巨蟲列島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!無料

巨蟲列島2巻の無料立ち読みはコチラ!?

巨蟲列島とは?

巨蟲列島とは、REDICE先生、藤見泰高先生の作品です。

秋田書店より発行されており、分類は青年漫画青年-ミステリー・サスペンスホラー・サスペンス漫画に分類されます。

修学旅行中に旅客機が墜落し、孤島に漂着した女子高生・織部睦美。

しかし、その島は巨大昆虫の巣窟と化していました。

昆虫たちのエサとなった高校生たちは地獄の島から生きて脱出できるか!?

ミステリーでありながらサバイバルでもある、異色の物語が今はじまります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「巨蟲列島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「巨蟲列島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「巨蟲列島」と検索!

スポンサーリンク

巨蟲列島のあらすじ(2巻後半)

突然墜落した飛行機。

どこにでもいる普通の女子高生、睦美は、その飛行機に乗っていたようでした。

睦美は目をさますと辺りの光景に呆然とします。

周りには飛行機の残骸があり、睦美は飛行機が墜落したのだということを認識せざるを得ませんでした。

人の死体もそこにはありました。

パニックに陥る睦美でしたが、山の中での経験を生かし、こういう時こそ冷静でいようと考え、落ち着きを取り戻します。

同級生で同じクラスの松岡に出会った睦美は、二人で初めての食事をとります。

なんとしても生き抜いてやる、と考えた睦美でしたが、この島はとんでもない島でした・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「巨蟲列島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「巨蟲列島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「巨蟲列島」と検索!

巨蟲列島の濃いネタバレ(2巻後半)

「行き先はこの島に残された最後の場所、あそこなら絶対安心です。」といい睦美たちは移動を開始します。

現在の生き残りは、自称リーダー、真美、松岡、甲斐、美玲、睦美、千歳です。

「お前ら!自分が何したのかわかってんのか!!」と松岡はリーダーと美玲を怒っています。

「まぁまぁ…。あんときは誰が寄生虫にやられたのかわかんなかったわけだし。」と苦笑いをするリーダー、反省している様子はありません。

「お前らのせいで白川さんは死んだんだぞ!!」と松岡がいうも、「あいつは虫のせいで死んだんだろ。」とリーダーは言います。

「落ち着いて。そうやって怒鳴っても何も変わらないわ。だから、罰を与えましょう。」という千歳。

「罰だあ?」というのは美玲。

「そう。このまま置いて行くわ。」と千歳は美玲とリーダーを拘束したまま、そう言い放ちます。

千歳はこの二人にあわや殺される、というところでしたから怒るのは当然です。

「な、なぁ。縄は解いてくれるんだろ…?」というリーダーですが、それでは罰にならない、と冷たく言う千歳。

「今回ばかりはかばえないっしょ!」という甲斐。

しかし、「み、みんな待って!」と睦美は言います。

「庇うわけじゃないんだけど、二人がいないと移動する時の陣形が…。」という睦美に、仕方ない、と千歳は二人が同行することを許可します。

拘束は解かないという約束で、なんとか一緒に行くことを許されたリーダーと美玲でした。

「くそう!俺はリーダーだぞ!」というリーダーでしたが、「リーダーは千歳ちゃんにやったもらいたい。」という睦美。

そうして、新リーダーは千歳になります。

「え、えっと。私一人じゃ何もできませんが、皆さんよろしくお願いします。」と千歳は言います。

「では、急ぎましょう!そろそろ移動しないと、虫たちが集まってきてしまいます!」と睦美は言います。

移動を開始する前に、必要物資をかき集めます。

「みなさん、これだけは約束してください。この島のものを生で食べないこと。生で食べるとおそらく、寄生虫に寄生されてしまいます」と睦美は言います。

一人一人に駆虫薬を配り、服用するメンバーたち。

そうして移動を開始した一行。

「私不思議に思ってることがあるの。」という千歳。

虫は進化の過程で、巨大化はしないはずじゃなかったか、と睦美に言います。

睦美は確かに自分もそう思っていたが、現実に今巨大化した昆虫が目の前にいるということで、何か原因があるんじゃないか、と千歳に言います。

そんな時、「きゃー!!」と声が聞こえます。

松岡は素早く声の主の元へ助けに向かいます。

そこには蝶に襲われている二人の女子高生がいました。

「一度戦った相手だ、勝てる!」とヘアスプレーとライターを持って戦う松岡。

見事蝶を退けます。

そこにいた二人は陸上部の鈴木と宮園でした。

他にも生存者がいる、ということで、鈴木の案内で睦美たちは合流しに行きます。

そこにいたのは、青山、桃崎、碓氷、箕輪という生徒たちでした。

「あら、あなたたち。」と出てきたのは、中條という、先生でした。

「先生!」と喜ぶ睦美たちでしたが…?

「なんですか、この上条くんの拘束は」という中條。

上条とは、リーダーのことです。

「これはれっきとしたイジメですよ?!」という中條。

すぐに拘束を解くように言います。

「それより、食料はどこよ!」という桃崎。

「あ!少ないんですけど、これどうぞ!」と上条はみんなの物資を渡してしまいます。

「まぁ!これは!すごいわね」と喜ぶ中條たちに、「もっとあったんですけど、縛られてたんでもってこれなくて…」と上条は言います。

「なぜそんな場所を離れたんですか…?」と中條が言い、その施設に向かおうとします。

「ダメです!今戻ったらヘビトンボたちの餌食になってしまいます!!」という睦美。

「あなたは確か…。睦美さんと言いましたか。なぜ専門家でもないのにそんな言い切れるんですか?」と中條は冷たい目で言います。

「それでもダメです!!」という睦美に「先生に意見するなんて!」と睦美を批難する他のメンバーたち。

そして・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「巨蟲列島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「巨蟲列島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「巨蟲列島」と検索!

スポンサーリンク

巨蟲列島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!ジガバチに刺された人間の最後がヤバイ!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!マダニに吸血された顔とその後がヤバイ!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!アゲハに体液を吸われたその後がヤバイ!はコチラ!?

感想

今回の話では、睦美が自分の知識を活かして無事生き抜き、さらに他のメンバーも少しずつ活躍し始めてきていて、面白かったですね。

飛行機の墜落によって、いきなりサバイバルな極限状態になった主人公の睦美ですが、この主人公の睦美が結構頼もしい存在で、泣くこともありますが心は強くあろうとする姿に、見ていて感動しました。

その分、上条や美玲といったキャラクターがクズすぎて、イライラしますが、さらに今回現れた他のキャラクターもクズなので、さらにイライラが加速しそうですね。

ここから胸がスカッとする展開になってくれるのか、まだまだ目が離せません。

そんなサバイバルが激しいこの作品ですから、サバイバルが好きな人や、また、ミステリーが好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「巨蟲列島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「巨蟲列島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「巨蟲列島」と検索!

スポンサーリンク

巨蟲列島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!ジガバチに刺された人間の最後がヤバイ!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!マダニに吸血された顔とその後がヤバイ!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!アゲハに体液を吸われたその後がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ