怨ノ介Fの佩刀人の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

怨ノ介Fの佩刀人1巻の無料立ち読みはコチラ!?

怨ノ介Fの佩刀人とは?

怨ノ介Fの佩刀人とは、玉井雪雄先生の作品です。

あるところに、怨念によって磨かれた日本刀を冥府魔刀と呼ぶ世界がありました。

ある日、巨大な「怨み」の念を抱いたまま命果てる寸前であった怨ノ介(うらみのすけ)の前に、冥府魔刀・不破刀と刀の化身である謎の魔女が現れます。

魔女が言うには、その刀で人を斬り殺せば、相手の寿命を奪い、若返ることができるといいます。

もと一国の主だった怨ノ介(うらみのすけ)は、六十年前に親友の多々羅玄地に裏切られその座を失い、浪々の身となっていました。

魔刀の力を得た怨ノ介は、美しき魔女とともに、六十年前の怨みを晴らす旅へと出ます。

怨恨、陰謀、若返りに地獄、そして魔刀…。

鬼才が描く、日本刀をめぐる前代未聞の復讐劇が今始まります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「怨ノ介Fの佩刀人」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「怨ノ介Fの佩刀人」と検索!

スポンサーリンク

怨ノ介Fの佩刀人のあらすじ(1巻前半)

寛政年間、ここは奥州街道・武蔵国あたり。

主人公の怨ノ介は、ある日、謎の僧侶に託された魔刀を使い、復讐の旅に出るいことになりました。

その中で、同じく魔刀を持つものと戦い、勝利する怨ノ介。

怨ノ介の持つ魔刀は不破刀と呼ばれる美女の魔刀であり、不破刀は相手の魔刀を食べてしまいました。

怨ノ介は持ち主を斬り、そのものの寿命を吸います。

しかし、寿命を吸って若返っても、早ければ三日ほどでもとに戻ってしまうということで、斬り続けなくてはならないことを悟る怨ノ介でした。

怨ノ介は自分を貶めた多々羅玄地という古い友人に復讐を果たすべく、不破刀と協力してい生き抜くことを決意します。

しかし、いろんな魔刀と対峙する中で、自分に剣の腕がなさすぎることに気付いた怨ノ介は、剣を習うことにするのですが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「怨ノ介Fの佩刀人」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「怨ノ介Fの佩刀人」と検索!

怨ノ介Fの佩刀人の濃いネタバレ(1巻前半)

ここは山城の国小栗栖付近。

竹林の中を走っている老人はとても焦った顔をしています。

「ここも…ここにも…!終わりだ!!何もかも…!!!これで…この村は滅びる・・!!!」と言っています。

「花…。竹ノ花が咲いたら、終わりだーーー!!!」と言い、倒れてしまいました。

竹は60~120年の周期で開花し、その後、周囲の竹林が枯れて消失する竹ノ花の開花は竹の死病ともいわれ、古来、不吉の前兆として知られています。

一方、竹相手に剣の練習をしている怨ノ介。

「竹刀みたいに当てれば勝ちじゃないんだから、そんなんじゃ怨敵を討つなんて来世になってもできないよ!!」という不破刀。

「不破刀、お前に使われているだけでは命がいくつあっても足りん!」という怨ノ介。

「え?なになに、使われてるってなに?」という不破刀に「だってそうだろ、お前が刀を食いたいがためだろう、魔刀狩りは。」という怨ノ介。

「だったら女でも子供でもきりまくって寿命をもらいなさいよ!それが嫌だって言ったのはアルジだろう!!」という不破刀。

「無論だ!そんなことしてまで生き延びたくないわ!!」という怨ノ介。

「わかったわよ!勝手にすれば!!でもね、今から相手にする魔刀は今までのとはけた違いだからね!!何しろ日本一の覇王の恨みがこもった魔刀だから!!」という不破刀。

「なに!なんだそれ!!」という怨ノ介ですが、もう知らない、といって不破刀は去ってしまいます。

「まったく、ここまできてへそを曲げおって。」という怨ノ介。

もうここは山城国、昔怨ノ介が藩主だったころ、京に遊びに出るのが数少ない楽しみでした。

そんなときの思い出を振り返り、懐かしいなと言っている怨ノ介。

「だが、あいつがいないと魔刀を探そうにもどうにもならんじゃないか!わかった、不破刀、わしが言い過ぎた!どうせわしらは一蓮托生だ。」といったところで、不破刀は「アルジ」と言います。

「わかっておる。何人だ!?」と誰かに狙われていることはわかっていた怨ノ介。

しかし、その人数は予想をはるかに超える、30人でした。

焦る怨ノ介。

いきなりやられてしまいます。

「そりゃ、、無理だ…」と倒れながら怨ノ介はいうのでした。

怨ノ介を襲った集団が話をしています。

「ちょっとまて、しょうや様にきかんでええのか?」

「田舎の浪人やろ!やってまえ!!」

「桔梗藪に入ったものは二度と出てこれへんちゅう掟や!!」

と、それぞれ話しています。

そして、怨ノ介はどこかへ連れていかれます。

目を覚ます怨ノ介でしたが、不破刀がなく、身ぐるみをすべてはがされています。

すると、一人の男が部屋へと入ってきます。

「先ほどは村の者がとんだことをしでかしまして、申し訳ありません…」という中村という男。

服を着て、怨ノ介は話を聞きます。

なんと、怨ノ介が入ったあの場所は桔梗藪と呼ばれ、立ち入りを禁じられている場所ということで、常に監視のものがいるということでした。

禁忌を破った怨ノ介を集団で襲ったそうでした。

しかし、いったいなぜこの桔梗藪が禁忌の場所となってしまったのか、そこには驚きの理由がありました・・・。

(この後衝撃の事実が判明します。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「怨ノ介Fの佩刀人」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「怨ノ介Fの佩刀人」と検索!

スポンサーリンク

怨ノ介Fの佩刀人の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話でも、怨ノ介と不破刀の旅が描かれており、魔刀探しの旅は見ていて面白かったですね。

ですがまだまだ物語は序盤であり、ちょっと情けない怨ノ介が一体これから怨どうなっていくのかなど、気になることはたくさんあります。

それにしても、この作品は時代劇ものでもありますから、独特な雰囲気は現代と違った印象があり、面白いですね。

そんな怨ノ介Fの佩刀人という作品は、時代劇ものが好きな人や、美しい女性が出てくるような話が好きな人、アクションものが好きな人にはたまらない作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「怨ノ介Fの佩刀人」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「怨ノ介Fの佩刀人」と検索!

スポンサーリンク

怨ノ介Fの佩刀人の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ