BOX~箱の中に何かいる~の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

BOX~箱の中に何かいる~1巻の無料立ち読みはコチラ!?

BOX~箱の中に何かいる~とは?

BOX~箱の中に何かいる~とは、諸星大二郎先生の作品です。

差出人不明で届いた「パズル」とチケットに導かれるように、奇妙な四角い館に集まった7人の人間がいました。

興味本位で来たという謎の女も加わり、中に入った彼らを待ち受けていたのは人形のような美少女と、想像を絶する迷宮。

パズルを解かなければ出られないというその謎のチャレンジを、7人は遂行していきます。

解けば、体の一部が消えるその驚きのパズルに戸惑う7人。

彼らは脱出できるのか? そして「招待主」は何者なのか?

幻想漫画の巨匠が仕掛ける状況限定(ソリッド・シチュエーション)型サバイバルホラーが今始まります。

そんなBOX~箱の中に何かいる~は、ミステリーサスペンスが好きな人や、諸星先生の作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「BOX~箱の中に何かいる~」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「BOX~箱の中に何かいる~」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「箱の中に何かいる」と検索!

スポンサーリンク

BOX~箱の中に何かいる~のあらすじ(1巻前半)

ある日、全然覚えのない小包が届きました。

送り主の名前もありません。

送られたその男は、その箱をよく観察します。

その箱は箱根細工といい、開け方がパズルになっているというものでした。

さらにその中に招待状が入っていることに気づく、その男。

内容も場所も書いていないその招待状、だれがいったい送ってきたのか、不思議に思うその男、光二。

宛先は光二になっていますが、何か覚えがないかと自分の母親に聞いてみる光二。

すると、兄の秀一宛のものじゃないかと的外れなことを言うその母親。

光二の母親は、兄の秀一が死んでから少しボケているようでした。

そして・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「BOX~箱の中に何かいる~」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「BOX~箱の中に何かいる~」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「箱の中に何かいる」と検索!

BOX~箱の中に何かいる~の濃いネタバレ(1巻前半)

「あ…?そんなわけないだろ、なんで兄貴宛の小包が今頃届くんだよ。」と呆れる光二でしたが、「でも…もしかして…」とすがる母親に、じゃあやるよ、とその箱根細工を渡すのでした。

秀一が死んでから、秀一の部屋をそのままにしていたりと、まだ秀一の死を認められない光二の母親。

何かと秀一につながりそうなものにはすがっているようでした。

光二よりも出来が良かった秀一は、光二よりも広い部屋にいました。

その部屋を明け渡せ、とは言えない光二はやるせない気持ちを抱えたままなのです。

光二の父親も態度には出してないが、優秀な秀一が死んでからがっかりしているようでした。

「父さん、俺の名前で通販買ってたりしないよな?」と箱根細工について聞く光二ですが、「ああ?俺は通販なんかしたことないぞ」というその父親。

確かに光二の父親はパソコンだって家では使わない人でした。

箱根細工については結局何もわからず、光二は学校へと向かいます。

家から学校まで15分くらい歩く道のり。

途中公園もあったりして快適な道で、通学も気に入っている光二。

「あ、危ない!」といきなり言われて止まる光二。

ゴトッと双眼鏡が落ちてきます。

「悪いけどそれ拾ってくれる~?」という木に登った女性。

「?拾ったよ」という光二の手には双眼鏡があります。

「じゃあ投げて」とむちゃくちゃなことを言うその女性。

木の上めがけて双眼鏡を投げろというのです。

いわれる通り投げて、渡す光二。

「あんた何してんの?」と当然の疑問を言う光二に、「のぞきにきまってるでしょ!あ、あれ君の通ってる学校ね。」というその女性。

「俺の学校覗いてんのかよ」

「よく見えるわ、君の教室どこ?」

「知らないよ。三階の真ん中辺だろ。」

と、二人は会話をしています。

「西側になるのかな?三階のはしっこって何があるの?」

「三階の端?あそこは確か美術室だったな。」

「ふうん、ところで校門がしめられかけてるわよ。君遅刻するわよ。」と言われてハッとする光二は、急いで学校に向かうのでした。

学校についてふとカバンをみると、なぜか箱根細工が入っています。

学校の窓からふと公園を見ると、あの女性がまだいるのかな、なんて気になっている光二でした。

せっかくなので、箱根細工をあけるようやってみる光二。

かちっと音がして、箱が開きます。

すると、中から何か気体のようなものが出てくるのでした。

急に地震が起こる教室。

ガシャン、と大きな音がします。

「美術室で大きな音がしたぞ!!」といい、行ってみよう、となるクラスメイトたち。

光二も行ってみることにします。

その美術室は廊下の突き当りにあって校舎の幅いっぱいが教室になっています。

そのため、南北の壁が両方とも窓になっているのですが、なんとその窓がすべて破壊されていました。

まるで巨大な何かが窓を突き破って通ったかのような惨状に、興奮するクラスメイト達。

「うわ、すげー!突き通しになってる!!」と叫んでいます。

窓から窓へ何かが猛烈な勢いで通り過ぎていったかのような様子の教室。

あの公園の木だ、と直感で考えた光二は・・・?

そして・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「BOX~箱の中に何かいる~」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「BOX~箱の中に何かいる~」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「箱の中に何かいる」と検索!

スポンサーリンク

BOX~箱の中に何かいる~の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、光二に謎の箱根細工が届くところが描かれていたのですが、家に置いてきたはずのパズルがカバンに入っているというのが、まるで呪われている道具のようで、ゾッとしますね。

これから巻き起こる大事件のことを彷彿させるようで、序盤も結構ワクワクしながら読むことができました。

ここからどのような展開になるのか、今から楽しみで、早く次が読みたくなりますね。

そんなBOX~箱の中に何かいる~は、ミステリーサスペンスが好きな人や、諸星先生の作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「BOX~箱の中に何かいる~」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「BOX~箱の中に何かいる~」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「箱の中に何かいる」と検索!

スポンサーリンク

BOX~箱の中に何かいる~の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ