青楼オペラの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!無料

【Amazon.co.jp アソシエイト】
青楼オペラ 2 (Betsucomiフラワーコミックス)

青楼オペラとは?

青楼オペラとは、桜小路かのこ先生の作品です。

江戸時代、遊郭吉原――――。

親を亡くした武家出身の朱音(あかね)が自ら身を沈めたのは、大見世・曙楼というところです。

朱音は名を茜とし、曙楼で活躍するべく、日々奮闘します。

高利貸しの若旦那で頭の切れる色男・近江屋惣右助(おうみやそうすけ)との出会いが、茜の運命を突き動かすのでした。

ここは地獄か極楽か…、艶やかな吉原物語が今、動きだします。

そんな青楼オペラは恋愛ものが好きな人や、女性が活躍する作品が好きな人にはたまらない作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラのあらすじ(2巻前半)

時は江戸時代。

刺客に家族を殺され、家が取り潰しになってしまった武家出身の茜。

犯人を捜すために、自ら吉原の楼の門をくぐります。

有名な楼である曙楼へと入り、そこのナンバーワンである女郎、朝明野に弟子入りするも、朝明野は客を見つけてきたら弟子にしてやる、と言います。

必死の思いで客を探す茜は、若旦那と出会います。

若旦那は、茜を身請けしたいと言いますが、それでは茜は目的は達成できないと考え、断ります。

一波乱ありながらも、茜は少しずつ経験を積んでいきます。

そうして茜は、利一郎とも再会し、女郎として日々を過ごすのですが・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻前半)

「茜の帯が裂けたのは事前に切れ目が入れられていたからだとわかったよ。調べたら見世の誰かがやったもんだということもわかった。」と話す女将。

それを聞いた店の者達は噂をします。

「いったい誰がそんな…?」「見世に入ったばかりの新人のものを…?」「誰か恨んでるってことかぃ?」

みんな口々に話します。

それを聞いて茜はショックを受けるのでした。

自分が恨まれている…?

いったいだれに。

「入ったばかりだからじゃねえかぃ?紫、あんたさっきからふくれっ面だけど、案外あんたがやったんじゃないのかね?」と店1番の女郎、朝明野は言います。

そう言われて紫は「え、そ、そんな?!」と戸惑いますが、茜が「紫ちゃんではありやせん!」と声を張り上げます。

「紫ちゃんはそんなことはしやしません。それに、昨日は紫ちゃんにとっても一世一代の大勝負。そんなことしてもなんの得にもなりゃしやせん!」と茜は紫を庇うように言います。

朝明野はそれを聞いて「ふん、それもそうかねぇ」と言います。

しかし、紫はここぞとばかりに「そういえば昨日、茜ちゃんが部屋に入っていくのを見ました」と、茜が自作自演でやったことだと主張します。

「ほんにかえ、茜?」と茜は聞かれると、確かに部屋には入ったため、「は、はい」と答えます。

さらに若旦那と協力して自分を目立たせようと茜が自作自演でやったことなのでは、とあらぬ疑いをかけられ、丸く収められてしまいそうなその時、茜の元執事であり現在は茜を追って曙楼の召使いをやっている、利一郎が声を出します。

「そんなわけないでしょう。」という利一郎。

「そう都合よくいくともしれねぇのに、もし若旦那の助け舟が間に合わなかったら双方とんだ恥かきじゃありませんか。」という利一郎に、女将は「そりゃそうだね。」と言います。

「利一の言う通りだ!茜でも紫でもありゃしないよ!」と女将は強く言います。

そうして、「うちの新造出しが台無しになるところだったんだ。やったやつはきっと見つけてやるから、覚悟しな!!」と女将は睨みつけます。

その言葉を聞いて、茜は『そういうことか』と何かを理解します。

土下座をする茜。

「女将さん、どうかそれはよしておくんなせぇ。わっちはなんとも思っておりゃしません。どうかこれ以上は、よしなに…」と茜は言います。

女将はそんな茜を見て、「そんな甘くしても、仕方がないよ?」とはいうものの、茜の気持ちを免じて何もしないことを誓います。

「お前がそう言うなら…。でも、大事な二人になんかあったらゆるしゃしないよ」と女将は言います。

その様子を見て、紫はくすりと笑うのでした。
そうして、茜は自分の部屋へと戻り利一郎と話します。

「さっきはありがとう、利一」という茜。

「いえ、当然のことです」という利一郎。

茜は若旦那からもらった着物を大切に置いておこうとします。

しかし、一度着たものにもう一度袖を通すことはないという花魁の世界、捨てることを利一郎に勧められますが、茜は渋ります。

「そんなに若旦那からもらったものが大切ですか?」という利一郎に「いや、そんなことは…。でもあの人は武家嫌いのわりに、あまりに…。」という茜。

「思いやりに溢れていると?きつい言葉とは裏腹に、まるで自分に本当に惚れているようだ、と?」という利一郎に、顔を真っ赤にする茜。

「なんて顔をするんです。心は箱入り娘のままですね」と利一郎は笑います。

「私としてはずっとそうであってほしいですけどね。ところでお嬢、話があります」と利一郎は改めて話をします。

どうやら利一郎はあの若旦那と取引をしたと言います。

それは、利一郎や茜の出身を黙っている代わりに、ある女郎を探してほしい、というものでした。

いままではずっと自分で探してきたそうですが、茜を自分の女郎にしてからは他の店にはあがれなくなってしまったため、代わりに探してほしい、と。

「お嬢にもそれができる立場でいてもらうためには、どんな支援も厭わないと。おわかりですか?」という利一郎。

「その着物も、全部取引のうちですよ。」と利一郎はニヤリと笑い、言います。

茜はショックを受けたようで、口を閉ざします。

やっと開いた口では「自分のものだから大事にするのね…。なんて商人らしい…。」とつぶやく茜でした。

あの男にとって私は、お金で買った操り人形と同じ…?

そんなことを考える茜。

しかし、女郎というものはそういうものなのだ、と理解する茜。

「お前の言うとおりね。女郎が客に振り回されるなんて、お笑いものだわ。」と茜は言います。

そして・・・。

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、前回茜がピンチに陥った原因が判明する様子が描かれていて、面白かったですね。

この青楼オペラという作品は、とても綺麗に女郎が描かれており、主役の茜がなかなか力強いため、茜が奮闘する様子は見ていてスカッとして楽しいです。

これから茜はどうなっていくのか、そして、若旦那の本当の目的とは…?

そんな青楼オペラは恋愛ものが好きな人や、女性が活躍する作品が好きな人にはたまらない作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「青楼オペラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「青楼オペラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「青楼オペラ」と検索!

スポンサーリンク

青楼オペラの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

青楼オペラの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ