青楼オペラの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
青楼オペラ 2 (Betsucomiフラワーコミックス)

青楼オペラとは?

青楼オペラとは、桜小路かのこ先生の作品です。

江戸時代、遊郭吉原――――。

親を亡くした武家出身の朱音(あかね)が自ら身を沈めたのは、大見世・曙楼というところです。

朱音は名を茜とし、曙楼で活躍するべく、日々奮闘します。

高利貸しの若旦那で頭の切れる色男・近江屋惣右助(おうみやそうすけ)との出会いが、茜の運命を突き動かすのでした。

ここは地獄か極楽か…、艶やかな吉原物語が今、動きだします。

そんな青楼オペラは恋愛ものが好きな人や、女性が活躍する作品が好きな人にはたまらない作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラのあらすじ(2巻後半)

時は江戸時代。

刺客に家族を殺され、家が取り潰しになってしまった武家出身の茜。

犯人を捜すために、自ら吉原の楼の門をくぐります。

有名な楼である曙楼へと入り、そこのナンバーワンである女郎、朝明野に弟子入りするも、朝明野は客を見つけてきたら弟子にしてやる、と言います。

必死の思いで客を探す茜は、若旦那と出会います。

若旦那は、茜を身請けしたいと言いますが、それでは茜は目的は達成できないと考え、断ります。

一波乱ありながらも、茜は少しずつ経験を積んでいきます。

そうして茜は、利一郎とも再会し、女郎として日々を過ごすのですが・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻後半)

両親を殺した若い賊。

手がかりは青白い光に見えた、三日月の痣でした。

その憎い敵を探すために、茜はこの曙楼に来たのです。

そんな三日月の痣について何かを知っていそうな三橋という男に、今手酌をしている茜。

「み、三橋様、その三日月の痣を持つという方は…」と言った茜に「あやつは死んだのじゃ」という三橋。

「しかも女郎の腹の上でな。50も過ぎた当主が女郎の腹上死など、家臣どもは慌てて後始末に奔走したが。その痣のせいで結局身元が露見してな、とんだ、名折れになったという話じゃ」と笑う三橋。

50過ぎ、ということで茜の探している人物とは別人のようでした。

「その家に後継の男子はおらなんだで、急遽娘に婿をとらせたらしい。まぁよくある話じゃが、その一方で、当主が賊に襲われただけでそのまま取り潰しになった家もあってな」と話す三橋。

この家とは、茜の家のことでした。

その言葉に、茜は動揺します。

今の話は、うちのことだ…、と考える茜。

茜は気づきます。

考えてみれば…、いえ、お沙汰に疑問は持ってはいけないと考えないようにしていただけだ。

どうしてうちは取り潰しになったの…?

私に後継となる婚約者もいたのに…?

賊ごときに侵入を許して、命を落としたことで武士としてあるまじきことだったというの…?

それとも、他に何か理由が?

その理由を、三橋は知っているということを感じた茜。

その時、茜は若旦那に名代に呼ばれます。

しかし、三橋から話を聞きたい茜は、三橋から離れたくない、といい名代を拒否します。

その後話を聞き出そうとするも、三橋から話は聞き出すことはできませんでした。

部屋へと戻る茜に、紫が声をかけます。

「わっちに客を譲ってくれるなんて、余裕じゃの」と嫌味のようにいう紫。

紫は茜をライバルとみなし、当たりが冷たくなっているのでした。

「若旦那はわっちの酌にまんざらでもなさそうな顔でありんした」という紫に「そう。」と茜。

茜が張り合いのない様子であることに気づくと、「ふん!怒って席を立って帰りんしたよ!わっちはいい面のかわじゃ!おぼえていなんし!」と紫は言って去りました。

その日、夢を見る茜。

そこには茜の父親がいました。

微笑みかけてくる父親に、顔がほころぶ茜。

その後ろには刀を持った賊の影。

そうして切られる茜の父親を見て、茜は目を覚ましたのでした。

頬には涙が流れています。

茜は利一郎に、自分の家がどうして取り潰しになったのかを聞きに行きます。

「なるほど、永倉家がどうして取り潰しになったのか、ですか。お上はお沙汰を下すにあたって理由なんて知らせてくれませんからね…」と利一郎も理由はわからないようです。

「これを機に、探ってみますか!」という利一郎。

「あの三橋様という人は何かを知っているようでした」という茜に、「お嬢、気持ちはわかりますがあまりはやることのないように。いつにない行動は怪しまれます。先日若旦那を振ったのはやりすぎでした」と利一郎は諭します。

「いいのよ、若旦那には想い人がいるんだから…。」と哀しげな顔をする茜。

「それは置いといて、とにかく次よ!」と、茜は次に三橋が来た時に何か作戦に出よう、と考えます。

そして・・・。

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、若旦那の他にも三橋という新しいキャラクターが出てきて、またさらに面白くなってきましたね。

この青楼オペラという作品は、江戸時代の話ではありますが、現代に通ずる人間関係が垣間見れて、読んでいて楽しめます。

また、とても綺麗に女郎が描かれており、主役の茜がなかなか力強いため、茜が奮闘する様子は見ていてスカッとして楽しいです。

これから茜はどうなっていくのか、そして、若旦那の本当の目的とは…?

そんな青楼オペラは恋愛ものが好きな人や、女性が活躍する作品が好きな人にはたまらない作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ