青楼オペラの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
青楼オペラ 3 (Betsucomiフラワーコミックス)

青楼オペラとは?

青楼オペラとは、桜小路かのこ先生の作品です。

江戸時代、遊郭吉原――――。

親を亡くした武家出身の朱音(あかね)が自ら身を沈めたのは、大見世・曙楼というところです。

朱音は名を茜とし、曙楼で活躍するべく、日々奮闘します。

高利貸しの若旦那で頭の切れる色男・近江屋惣右助(おうみやそうすけ)との出会いが、茜の運命を突き動かすのでした。

ここは地獄か極楽か…、艶やかな吉原物語が今、動きだします。

そんな青楼オペラは恋愛ものが好きな人や、女性が活躍する作品が好きな人にはたまらない作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラのあらすじ(3巻前半)

時は江戸時代。

刺客に家族を殺され、家が取り潰しになってしまった武家出身の茜。

犯人を捜すために、自ら吉原の楼の門をくぐります。

有名な楼である曙楼へと入り、そこのナンバーワンである女郎、朝明野に弟子入りするも、朝明野は客を見つけてきたら弟子にしてやる、と言います。

必死の思いで客を探す茜は、若旦那と出会います。

若旦那は、茜を身請けしたいと言いますが、それでは茜は目的は達成できないと考え、断ります。

一波乱ありながらも、茜は少しずつ経験を積んでいきます。

そうして、段々若旦那に少しずつ惹かれていく茜。

一方若旦那は暖かい腕、柔らかい鈴の音をうたた寝の中、思い出していました・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻前半)

茜は読売を読みながら、青ざめています。

「ん?なんだいなんだい、この間の大立ち回りがもう読売になってんのかぃ」と笑う仲間たち。

その読売には、茜は巴御前だと称されています。

巴御前とは、源の武将の側室で、戦場で薙刀を振るった女武将のことでした。

本当にそっくりだなぁ、と笑う仲間たちに、茜は頬を赤らめます。

「読売など嘘ばかり!何が…若旦那のことを愛しいなどと…!!」と必死にいう茜でしたが、「まぁその通りではないか」という仲間たちでした。

そうして茜は湯に行ってきんす、とお風呂へ行くのですが、湯屋でも茜と若旦那の噂話で持ちきりだったそうです。

「もう耐えられない!」という茜に「まぁあの読売でお嬢の名前は吉原の内外に知れ渡りましたからね。」という利一郎。

「まるで私と若旦那が、言い交わした仲みたいに…」という茜に「違うんですかぃ?」という利一郎。

「利一郎まで、なにを!」と茜がいうと、「真剣にお尋ねしてるんですよ」と言います。

「お嬢、落ち着いて、自分の胸に手を当ててよく考えてください。お嬢にとって若旦那はどういう存在なのですか?」といつになく真剣な目で利一郎は茜に聞きます。

「どうって…。確かに気になるし、振り回されているのは認めるわ。でも私だって恋がどういうものがは知っている!誠二郎様をお慕いしていたときのそれとは違う!今そういう気持ちで若旦那には接していない!」と茜は言います。

「これは…恋じゃない…!」と必死に否定する茜を見て、利一郎は何かを言いかけますが、こらえます。

そうして茜が去った後、利一郎は考えます。

『恋に恋していた誠二郎様への想いよりも、ずっと強い気持ちで若旦那のことを想っているのだということをお嬢に伝えて良いものだろうか…。』と利一郎は思うのでした。

「茜!いや、巴御前さん!若旦那が見えたよ!」と冷やかし半分で茜に声をかける仲間たち。

そこには若旦那がいました。

「あの読売な。あれには俺も困ってるんだ。女に助けられた腰抜けって思われちゃあなぁ」という若旦那に、「その通りでありんしょう」とイライラした顔の茜が言います。

「あれほど大見得はっておきながら、泣きべそかいて。まったく、あれじゃ私が助けざるをえません」と茜は言います。

「その後俺に泣き崩れてきやがったじゃないかよ」と若旦那は言います。

「今日はやけに不機嫌だな」という若旦那に対して、茜は「芸妓の姉さん方を呼んでくださいまし。賑やかにして気分を晴らしとうございます。」と言います。

芸妓を呼んだのは、若旦那と今は二人きりになりたくないからでした。

「なんだぃ茜、あんたお見送りにも立たなかったそうじゃないか。これじゃあいつ若旦那に見限られるかわからないよ!」という女将に対して「望むところでありんす」という茜。

「いい加減におし!次やったら折檻だよ!」と女将は言い、去りました。

茜は若旦那が扇子を忘れたことに気づきます。

その扇子から香る匂いに茜は頬を赤らめます。

なぜこんなにも若旦那が気になってしまうのか、苦しい茜でした。

そんな時、茜は貸本屋が見世に来ていることに気づきます。

「これ、うちの店に紛れていたようです」という貸本屋。

「いいよいいよ、持ってっちまいなよ」という女将に「え、ちょっとお待ちください。あっしもらってもいいですか?」と茜はその本を貰います。

そして茜は・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、茜が若旦那への気持ちに気付きかけていて、読んでいて面白かったですね。

この青楼オペラという作品は、とても綺麗に女郎が描かれており、主役の茜がなかなか力強いため、茜が奮闘する様子は見ていてスカッとして楽しいです。

これから茜はどうなっていくのか、そして、若旦那の本当の目的とは…?

そんな青楼オペラは恋愛ものが好きな人や、女性が活躍する作品が好きな人にはたまらない作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ