八雲さんは餌づけがしたい。の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

八雲さんは餌づけがしたい。の無料立ち読みはコチラ!?

八雲さんは餌づけがしたい。とは?

八雲さんは餌づけがしたいとは、里見U先生の作品です。

アパートにひとり暮らしする未亡人・八雲柊子(やくもしゅうこ)には趣味がありました。

それは隣り部屋に住む高校球児を、密かに“餌づけ”する事――。

旦那を亡くし、大好きだった料理をする気力も失われていた日々。

そんな色あせた日常の中で、ひょんな事から隣りに住むひとり暮らしの男子高校生・大和翔平(やまとしょうへい)に毎晩ご飯を振る舞う約束をしてしまった。

「ご飯が4合じゃ足りない!?」「もっとご飯のおかずになるものを…!」凄まじい食欲を誇る男子高校生の胃袋を相手に、戸惑いながらも充実した毎日が幕を開けます。

“餌づけ”ハートフルストーリーがはじまります!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「八雲さんは餌づけがしたい」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「八雲さんは餌づけがしたい」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「八雲さんは餌づけがしたい」と検索!

スポンサーリンク

八雲さんは餌づけがしたい。のあらすじ(1巻前半)

この物語の主人公であり、アパートにひとり暮らしをする未亡人・八雲柊子(やくもしゅうこ)。

彼女には一つの趣味がありました。

それは隣り部屋に住む高校球児を、密かに“餌づけ”する事でした。

旦那を亡くしてからというもの八雲は大好きだった料理をする気力も失われていた日々でしたが、この趣味を得てから水を得た魚のように楽しい毎日になりました。

ひょんな事から隣りに住むひとり暮らしの男子高校生・大和翔平(やまとしょうへい)に毎晩ご飯を振る舞う約束をしてしまったことがことの始まりなのですが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「八雲さんは餌づけがしたい」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「八雲さんは餌づけがしたい」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「八雲さんは餌づけがしたい」と検索!

八雲さんは餌づけがしたい。の濃いネタバレ(1巻前半)

八雲今日も隣に住む高校球児、大和のために山盛りのご飯を盛り付けています。

「ただいま」というのは、隣に住む高校生、大和。

「おかえりなさい」と笑顔が光るのはこの物語の主人公で未亡人の八雲です。

ぶに、っと大和の頬っぺたをつねる八雲。

「まーた、眉間にシワよってるわよ。」という八雲に「うっす…」と答える大和。

「先にテーブル拭いててね。遅くまで疲れたでしょ。」と八雲は慣れたように言います。

「いや、そんなことないっす。」という大和も同様に、慣れているようでした。

大和は名門の野球部で早速レギュラーに選ばれるほどの実力者のようです。

そんな大和に毎晩餌づけをしているのが、この八雲でした。

「今日は大和くん頑張ったから、目玉焼きハンバーグ特盛、二個乗せだよー!」と、料理を見せながら言う八雲。

ピク、っと嬉しそうにこめかみを動かす大和。

『ふふっ、今ピクッとしたのを見逃さなかったわよ!』と、八雲は大和の反応を見て嬉しそうにします。

「それじゃ、いただきます!」といったところで、大和は特大ハンバーグを一口で半分食べてしまいます。

『こ、これは!早速出るわよ!』と期待する八雲に、大和は「おかわりください」と言います。

このおかわりください、にキュンとする八雲。

どうやらこれが毎晩の楽しみのようでした。

今夜は八雲曰く、禁断の4号炊き。

炊飯器の限界までご飯を炊いていたようでした。

そのためいくらでもおかわりはできる、と八雲は豪語します。

ありえないほど食べる大和に対して、八雲は4号炊きという選択をしました。

前回は3号炊いて、もうないんですか?と言われてしまい悔しい思いをした八雲。

今日はそんなことは言わせない、と気合を入れます。

その間も、大和はガツガツと食べていました。

この食べっぷりが実家で飼っている犬にそっくりだと懐かしむ八雲。

いや、違うか…、とハッとする八雲。

あなたと似てるんだ…、と仏壇に置いてある一人の男性の写真を見ながら思う八雲でした。

八雲は、夫を亡くした未亡人です。

それから、大好きだった料理も、めんどくさいとしか思わなくなってしまいました。

そんな時、バタバタと大和が隣の家に帰宅していく様子を見つけた八雲。

最初は単なる思いつきでした。

育ち盛りの子供がいる家におすそわけ、程度におにぎりを作って持って行きました。

すると出たのは大和。

親は出ず、中をちらりと覗くと、親はいないようでした。

高校生で一人暮らしなのかな?と不思議に思う八雲でしたが、持ってきたおにぎりをガツガツと食べる大和に感動します。

「ごちそうさまでした」とその場で皿を返す大和に「育ち盛りなのにコンビニ弁当ばかりじゃダメよ。いつでもうちに食べにいらっしゃい?」と八雲は言うのでした。

それから奇妙な二人の関係ははじまったのです。

凄い勢いで食べる大和ですが、いつもおいしいの一言は出ません。

でも、誰かにご飯を食べてもらえることがたまらなく嬉しい八雲は喜んでいます。

ご飯を完食し、八雲は嬉しそうにしていると、大和は「もうご飯ないっすか?」と言うのでした。

その言葉にショックを受ける八雲。

4号も炊いたのに、それでも足りなかった大和、まさに食欲怪獣です。

「し、食後にリンゴむくね」と八雲は台所へと向かいます。

『すっごい食べるなぁ…』と八雲は感動しっぱなしです。

「はい、お待たせ?」とリンゴを持っていくと、大和はぐっすりと寝ていました。

学校のことなど、プライベートに関しては一切話をしない二人。

話はしないがいつも眉間にしわを寄せている様子の大和に、毎日大変なんだろう、と八雲は思います。

そして・・・。

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「八雲さんは餌づけがしたい」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「八雲さんは餌づけがしたい」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「八雲さんは餌づけがしたい」と検索!

スポンサーリンク

八雲さんは餌づけがしたい。の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、八雲と大和の出会いが描かれており、二人の奇妙な関係の始まりがわかって、面白かったですね。

まだまだ序盤なので、いったい大和はなぜ一人暮らしをしているのか、なんでコンビニ弁当ばかり食べているのかなど、気になることは多いです。

また、八雲と大和の関係はこれからどうなってしまうのか、目が離せない展開に、どんどん先が読みたくなってきますね。

そんな八雲さんは餌づけがしたいという作品は、なにか面白いものが読みたい人や、ハートフルストーリーが好きな人には文句なしにオススメの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「八雲さんは餌づけがしたい」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「八雲さんは餌づけがしたい」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「八雲さんは餌づけがしたい」と検索!

スポンサーリンク

八雲さんは餌づけがしたい。の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ