ラララ(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

ラララ1巻の無料立ち読みはコチラ!?

ラララ(漫画)とは?

ラララとは、金田一連十郎先生の作品です。

自宅ではいつもおっぱい丸出し素っ裸状態の石村アイという女性がいました。

バーで酔っ払っていた、リストラされて絶望中の桐島という男性に、ある日石村は声をかけます。

石村はその場の勢いである契約書にサインをさせます。

さらに、その翌日いきなりまた違う書類にサインをさせようとするのですが、そのわけとは…?

衝撃のストーリーが、いま始まります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「ラララ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「ラララ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「ラララ」と検索!

スポンサーリンク

ラララ(漫画)のあらすじ(1巻前半)

平日、会社員なら昼休みも終わって、早く会話終わらないかな、なんて思いながら仕事に勤しむ時間帯です。

桐島士朗24歳は、そんな時間帯に公園でのほほんとしています。

それは、桐島はリストラさせられてしまったからです。

会社側としても申し訳ないと思っているんだ、最近の不況の波でいろんな面で縮小をせざるを得ない、だから来月いっぱいで退社してほしい、と言われる桐島。

そうして彼女にも振られてしまう桐島は、友人とバーでお酒を飲んでいます。

失業保険も今月で終わってしまうんだな、と友人に呆れられています。

桐島は、好きでリストラされたわけでもないのに、ありえないんだけど、と言って振ってきた彼女に絶望し泣いています。

こっちがありえねーよ、なにこの手のひら返し~、と叫んでいますが、その話は10回目やで、と友人も呆れています。

本当、女は気楽でいいよなぁ、結局男に寄生して永久就職寿退社~、なんだからよ、と桐島は言っています。

すると・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「ラララ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「ラララ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「ラララ」と検索!

ラララ(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)

「ま~な~、大きな声じゃいえんけども、将来的に背負う比重は男と女は段違いやわな、そら墓場いわれるわ」と桐島の友人菊池も言います。

「んじゃ、そろそろ俺帰るわ~」と菊池は帰ってしまいます。

「え!もう帰るの!?いやだよぉ、菊池まで俺を捨てる気なの!」と言うも、「気色の悪いこと言うな、俺は明日仕事なんやぞ、無職のお前と違ってな」と菊池は言います。

「元気づけにきたのに去り際にそういうこと言うのどうかと思うな俺」と桐島は言います。

「ほら、ここまでは俺がおどったるから」と言って菊池は帰ってしまいました。

「は~、もうちょっと飲んでいくか」と桐島は一人で飲むことにしています。

そんな桐島に、「私がキープしていたボトルなんだが、一緒に飲まないか?」と言ってお酒を渡してくる女性。

美人なその女性を見て、嬉しくなる桐島。

「急にすまないね、向かいのカウンターで飲んでたんだが話が聞こえてしまって。」というその女性。

「すみませんねお酒の席で景気悪い話聞かせちゃって」と照れ臭そうに言う桐島。

「ふん、最近はどこでも景気のいい話なんか聞かないからな」と言う女性。

「私は石村アイ」と自己紹介をする石村。

「それでだ、今仕事してないのなら私のところで働かないか?」と石村は桐島に言います。

「もしかして石村さんは社長さん!?」と桐島は目を輝かせます。

「うーん、まぁそんなところか?働きようによってはいくらでも自分の時間が作れて、自由にだらだらできる仕事だ」と石村は言います。

「えーそんなおいしい仕事あるんですか~!怪しいなぁ」とヘラヘラしている桐島。

美人の石村に誘われるがまま、契約書にサインをしてしまう桐島。

まぁやることないし、失業保険もなくなるしで仕事探す手間省けたと思えば、いいよね、と桐島は考えています。

「じゃ、明日からお願いするよ」といって石村との宴は終わりました。

翌日、言われた通り石村の家へと行く桐島。

「ここが職場?住所ここであってるよな?本当に会社なのか、ここ。表札も普通だし…」と言っている桐島。

目の前には石村の大きな家があります。

インターフォンを押しても、返答はなく、もらった鍵を使って中へと入ります。

「おぉ、ずいぶんごちゃごちゃしてんなぁ」と思わずつぶやいてしまうほど部屋は汚い部屋でした。

「よー」と出てきた石村は、なんと全裸でした。

「すみません!!!」と、そんな石村から目をそらす桐島。

「あ、インターフォン反応なかったから…」という桐島に「新聞の勧誘とか面倒だからインターフォンは無視してるんだ。リストラされたって話だからどんな使えないやつかと思ったが遅刻はしないみたいじゃないか」と石村は言います。

「その辺適当にものどけて座ってくれ」と石村は言います。

「はい、ていうかあの、服着ないんですか?」という桐島に「気にするな。私は自宅じゃこれがデフォルトなんだ、慣れてくれ。」という石村。

「え、ここ会社じゃないんですか!?」と驚く桐島に「まぁ会社ではないが桐島くんの職場はここだ。主な仕事は私が仕事で出ている間の家の管理、炊事洗濯掃除もろもろ…」という石村。

「当面の経費はこの通帳から出して使ってくれ」と通帳を気軽に桐島に渡す石村。

おろおろする桐島。

「それってつまり、俺、ハウスキーパーとして雇われたんですか!?」と言います。

「おいおい、昨日そんなに飲んでたのか、桐島くん!」と、石村はあきれています。

「何にサインしたのか思い出せよ」と言われて桐島は思い出します。

果たして、桐島がサインしたものとは・・・?

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「ラララ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「ラララ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「ラララ」と検索!

スポンサーリンク

ラララ(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、桐島がある契約書にサインをしてしまったということで、現実にあったらかなり衝撃的なことだなぁ、と読んでいて驚きました。

とはいえ、まだまだ序盤ですから、これがいったいどんな展開につながっていくのか、それ次第で面白くなってくる作品だなと感じましたね。

家の中では全裸、という女性は結構多いといいますから、そういった女性は共感できて面白いんじゃないでしょうか。

そんなラララという作品は、人間ドラマものが好きな人や、恋愛ものが好きな人、リアリティのある話が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「ラララ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「ラララ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「ラララ」と検索!

スポンサーリンク

ラララ(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ