よろこびのうた(漫画)の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!無料

よろこびのうたの無料立ち読みはコチラ!?

よろこびのうた(漫画)とは?

よろこびのうたとは、ウチダユージ先生の作品です。

陸の勝野市、田園地帯の集落で火葬場から老夫婦の焼死体が見つかります。

警察は老老介護の末の心中と結論付けたのですが…?

事件から半年後、東京で週刊誌記者をしている伊能は取材のため勝野市を訪れることに。

近隣住民の口は重く難航する取材のなか伊能は、地域の雑貨屋の駐車場に残る濃いタイヤ痕、焼死した夫婦が事件の半年前に車を買い替えたこと、挙動不審な小学生という三つの『不自然』に気付きます。

それは事件の深淵へ至る第一歩でありました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「よろこびのうた」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「よろこびのうた」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「よろこびのうた」と検索!

スポンサーリンク

よろこびのうた (漫画)のあらすじ(後半)

テレビが告げたニュース。

それは、老夫婦が火葬場で自殺をしたというとてもショッキングなニュースでした。

そのニュースを見た記者たちは、この事件の真相を探るべく、情報を探します。

現場についた記者は聞き込みをはじめますが、聞き込みをする中で一つの真実を発見します。

その真実を元に、さらに真相を深く知っていこうとしたところ、謎の人物に手足を縛られ、監禁されてしまいます。

そこで明かされる、本当の事実とは・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「よろこびのうた」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「よろこびのうた」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「よろこびのうた」と検索!

よろこびのうた (漫画)の濃いネタバレ(後半)

雨が降り続いている外。

「おい!幸太朗!!」と叫ぶのは赤星という男です。

幸太朗とは、赤星の一人息子なのですが、どうやら虐待をしている様子でした。

その光景を目撃してしまった、青木の妻。

青木の妻は認知症であり、1日の出来事を次の日には綺麗に忘れています。

「お前がいないから俺が雨の中酒を買わなきゃいけなかったじゃないか!!」といい、赤星は幸太朗を蹴ります。

「てめぇのせいでつまみ買い忘れたじゃないか!!!」とさらに蹴る赤星。

「おい、きいてんのか?!」と赤星は幸太朗の髪を引っ張り、床に投げつけます。

それを見ながら青木の妻は車で震えています。

「なんだぁ、青木のとこのババアじゃねぇか。何見てんだコラァ!!」と、赤星はその存在に気付き、凄みます。

「ボケててなにもわかんねぇくせに!!何見てんだよ!!それとも、もっとみてぇのか?!」と、赤星は青木の妻の元へと歩きます。

「たすけて」と幸太朗の口が動いたと同時に、青木の妻は車のアクセルを全力で踏みます。

そうして車は赤星を押しつぶしました。

そのあまりに大きな音に、青木は見に行きます。

すると、赤星が青木の妻の車により潰されていたのです。

「か、和子!何があったんだ!!どないしてん!!!」と青木は妻の和子に話しかけます。

車の中の和子は気絶していました。

「と、とりあえず警察を呼んでくる!」と話す仲間に、青木は「け、警察はちょっと待ってくれんか…?」と懇願します。

そうして、青木、遠山、井上、先山は部屋で話し合いをすることにします。

「とりあえず車は駐車場に戻してまとめてボディカバー被せてきた」という遠山。

「ありゃショック死やな。内臓あたりの大量出血かなんか。」と遠山はタバコを吹かしながら冷静に言います。

「わ、わしがやったことにしてもらえないだろうか?」と土下座をする青木。

「それは無理があるだろう」と皆に言われ、その案は却下されます。

「第一、その子はどうする?目撃しとるんやで。」と遠山は幸太朗を指差します。

幸太朗は疲れて眠っていました。

「口裏合わせてくれ、なんて言えるわけないやろ」というと、「僕は大丈夫です。」と幸太朗はむくりと起き上がります。

「あんなやつ、いなくなってほしかった。親だと思ったことはない」と幸太朗はとても哀しい顔で言いました。

そう、幸太朗はずっと赤星に虐待を受けていたのです。

「しゃあねぇなぁ…溶かすか」と、遠山は言います。

慣れた手つきでいろいろなものを用意する遠山。

「なに。ばれやしねぇよ、絶対。」と遠山は言います。

「や、山とかに埋めたほうがいいんじゃ…」という井上でしたが、遠山にはそれじゃバレる、と一蹴されます。

なんと、遠山は死体の処理ははじめてではなかったのです。

二度目だと言います。

「みんな薄々気づいているやろ、俺の仕事。」という遠山。

「き、金ちゃんがなんか怪しい仕事を受けてることは知っているよ。でも、まさか…」という先山に、「そんな怖がるなや。」と遠山。

「10年前に圭子が死んだろ?医療費やらなんやらで金がかかっちまって。そのときの紹介でな、一度やった。」と言います。

「そうか、妹が迷惑かけたね…」という青木。

「よしくれや。あんたにも金を借りたんだ」と、彼らの間には並々ならぬ絆があるようでした。

だから、今回も青木のためにがんばろうとしているのでしょう。

遠山はそれ以来、怪しい仕事を引き受けるようになったと言います。

その仕事の依頼主は、ヤクザが主でした。

やばそうな車の処理がメインの仕事であり、その事情は遠山自身も知りません。

「その関係でうちの産業はヤクザの息がかかった専門業者に頼んでる。だからバレねぇ、絶対に。」と遠山は言います。

そうして、赤星の死体処理をはじめる四人。

翌日。

「和子さんは?」「眠ってる。なにも覚えてないといいんだが…」

と、和子の容体を心配している四人。

「覚えてもらっちゃ困る。最初からなにもなかった、だろ?」と遠山。

四人は口裏を合わせ、赤星が失踪してしまったことにすることにしました。

幸太朗の身寄りをどうするか、井上に案があるようでした。

四人は寺へと向かいます。

「ほぅ、それはひどい!」と、赤星の虐待の話を聞いていう住職。

この寺で養ってもらえないか、と話すと、快く受け入れてくれました。

そこの娘、鈴子は結婚をして家を出たのですが、夫のDVが原因で寺に戻ってきていました。

そのため、虐待には人一倍反応し、鈴子の養子にならないかと幸太朗に言いました。

幸太朗は、こんな幸せがあるのかと、喜びます。

そうして、幸太朗は和子に感謝の気持ちを伝えに行ってしまうのですが・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「よろこびのうた」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「よろこびのうた」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「よろこびのうた」と検索!

スポンサーリンク

よろこびのうた(漫画)の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

よろこびのうた(漫画)結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!はコチラ!?

よろこびのうた(漫画)のネタバレ!元ネタにした事件がヤバイ!はコチラ!?

よろこびのうた(漫画)のネタバレ!実話の老夫婦の闇がヤバイ!はコチラ!?

感想

今回の話では、ついにこの事件の真相が暴かれつつあり、読んでいてとても面白かったです。

このよろこびのうたという作品は、登場人物は皆のほほんとしていますが、内容は結構ショッキングなもので、そのギャップが楽しめますね。

一巻完結の漫画ですから、ダラダラと続くこともなく、終わりはとてもスッキリ終わってくれますので、おすすめの漫画の一つです。

そんなよろこびのうたは、何か面白いものが読みたい人や、ストーリーものが好きな人などにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「よろこびのうた」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「よろこびのうた」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「よろこびのうた」と検索!

スポンサーリンク

よろこびのうた(漫画)の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

よろこびのうた(漫画)結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!はコチラ!?

よろこびのうた(漫画)のネタバレ!元ネタにした事件がヤバイ!はコチラ!?

よろこびのうた(漫画)のネタバレ!実話の老夫婦の闇がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ