巨蟲列島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!無料

巨蟲列島2巻の無料立ち読みはコチラ!?

巨蟲列島とは?

巨蟲列島とは、REDICE先生、藤見泰高先生の作品です。

秋田書店より発行されており、分類は青年漫画青年-ミステリー・サスペンスホラー・サスペンス漫画に分類されます。

修学旅行中に旅客機が墜落し、孤島に漂着した女子高生・織部睦美。

しかし、その島は巨大昆虫の巣窟と化していました。

昆虫たちのエサとなった高校生たちは地獄の島から生きて脱出できるか!?

ミステリーでありながらサバイバルでもある、異色の物語が今はじまります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「巨蟲列島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「巨蟲列島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「巨蟲列島」と検索!

スポンサーリンク

巨蟲列島のあらすじ(2巻前半)

まだ日が昇らないうちに一同は移動を始めました。

疲れてるからもう少し寝かせろというクラスメイトを、今が移動のチャンスだと説得しながら睦美は皆を歩かせます。

話をしながら歩いていると突然、大きな羽音が聞こえました。

怯える一同に、睦美は何か異変を感じたらそこへ松明をむけるよう指示します。

しばらく様子をうかがい、安全が確認できた睦美は先を急ごうと皆を促します。

安心した一同は医療施設へと急ぎます。

アキラの身体に寄生虫が宿ってしまったことを知らずに・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「巨蟲列島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「巨蟲列島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「巨蟲列島」と検索!

巨蟲列島の濃いネタバレ(2巻前半)

一同は医療施設にたどり着きました。

「蟲と遭遇しなきゃ簡単に到着するじゃない!」と喜びます。

医療施設の立派さに美鈴は「すげぇ…想像してた島の診療所とは大違いだ。」と言い「街の病院みたい、ここなら安全だよね。」と真美と白川は喜びます。

一方上条はドアが開かないためイライラし、近くにあった木材でドアを蹴破ろうとします。

木材を振りかぶったその時、突然内側からドアが開きました。

驚く上条と睦美に、甲斐は「壊したら蟲が入っちゃうっしょ。」と注意しました。

上条が「どうやって入った!?」と聞くと甲斐は「あそこが開いてたっすよ。」と答えました。

黙って周りを見渡す睦美に松岡は「何か気になるのか?」と声をかけました。

すると睦美は「この周辺に全く動物の気配を感じない。」と言いますが、松岡に「そんなの後回しだ、早く要るモノを探さないとっ!!」と言われ「お願いします!!」と探しはじめます。

真美と白川は「おっきな水槽…この中にナニが入っていたのかな?」と水槽に触れながら言います。

上条は「アキラを助けるにゃどうすりゃいいんだっ!?早く教えろ!!」と急かします。

睦美が「まずはジガバチの毒を薄め体外に排出させるために生理食塩水を探してください!薬剤室か治療室においてあるはずです。」と言うと上条は「なんとか食塩水って書いてあんのか?アキラ待ってろ!!」と言い走って探しに行きました。

一方甲斐は別のものを探しに施設内をうろつきます。

パソコンを見つけると「へへ…あったあった、バッテリーちゃん…活きててねぇ?。」と言って電源をいれますが「ちっ…ネットが繋がらなかったら意味ナイっしょ。」と言います。

ふと後ろのドアが気になった甲斐は、ドアを開け携帯のライトで下へと続く階段を照らします。

「…虫がいる?大丈夫っしょ。」と言いながら下の部屋を散策し始めました。

甲斐はそこで、とんでもないものを見つけてしまいました。

上条は「食塩水!食塩水っ!!」と言いながら生理食塩水のパックを探します。

そして、たくさん置かれた生理食塩水のパックを見つけだし「おう!虫女あああ!!」と呼びます。

睦美はアキラの処置をし始めました。

その時アキラのこめかみ辺りで寄生虫が動きましたが、誰も気がつきません。

処置を後回しにしている千歳を見ながら「千歳ちゃん、もう少し待ってね…」とつぶやきます。

睦美は注射器をアキラの腕に刺そうとしますがなかなかうまくいきません。

それを見た上条は「早くしろよ!」と怒鳴ります。

睦美が「やり方はわかってるけど、実際に点滴したことないから血管に上手く刺せなくて…」と言うと、上条は「ちっ!使えねぇ女だなっ!!」と言います。

見かねた白川が「わ…私が代わりましょうか…」と申し出ます。

「できるのかっ!?」と聞かれた白川は「家に糖尿病のおばあちゃんがいて…何度も血管注射したことありますから…」と言います。

睦美は白川と交代し、アキラの腕を携帯の明かりで照らします。

ですが携帯では限界があるようで、白川は「もう少し明るくなりませんか。」と言うと、上条は「ちっ…外の方が明るいか?」と言います。

すると突然、施設の電気がつきました。

驚く一同に「どう?明かり点いた?」と誰かが声をかけました。

声の方を見てみると「地下に有った自家発電装置を動かしてきた。」と甲斐が箱を抱えて戻ってきていました。

「無事に出来たと思います。」と言う白川に睦美は「白川さん!ありがとう!!」と言います。

甲斐が箱を開けながら「腹減ってるっしょ?」と言うと美鈴が「おめぇ使えるなっ!!」と言います。

ものすごい勢いで食料を食べる上条たちを見て、松岡が「そろそろやめないか?計画的に食べないと。」と言いますが、甲斐は「大丈夫、大丈夫!食料も発電機の燃料も助けが来る2日後までなら楽勝しょ!」と言います。

そして・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「巨蟲列島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「巨蟲列島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「巨蟲列島」と検索!

スポンサーリンク

巨蟲列島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!ジガバチに刺された人間の最後がヤバイ!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!マダニに吸血された顔とその後がヤバイ!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!アゲハに体液を吸われたその後がヤバイ!はコチラ!?

感想

今回の話では、睦美たちがついに医療施設に到着し、また、それぞれのキャラクターも個性をさらに発揮しはじめましたね。

中でも甲斐の活躍は結構なもので、主人公の睦美しか目立っていなかった前回に比べて、他のキャラクターが目立つことで物語に彩りが添えられていていいですね。

ただ、どのキャラクターも行動があまり賢くないので、見ていてイライラすることはあります。

とはいえ、手に汗握るアクションは見ていて目が離せませんので、今後の展開に期待ですね。

そんなこの作品は、サバイバルサスペンスが好きな人や、少しアダルトな作品が好きな人におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「巨蟲列島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「巨蟲列島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「巨蟲列島」と検索!

スポンサーリンク

巨蟲列島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!ジガバチに刺された人間の最後がヤバイ!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!マダニに吸血された顔とその後がヤバイ!はコチラ!?

巨蟲列島のネタバレ!アゲハに体液を吸われたその後がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ