みだりにみだらな黒雪姫の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

みだりにみだらな黒雪姫1巻の無料立ち読みはコチラ!?

みだりにみだらな黒雪姫onlineとは?

みだりにみだらな黒雪姫onlineは、うずみ&もこ先生の作品です。

エブリスタ『青年部門』&『セクシー部門』ランキング1位をとったこの作品。

ジャンルはハジける中二病みだラブコメという独自のジャンルです。

白河さんは学園でも有名な美少女。

あまりにクールで近づきがたいため、ついたあだ名は「白雪姫」。

でも僕(透)は知ってしまった。

彼女が中二病のスゴ腕狩りゲーマー「灼黒姫クリエムヒルト」で、実はドMのヘンタイだってことを……!

今、中二病全開美少女とのちょっとエッチな恋物語が始まります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「みだりにみだらな黒雪姫」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「みだりにみだらな黒雪姫」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「みだりにみだらな黒雪姫」と検索!

スポンサーリンク

みだりにみだらな黒雪姫onlineのあらすじ(1巻前半)

場面は何かのオンラインゲーム。

巨大なモンスターを前に、全く臆さず、次々と攻撃を決めていく女性プレイヤーがいます。

その後ろで、さすがです、と褒めちぎっている男性プレイヤー二人。

次のプレイまでにわたしにハチミツ50個献上しなさい、といってログアウトする女性キャラ、クリエムヒルト。

そのプレイを見ていた一人の男性プレイヤー、透は思わず、相変わらずやりたい放題だなぁ、とつぶやきます。

透曰く、透のキャラクターはなぜかクリエムヒルトに気に入られていて、毎回誘われるという事でした。

透はクリエムヒルトの中身はきっとドエスのおっさんなのだろうと思うのですが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「みだりにみだらな黒雪姫」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「みだりにみだらな黒雪姫」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「みだりにみだらな黒雪姫」と検索!

みだりにみだらな黒雪姫onlineの濃いネタバレ(1巻前半)

ここは桜が峰高校。

透が通う高校で、全寮制の全国でもなかなかの進学校です。

そんな高校に運よく入れた透は、どこにでもいる普通の男子高校生です。

透に対して、あまりに目立つ女子高生、その名も白河雪音。

誰もが振り返るほどの美少女です。

そんな白河にぶつかってしまった透。

すると、「無様。ごめんなさい、存在が小さすぎて気づかなかったわ。」といって去っていく白河。

そう、彼女は美少女ですが、あまりにも人に対して冷たい、氷の女王だったのです。

残念な美人だなぁ…、と去っていく白河の背中を見ながら思う透。

ふと足元を見ると、白河がポーチを忘れている事に気づきます。

返しそびれた透はそのポーチを見てみると、中にはゲーム機が入っていました。

その中に入っていたソフトは、透が昨日やっていたモンスターパンツァーというソフトです。

恐る恐るデータを確認してみると、なんとそのキャラクターはあの傍若無人なキャラクター、クリエムヒルトでした。

その時、コンコン、と窓から音がします。

窓の方を見ると、白河が窓を叩いていました。

「え!白河さん?!ここ2階だけど?!」と驚く透に「わたしのポーチ盗んだわね。」という白河。

「今日のわたしのミスはあなたと接触したこと…!」といい白河は近づいてきます。

「だからあなたと確信していたの。返しなさい、このネズミが!!」という白河に、あのキャラクタークリエムヒルトの面影を見た透は、やはりこの人がクリエムヒルトの中身だったんだと確信します。

こんなすました顔して実は中二病で、そんなキャラクターを使っていたのかと思うと、思わず透は吹き出してしまいます。

「さっさと返しなさい、小市民!知ってる?どこかの国では窃盗は重罪で手首を切られるのよ…。切ってあげましょうか?」といいながらどこからか双剣を取り出す白河。

「そ、それはゲームの双剣?!まさか自作?!」と驚く透。

ち、ちょっとまって、と手を抑える透。

白河はベッドに押し倒されてしまいます。

やばい、このまま悲鳴をあげられたら僕は…と考えた透でしたが、白河は「も、もっとぎゅってして…」とつぶやきます。

予想外の答えに透は考えを巡らせます。

聞いたことがある…、プライドの高い女子は、実はどエムだと。

チヤホヤされ続けてきたことにより、周りを屈服させることに慣れきっているプライド高い系女子は、屈服させられることに異様にドキドキしてしまうのだといいます。

ちょっと実験してみよう、と透は試してみます。

「白河さん、ゲーム機返して欲しい?ならおっぱい見せてよ」と言う透。

ガバッと起き上がる白河に、しまったか、と考える透でしたが、「見せたら返してくれるのね…?」といい乗り気な白河。

「ぼ、ぼくに対する数々の非礼のお詫びとしてそれくらいできないと…ね」という透。

その言葉通りに、白河は行動を開始します。

そうしてちらりとおっぱいを見せる白河でしたが、「それじゃ全然ダメだ!」と強くいう透。

白河はそんな透に興奮し始めます。

その様子を感じる透の要求はますますエスカレートしていくのでした。

やりすぎたかな、と考える透でしたが、逆に白河が興奮しすぎて、おかしくなっていきます。

「はじめてよ…あんたみたいな三下にこんなことされるのは…でも、なんかおかしくなっちゃう」と、白河はいい、透を襲い始めます。

そうして寝てしまう白河。

「な、何が起こったんだ…?あの白河雪音と僕は…?」といい、先ほどまでのことを不思議に思う透。

白河にメガネをかけてあげると、急に頬をぶたれる透。

元々白河はメガネをかけていたのですが、透がベッドに押し倒した時にメガネも外れてしまっていました。

「馴れ馴れしくしないでくれる?ミジンコ風情が!」という白河。

メガネをかけた途端、元のドエスの白河に戻ってしまいます。

「このことは二人だけの秘密にしなさい…?」という白河。

「はいはい、わかったよ。」という透に「今度二回返事したら殺すから」と睨みを効かせる白河。

そして・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「みだりにみだらな黒雪姫」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「みだりにみだらな黒雪姫」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「みだりにみだらな黒雪姫」と検索!

スポンサーリンク

みだりにみだらな黒雪姫の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、白河雪音の変態的な性格が出てきて、こいつは病気なんじゃないかと心配になりましたね。

また、透もなかなかに変態な性格でしたので、まともな登場人物がいない漫画で逆の意味で面白いなぁと思いました。

非現実すぎて、逆に漫画としてしかありえない設定ですから、そういうのが好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

そんなみだりにみだらな黒雪姫onlineという作品は、日常的な漫画よりも非現実的な漫画が好きな人におすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「みだりにみだらな黒雪姫」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「みだりにみだらな黒雪姫」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「みだりにみだらな黒雪姫」と検索!

スポンサーリンク

みだりにみだらな黒雪姫の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ