×華のやらかし日記の濃いネタバレ(前半)あらすじや感想も!無料

×華のやらかし日記の無料立ち読みはコチラ!?

×華のやらかし日記とは?

×華のやらかし日記とは、沖田×華先生による作品で、沖田×華先生の最新やらかしまくりの日常系コミックエッセイです。

漫画家になる前の高級マットヘルス嬢時代を赤裸々告白の数々に、読んでいて捧腹絶倒。

さらにその前は正看護師だった、というのですから驚きですね。

×華先生の飛び抜けた経験値のすべてがここにあるといっても過言ではありません。

役立つ整形手術事情も大胆告白!

お下品? 低評価? そんなの知ったこっちゃない!

極限までさらけ出された沖田×華の告白日記が遂に登場!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「×華のやらかし日記」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「×華のやらかし日記」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「×華のやらかし日記」と検索!

スポンサーリンク

×華のやらかし日記のあらすじ(前半)

主人公、沖田×華は漫画家になる前は高級マットヘルスの風俗嬢をやっていました。

さらにその前は看護師だったと言います。

そんな沖田の趣味である整形についても熱く語っている本作品。

はじめての整形は胸を豊胸することでしたが、そこから整形にはまっていった彼女。

風俗嬢をするにあたって、本格的に体を改造することに決めた沖田は、10回以上整形を重ねていきます。

そこにはさまざまな思いが渦巻いていて・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「×華のやらかし日記」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「×華のやらかし日記」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「×華のやらかし日記」と検索!

×華のやらかし日記の濃いネタバレ(前半)

この物語の主人公の沖田の趣味は、整形でした。

肌トラブルはいつも美容整形外科でレーザー治療。

すぐに効果が出るため、定期的に通っているそうです。

昔から下は10回以上大整形している沖田。

目の整形が一番痛くない、という沖田。

元は左だけ三重だったのを、二重にしたのがはじまりでした。

沖田がまだ20代の時、美容外科に入ってしばらくしたころ、せっかくだから二重にしたら?と病院で言われたのがきっかけだったそうです。

職業柄、職員が皆整形しているため、顔にチェックが入るようになったそうでした。

整形の際、まずプジーという二重の幅を決める道具を用います。

幅を調節しながらカウンセリングをします。

そして結局両方の目を手術することにした沖田。

片方だけやるとどんなに幅が同じでも失敗したように見えるからだそうでした。

目の幅が決まったらいよいよ手術です。

麻酔用の点滴を目にして、手術用の布を顔に被せます。

手術中もっとも気をつけることは、目に力を入れないこと、だそうです。

あとはもう裁縫の要領でやっていくようでした。

手術が終わって、10分間のクーリングをします。

そうして全ての過程が終了し、整形は終わりました。

手術当日は全く腫れなかったのですが、翌日ものすごく腫れたようでした。

目が三倍にも腫れ上がっているため、しばらくメガネで勤務せざるを得なかったようです。

それでも二週間もすると腫れが引いてきます。

沖田は、なんだかんだで1ヶ月で完全に腫れが引いたようでした。

当時の医者の腕はあまりよくなかったため、沖田は心配だったようでしたが、無事成功してほっとしています。

沖田は今でも脂肪吸引などの整形をすることがあります。

その時に色々勧めてくる医者には気をつけたほうがいいと言います。

それは、そのほうが単純に売り上げが上がるから勧めているのです。

つまり、あまり患者のことは考えていない医者が多いので、注意したほうがいいということでした。

沖田の個人的な意見としては、メディアに取り上げられる病院ほど売り上げ重視の傾向が強いため、病院は地道に探したほうがいいとのことです。

沖田は19歳ではじめて豊胸手術をして以来、整形にハマり、もうかれこれ15回以上しています。

次はお尻を整形することにした沖田。

10年前に下半身の脂肪吸引をしたことで、お尻が扁平尻になってしまったという沖田。

そのため、今になってお尻が痩せてきてしまったそうです。

ジーパン履くのにカッコ悪い、と沖田はお尻を整形することにしたのです。

シリコンを入れてしまうと、座り仕事の沖田にとってはリスクが高いため、切らないヒップアップを探した沖田。

沖田は必死にネットで検索し、モニター料金で安くやってくれるところを見つけ、さっそくカウンセリングを受けに行きます。

3ヶ月かけてヒップをあげる、という手術をすることになった沖田。

部分モニターということで、手術代は麻酔代と合わせて20万円ほどでした。

いよいよ、ベッドにうつ伏せになり手術開始です。

お尻をイソジン消毒で念入りに消毒します。

あっという間に麻酔で眠ってしまう沖田でした。

「ちょっと痛いだけで全然平気でしたよ!」という沖田は雑誌の編集者に原稿を渡しています。

「ほ、ほんとに平気なんですか?」と編集者は言っています。

そんな沖田でしたが、いざ麻酔が完全に切れるとめちゃくちゃ痛かったらしく、椅子に座ることができないということでした。

三日間その痛みが続き、食事も何をするのも立ってしていた沖田。

その期間が過ぎると、徐々にお尻が上がっていったと言います。

そうしてお尻のヒップアップに成功した沖田。

次は胸の乳房を整形した話に移ります。

乳の色素落としをしたそうです。

色素落としをする前の乳房は、例えるならばうんこ色だったそうな。

実は今回で3回目の沖田の乳房色素落とし。

1回目と2回目は名古屋で風俗嬢をしていたときのことです。

1回目はレーザーで色素を落とすしか方法がなく、激痛で断念。

2回目はピーリングで色素を落とそうとするも、結局うまくいかず、断念していました。

そして今回の3回目は、お尻をヒップアップした病院でやっいる色素落としの方法でした。

たまたま沖田はお尻のヒップアップの時にこの情報を見つけ、その方法が自分でもできそうだと気付いた沖田は海外からその薬品を取り寄せることにします。

その薬品、ハイドロキノンを乳房に塗ってみる沖田。

今その方法を実践し、2ヶ月目となっているそうなのですが、少しずつ乳房の色がハイトーンになってきているようです。

そして・・・。

(この後さらに衝撃の体験談が続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「×華のやらかし日記」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「×華のやらかし日記」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「×華のやらかし日記」と検索!

スポンサーリンク

×華のやらかし日記の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

この沖田先生の作品というのは、毎回赤裸々な話ばかりが収録されていて本当に面白いですね。

この方の作品には一人の人生が詰まってるといっても過言ではないため、読んでいて大変勉強になります。

いったいどれだけの経験をしてきたのか、そして、これからはどんな道を歩んでいくのか、まだまだ目が離せませんね。

そんな×華のやらかし日記は、体験談ものの漫画が好きな人や、何か面白いものが読みたい人には文句なしにオススメの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「×華のやらかし日記」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「×華のやらかし日記」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「×華のやらかし日記」と検索!

スポンサーリンク

×華のやらかし日記の濃いネタバレ(後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ