名前のない女たち(貧困AV女優編)の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!無料

名前のない女たち(貧困AV女優編)の無料立ち読みはコチラ!?

名前のない女たち(貧困AV女優編)とは?

なまえのない女たちとは、つかさき有先生の作品です。

電子書籍で20万DL以上の大ヒットを記録した「名前のない女たち」の最新作がついに登場となりました!

超一流大学の大学院に進学しながらも、学費のためにAV女優としてデビューする女や、姉妹が作った借金を返済するためにソープに身を落とす少女など、貧困が招く悲惨な現実がありました。

金のために体を売った女たちの末路とは……。

映像よりも過激なAV女優たちの素顔に迫るノンフィクションが今始まります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「名前のない女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「名前のない女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「名前のない女たち」と検索!

スポンサーリンク

名前のない女たち(貧困AV女優編)のあらすじ(前半)

AV女優の星井ゆみのイキ様は凄い、と言われています。

まるで身体中が性感帯。

性器をいじられ、男優に挿入されようものなら、痙攣して絶叫しながらいってしまいます。

そんな星井ゆみでしたが、実は、超がつくほどのエリートです。

彼女は大学院博士課程に通っているのです。

しかも、そこは一流大学中の一流大学でした。

そんなゆみは今日も用事があるから、とご飯の誘いを断るのでしたが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「名前のない女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「名前のない女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「名前のない女たち」と検索!

名前のない女たち(貧困AV女優編)の濃いネタバレ(前半)

「ゆみちゃん!帰りにご飯一緒にどう?」と言うのはサワというAV関係の女性です。

「あ、サワさん。ごめんなさい、明日のゼミの予習があって…。」と申し訳なさそうに断るゆみ。

去っていくゆみを見て、サワは他の友達に「ほら、エリートさんは忙しいんだって。なんであんな子のこと気になってんの?」と言われます。

「別に親切で関わってるわけじゃないんだけど…。」というサワでした。

そんなサワとゆみの出会いは、数ヶ月前でした。

「そりゃ顔出しの方がいいギャラに決まってるよ!」と言われているゆみ。

その様子を見ているサワ。

「ここに書いてある通り日給30万円目指すなら、やっぱ顔は出さないとねぇ」とゆみは言われています。

「顔出さないなら4?5万ってところじゃない?」「そんなに厳しいんですか?」「AV業界そんな甘いところじゃないよ、はは」

そう、ゆみは今まさにAVに出演するにあたってのギャラの交渉をしているのです。

「あ、サワちゃん!ちょっとこの子に説明してあげてよ!」と、ちょうど顔を出してきたサワに言う担当の人。

「あ、よろしくお願いします!!」と、あまりにもハキハキしたクソ真面目な挨拶にドン引きしたというサワ。

そのことが妙に印象に残っていたそうです。

「まぁ抵抗はあるよね、顔を出すのって。でもこの業界で稼ぐ気なら顔を出すのは避けられないよ」とサワは言います。

どうしてそんなにお金がいるのか、と聞いてくるサワに、大学院に行くためにお金が必要なんです、とゆみは言います。

「大学院に行くための費用です。どうしてもお金が必要で…。今大学四年でこれまでは奨学金と家庭教師のバイトでなんとかやってたんですけど…。大学院は奨学金があまり出なくて…。それで高収入のバイトを探してて、ここを知って…。」とゆみは話します。

「そ、そんなに苦学生なの…?」とサワがいうと「家自体はそうでもないんですけど…私の場合は。」と悲しい顔をするゆみ。

自分の家はエリートの家系であり、おじいちゃんのころからずっとエリートなのだ、というゆみ。

T大学を卒業することが必須条件であるという家族の約束を守れなかったゆみ、T大学の入試で落ちてしまったのです。

高校までずっと勉強漬けで、ただT大学に受かるためにやってきたのにもかかわらず、偏差値は60程度で、70必要なT大学に受かることはできなかったのです。

「母はいつも私にがっかりしていました。」とゆみは悲しそうに言います。

「あんたはほんとどうしようもないわね!!あんたち大金かけてきたんだから、もし落ちたら今後一切お金は出さないからね!!」というゆみの母親。

そうして自分一人で生きていくしかなくなってしまったゆみ。

それでもどうしても叶えたい夢がある、とゆみは言います。

「そうまでして叶えたい夢って…?」とサワが聞くと、「私、国際機関で人を動かせるぐらいになりたいんです。そして世界の役に立ちたいんです」と目をキラキラ輝かせてゆみは言います。

「だから国際学部のある今の大学に進学したんです。まぁ家は卒業と同時に追い出されてしまいましたが…。」とゆみは言うのでした。

そんな話を聞き、サワは『バカだ…。世界に役に立つためにアソコを晒すのか…。』と呆れます。

ほんとにいるんだなぁ、勉強ができるのにバカな奴って。

とサワは呆れるのでした。

サワはどうしてAVになったのか、と聞かれると、本当はカードローンのせいでなったのですが、ゆみには「稼ぎがいいからね」と言うのでした。

「現金は魅力ですよねー。」というゆみ。

「がんばればそれだけの見返りもあるし、がんばってみたら?」というサワ。

「そうですよね…」というゆみ。

そうしてゆみは・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「名前のない女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「名前のない女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「名前のない女たち」と検索!

スポンサーリンク

名前のない女たち(貧困AV女優編)の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、リアルなAV女優の話が聞けたようで、面白かったですね。

それぞれの事情があって、このような仕事をしているんだなぁ、となんだか感心してしまいました。

このなまえのない女たちシリーズは、実話をもとに作られていますから、これが本当にあった話なのか、と普通の漫画とはまた違った面白さがあっていいですね。

そんなまんが名前のない女たち(貧困AV女優編)という作品は、何か面白いものを探している人や、いろんな話が入っている作品が好きな人におすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「名前のない女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「名前のない女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「名前のない女たち」と検索!

スポンサーリンク

名前のない女たち(貧困AV女優編)の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ