×華のやらかし日記の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!無料

×華のやらかし日記の無料立ち読みはコチラ!?

×華のやらかし日記とは?

×華のやらかし日記とは、沖田×華先生による作品で、沖田×華先生の最新やらかしまくりの日常系コミックエッセイです。

漫画家になる前の高級マットヘルス嬢時代を赤裸々告白の数々に、読んでいて捧腹絶倒。

さらにその前は正看護師だった、というのですから驚きですね。

×華先生の飛び抜けた経験値のすべてがここにあるといっても過言ではありません。

役立つ整形手術事情も大胆告白!

お下品? 低評価? そんなの知ったこっちゃない!

極限までさらけ出された沖田×華の告白日記が遂に登場!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「×華のやらかし日記」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「×華のやらかし日記」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「×華のやらかし日記」と検索!

スポンサーリンク

×華のやらかし日記のあらすじ(後半)

主人公、沖田×華は漫画家になる前は高級マットヘルスの風俗嬢をやっていました。

さらにその前は看護師だったと言います。

そんな沖田の趣味である整形についても熱く語っている本作品。

はじめての整形は胸を豊胸することでしたが、そこから整形にはまっていった彼女。

風俗嬢をするにあたって、本格的に体を改造することに決めた沖田は、10回以上整形を重ねていきます。

そこにはさまざまな思いが渦巻いていて・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「×華のやらかし日記」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「×華のやらかし日記」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「×華のやらかし日記」と検索!

×華のやらかし日記の濃いネタバレ(後半)

上京前の沖田は、名古屋で高級マットヘルスの風俗嬢をしていました。

ここで月20日、12時間ずつ働き、お金を稼ぎまくっていた沖田。

沖田は暇なときは待合室でイラストを描いて遊んでいたそうです。

「はなちゃん、漫画なりやー!」と言ってくれていた当時の仲間たち。

今では本当に漫画家になってしまった沖田でした。

今回は沖田の指名客特集です。

「はなちゃーん、指名90分、ダブルねー!」と言われる沖田、この言葉を聞くと、はなは「キター」、と焦り始めます。

月に一回来るTさんは、34歳の会社員です。

モー娘が大好きなオタクの彼は、日本全国の握手会イベントの後必ずやってくるそうでした。

最初の60分はひたすらモー娘の話をします。

そして、防水のCDプレーヤーを置いて、曲を聴きながらイッてしまうそうでした。

なんで沖田を指名するかというと、胸がメンバーの胸にそっくりだから、だそうです。

さらに沖田には指名客がいます。

そのうちの一人Sさんは一見フツーの客なのですが、なんとあそこがとても大きいという特徴を持っています。

当然口では厳しいため、手でやるのですが、とても疲れるそうでした。

ものすごい重労働になるため、Sさんの相手は一苦労のようです。

次に来たのは、Kさんという人。

彼はとても難しい人でした。

「マットもしなくていいから!近づかないで!」というKさん。

特に上半身の接触を嫌がるため、決まったことしかできませんでした。

潔癖性なのかと思いきや、実はヅラを必死に抑えていただけということに気づいた沖田。

ヅラがバレるたびに他の女の子に変えているそうでした。

そんな沖田が風俗嬢を始めた頃のこと。

ある日沖田が帰ろうとすると、「下着買いにいかない?」と仲間たちから誘われます。

「せっかくだから沖田ちゃんもいこうよー。割引きくからー」と言われ、押されるがままに沖田はついていきます。

風俗嬢にとって下着は下着にあらず。

もはや、戦闘服といっても過言ではない存在でした。

自分を美しく見せるための道具なので、風俗嬢は半端じゃない数の下着を持っているそうでした。

入店後、風俗嬢の写真撮影があり、下着に疎かった沖田は安くてかわいい下着を着けていたのですが、これが他の店の風俗嬢と被りまくりで恥ずかしい想いをしたことがありました。

そして下着も数ヶ月に一度新作が出るため、自然とチェックが入るようなものだったので、あまり適当なものはつけられませんでした。

当時、名古屋に深夜営業をしている下着屋さんがあり、そこは風俗嬢御用達の店になっていました。

被らないように色々な下着を買う沖田。

ブラだけで平均2万円、なかなかの出費にはなりますが、風俗嬢にとってブラは必要不可欠なものらしいのでした。

そのうち目が肥えてくると、下着だけでどのメーカーのどのブランドかがわかるようになってきた沖田。

調べてみると、高収入の人であればあるほど、下着にかけるお金は高いそうでした。

さらに高級な風俗店ともなると、下着は指定されることもあるそうでした。

どこのブランドのこの下着をつけるように、と言われるそうです。

それはすべて自腹なので、手痛い出費になります。

しかし、風俗嬢の日給は10万円以上ですから、すぐに元は取れると思っていたらしいです。

実際は不況の煽りを受け、高級風俗店の風俗嬢は格安ソープに流れていってしまっていました。

そのため、高級風俗店は軒並み潰れてしまったそうです。

沖田はその高級下着の反動から、今ではボロい下着しか履かなくなったそうでした。

そんな沖田のヘルス嬢時代のお店は、20代から30代の女性が多かったそうです。

みんなとても親切にしてくれたので99パーセント人間関係には満足していました。

しかし、なぜ100パーセントではないかというと・・・。

(この後、衝撃の地雷女が登場します。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「×華のやらかし日記」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「×華のやらかし日記」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「×華のやらかし日記」と検索!

スポンサーリンク

×華のやらかし日記の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話でも、沖田先生の赤裸々な話がたくさん載っていて、読んでいてとても面白かったですね。

この方の作品には一人の人生が詰まってるといっても過言ではないため、読んでいて大変勉強になります。

いったいどれだけの経験をしてきたのか、そして、これからはどんな道を歩んでいくのか、まだまだ目が離せませんね。

そんな×華のやらかし日記は、体験談ものの漫画が好きな人や、何か面白いものが読みたい人には文句なしにオススメの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「×華のやらかし日記」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「×華のやらかし日記」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「×華のやらかし日記」と検索!

スポンサーリンク

×華のやらかし日記の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ