美醜の大地の濃いネタバレ(第3話)私は特別!あらすじや感想も!無料

美醜の大地とは?

美醜の大地とは、著者藤森治見先生、 発行ぶんか社、 レディースコミックのミステリー・サスペンスに分類される作品です。

また、あの人気シリーズ「ストーリーな女たち」でもあります。

いじめによって家族を奪われた女が別人に生まれ変わり、地獄の復讐に身を投じる今回の作品。

昭和20年、太平洋戦争が終わりかけていた時代、樺太(からふと)で生まれ育った少女・市村ハナは、醜い容姿のため女学校で凄惨ないじめを受けていました。

いじめのリーダー格は大会社の令嬢・高島津絢子という女です。

彼女によって泥棒の濡れ衣を着せられたハナは、退学に追い込まれてしまうのですが…?

今ここに、復讐の物語がはじまります。

そんな美醜の大地はミステリーサスペンスが好きな人や、ストーリーな女たちシリーズのファンの方におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「美醜の大地」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「美醜の大地」と検索!

スポンサーリンク

美醜の大地のあらすじ(第3話)

や、やめて、スミ子さん、と言っているのは女学生時代のハナ。

なんでよ、その不細工な顔を綺麗にしてやろうってのに、というスミ子。

ハサミをもってハナの顔を傷つけるスミ子は容赦がありません。

ねえハナ、よくあんたそんな顔で生きていけるわね、と言ってにやついているスミ子でした。

場面は変わって、現在の北海道函館市。

現在のスミ子は、なぜかハナのことを思い出していました。

なんで今更あいつのことなんか思い出しているんだろう、とスミ子は不思議に思っています。

ハナの乗った船が沈み、ハナが死んだと聞いていたスミ子はでしたが、追い出した自分たちのせいで死んだわけじゃないし、とスミ子は悪びれる様子もありません。

あれきりみんなとは一度も会っていないな、と思い出しているスミ子。

家族四人で狭い家に住むのが嫌で、スミ子は一人函館へと渡り、生きていました。

そして・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「美醜の大地」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「美醜の大地」と検索!

美醜の大地の濃いネタバレ(第3話)

「いらっしゃいませ」とニコリと笑うスミ子に「ね、ねえきみ名前は?」と群がる男たち。

「すごく美人だね!」と言われているスミ子は、内心では当然よ、と思っています。

凡庸な女たちの妬みやひがみなど気にならない、美しさを生まれ持った人間は天に選ばれた存在なのだ、私は特別なのだ、とスミ子は言います。

「あ、お疲れ様ですスミ子さん」と言う、整形して別人になったハナ。

「あ、なほこさんお疲れさま。」と、スミ子はハナに言います。

当然、なほこの正体がハナだとは思ってもいないスミ子。

「すごいわねあなた、常連客からの人気うなぎのぼりよ。うかうかしてたら私負けちゃいそう」と笑うスミ子。

「そんな…私なんて…」とハナは謙遜しています。

面白くはないけれど、なほこには男たちにもてて美しいから、その資格がある、と認めている様子のスミ子でした。

「いらっしゃいませー」と笑顔のスミ子に「やぁスミ子ちゃん、今日も会いに来たよ」と男たちは言います。

「これ、こないだ君がほしがってた腕時計!」と、スミ子に物を貢ぐ男たち。

「ほかにはどんなものがほしいんだい!?」と身を乗り出して聞く男たちに「そういえば駅前のデパートで新作の香水が発売になるって聞いたの。どんな素敵な香りがするのかしら?」とスミ子は自然におねだりをしています。

なんでも手に入れられる、娼婦のように身を削らなくてもこうして笑顔でいれば…、とスミ子は今の暮らしに満足しているようでした。

そんなある日、中川というとても不気味な客がやってきます。

スミ子はひきつった笑顔で接客するのでした。

不細工な男は苦手だ、とスミ子は言います。

帰宅すると、家に香水が届いていました。

その送り主は中川。

気持ち悪いと考えたスミ子はそれをゴミ箱に捨てます。

その翌日。

あぁ、今日も来てる…と中川を見て落ち込むスミ子でした。

その一方で、スミ子は議員秘書とデートをしています。

議員秘書なら悪くないわね、と満足気なスミ子。

帰宅すると、中川から手紙が届いていました。

その内容は、四六時中スミ子を見ていないとわからないようなことばかりが書いてあり、手紙を読んだスミ子はとても気分が悪くなります。

「今夜のデートのことは誰にも言ってないのに…。相手のことも食事した料亭もネックレスのことまで…?ずっとつけられてたの!?そしてこの手紙をついさっきここに…」と言ってドアの前を見るスミ子。

外を見ても誰もいません。

どんどん追い詰められていくスミ子。

「どうしたのスミ子さん、ひどい顔色だわ!」とハナは言います。

「なほこさん…、な、なんでもないの…」というスミ子。

「あの…これ…。ごめんなさい、つい見てしまって。でもスミ子さんが誰かにつきまとわれてるんじゃないかと思って心配で…」というハナに、スミ子はついに泣き出し、感情を吐露します。

そして・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「美醜の大地」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「美醜の大地」と検索!

スポンサーリンク

美醜の大地の濃いネタバレ(第4話)情け無用!あらすじや感想も!はコチラ!?

美醜の大地の濃いネタバレ(第1話泥棒女前半)復讐のために顔を捨てた女!あらすじや感想も!はコチラ!?

美醜の大地の濃いネタバレ(第1話泥棒女後半)復讐のために顔を捨てた女!あらすじや感想も!はコチラ!?

美醜の大地の濃いネタバレ(第2話)罪の記憶!あらすじや感想も!はコチラ!?

美醜の大地のネタバレ!サチの末路と復讐のされ方がヤバイ!はコチラ!?

美醜の大地のネタバレ!絢子が周りに隠している性癖がヤバイ!はコチラ!?

美醜の大地のネタバレ!百子の性に狂って壊される最後がヤバイ!はコチラ!?

感想

今回の話ではハナがさらに復讐を続けていて、またその手口が毎回違っていて新鮮な気持ちで楽しめましたね。

それにしても、このスミ子という女は絵に描いたような嫌な女で、そんな登場人物が復讐される様は、読んでいて胸がスカッとしました。

単純な復讐話とは違っていて、ミステリーな雰囲気もある作品ですから、ミステリーが好きな方にもおすすめできる作品だと思います。

そんな美醜の大地という作品はミステリーサスペンスが好きな人や、ストーリーな女たちシリーズのファンの方におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「美醜の大地」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「美醜の大地」と検索!

スポンサーリンク

美醜の大地の濃いネタバレ(第4話)情け無用!あらすじや感想も!はコチラ!?

美醜の大地の濃いネタバレ(第1話泥棒女前半)復讐のために顔を捨てた女!あらすじや感想も!はコチラ!?

美醜の大地の濃いネタバレ(第1話泥棒女後半)復讐のために顔を捨てた女!あらすじや感想も!はコチラ!?

美醜の大地の濃いネタバレ(第2話)罪の記憶!あらすじや感想も!はコチラ!?

美醜の大地のネタバレ!サチの末路と復讐のされ方がヤバイ!はコチラ!?

美醜の大地のネタバレ!絢子が周りに隠している性癖がヤバイ!はコチラ!?

美醜の大地のネタバレ!百子の性に狂って壊される最後がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ