?めっちゃかわいいじゃん!なんか今までとタイプ違うっぽいけど」というたろ。

「一番不幸は…」と言って黙るアッシュ。

「そーなの!彼女に出会った瞬間わかったんだよね!結婚したいのはこういう子だって!…とかいって、えーと初対面だよね?なんか飲む?彼氏いる?」というアッシュ。

「うぜえ、くどいパフォーマンスはもういってアッシュ。で、だれよあんた」という柊吾。

「突然失礼いたしました。わたくし、こういうものです」といって名刺を出すその女性。

そこには公務法人セカイ、エージェント773号と書いてありました。

「なにこの怪しさ満点の名刺…」という柊吾は・・・?

そして・・・。

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「世界で一番、俺が〇〇」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「世界で一番、俺が〇〇」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「世界で一番、俺が〇〇」と検索!

スポンサーリンク

世界で一番、俺が〇〇の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、これから巻き起こる300日のゲームの序章が描かれていて、三人のおかれている状況などがよくわかって面白かったですね。

三人それぞれかなり個性的であり、いったいこれからどんな風になっていくのか、目が離せないなぁと感じました。

それにしても、三人は仲がよさそうなのがいいですね。

果たしてセカイとはなんなのか、そして、誰が一番○○なのか、結末が気になってどんどん先を読んでしまいます。

そんな世界で一番、俺が○○という作品は、青年漫画が好きな人や、人間ドラマものが好きな人、水城せとな先生の作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「世界で一番、俺が〇〇」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「世界で一番、俺が〇〇」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「世界で一番、俺が〇〇」と検索!

スポンサーリンク

世界で一番、俺が〇〇の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ