それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(5巻前半)あらすじや感想も!無料

それでも僕らはヤってない5巻の無料立ち読みはコチラ!?

それでも僕らはヤってないとは?

それでも僕らはヤってないとは、村山渉先生による、ちょっと特殊なラブコメ作品です。

主人公の時田は大手に勤め、仕事も好きで充実した社会人生活を送っていました。

ただ、この年になっても女性経験が悩みの彼は、かつて想いを寄せていた同級生と再会します。

昔と変わらない笑顔に、相手もまだ処女かもしれないと期待する時田ですが…。

そんな、それでも僕らはヤってないは、ラブコメが読みたい人や、まだ女性経験がない男性、男性経験がない女性にもおすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「それでも僕らはヤってない」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「それでも僕らはヤってない」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「それでも僕らはヤってない」と検索!

スポンサーリンク

それでも僕らはヤってないのあらすじ(5巻前半)

冴えない童貞の男、時田。

ある日、彼は学生時代好きだった藤野と再会します。

あの頃と変わらないように見えた彼女は、なんとバツイチの女性になっていました。

しかし変わらない優しさを持つ彼女に惹かれる時田。

紆余曲折ありながらも、ようやく時田の想いは実り、皆から祝福されます。

そんな集まりの中、芹沢に呼び出される時田。

すると、芹沢から突然のキス。

不意打ちを受けた時田は、混乱した気持ちのまま古い一軒家へと連れて行かれます。

そこには温かく、そして悲しい思い出がありました…。

その後、時田と藤野の関係に、衝撃の展開が起こります。

そして・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「それでも僕らはヤってない」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「それでも僕らはヤってない」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「それでも僕らはヤってない」と検索!

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(5巻前半)

私に時間をください、一時間くらい…。

といい、芹沢は時田をどこかへ連れて行こうとします。

ど、どこに行くって…、まさか?

結婚前なのにいいわけないだろ、俺!

と、時田は動揺しきっています。

先程、婚姻届を出しに行こうと藤野とは約束したばかりでした。

不倫するなら今ですよ、なんて言葉を言われたのを思い出す時田。

いやいや、アウトだろ!

と、自分を抑えるのに必死な様子です。

いったいこれから何をされるっていうんだ?!

時田は気が気でない様子です。

駅に着いた芹沢は、スタスタと歩き出しました。

ここです。

と立ち止まった芹沢は言います。

そこには、大きな一軒家がありました。

「子供の頃、ここに住んでたんです。」

「私の大好きな家なんです。」と、芹沢は言います。

そう、芹沢は時田をここに連れて来たかっただけなのです。

「さっきはごめんなさい。わたし時田さんにひどいこと…。最低ですよね。あんなことをしても時田さんの気持ちは変わらないってことわかってます。わたし、どうかしてました。」と、芹沢は時田に謝ります。

そうして芹沢は、自分の夢を時田に話します。

芹沢の夢は、この大きな一軒家を買い戻すことだと言います。

「わたしのやりたいことは人の幸せを壊すことじゃない。」と、芹沢は言います。

「時田さんにもこの家見て欲しくて…。わたし、仕事頑張りますから、見ていてください」と、まっすぐな瞳で時田に向かって話す芹沢に、時田も目を潤ませながらうなづきます。

「芹沢さんなら大丈夫!俺も応援する!なんでも相談乗るし…!」という時田に「いまいち頼りないですけどね」という芹沢。

二人の距離感はまた元に戻ったようでした。

「そろそろ行きましょうか。」という芹沢に、「あ、もうちょっとだけ。」と、家を眺めていたいと時田は言います。

実は、なぜか時田もこの家を見て懐かしいと感じたのでした。

いったいなぜ懐かしいと感じているのか、時田自身もわかっていません。

吸い込まれるような不思議な魅力の家だ…、前にもこんなことが…?

と考える時田。

時間は待ってはくれず、「時田さん!時田さんってば!もう行きましょうよ」という芹沢に従うしかありませんでした。

二人は飲み屋へと戻ると、ちょうどお会計を終えて皆外に出ていたところでした。

「あ!二人ともどこ行ってたんですかー今から二軒目行くところですよ。」という皆。

「おかえり。どうした?」という小林に、「だいたい小林さんの想像通りですよ。きっぱり振られました。」という芹沢。

「でもだからって、小林さんのところに戻るとかそういうことじゃないですから…!」と芹沢は気丈な顔で言います。

その後ろ姿を見て、時田はなんだか胸が苦しくなるのでした。

小林さん…彼女を抱きしめてあげてください…、俺の代わりに…。

彼女にもっと優しい言葉を…、俺が彼女にしたくてもできないことを、小林さんがしてあげてくださいよ…そうでないと…。

と、考える時田。

「時田、カラオケ行くだろ?」という小林に、「あ。はい!」と時田は言います。

そうして、夜は更けていきました。

翌日、時田はあの芹沢が見せてくれた一軒家が気になり、不動産へと足を運びます。

そこで聞いた情報によると、あの家はもうだいぶ古く、買い手があまりついていないということでした。

時田は家の話を聞きつつも、気が気ではありません。

それは、実は今日藤野と一緒に婚姻届を出しに行く予定だったからです。

それを後回しにして、家のことを聞きに来た時田。

藤野から電話が来ても、今日はごめん、とだけいい電話を切る時田。

どうしてもこの家が気になるようでした。

築30年で4600万円の値段がついているこの家…、いったいなぜ、時田は気になるのでしょうか。

鍵を貰ったため、もう一度あの家へ行ってみることにした時田。

一人では…、ということで芹沢を呼び出す時田。

「昨日の今日でなんですか、時田さん」という芹沢、その顔は不服そうです。

「ご、ごめん」という時田でしたが、この家に入るにはやはり芹沢と一緒ではないと、と思ったようでした。

そして・・・。

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「それでも僕らはヤってない」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「それでも僕らはヤってない」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「それでも僕らはヤってない」と検索!

スポンサーリンク

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(5巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないのネタバレ!芹沢の処女喪失がヤバイ!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないのネタバレ!都の告白の結果がヤバイ!はコチラ!?

感想

今回の話では、時田と藤野の関係に少し暗雲が立ち込めるとともに、芹沢との関係も急展開が起こり、とても面白かったですね。

このそれでも僕はヤってないという作品は、どの話も濃くて、また、一話完結のような面白さもあり、読んでいて楽しめます。

一話完結のようでありながら、次の話にもちゃんと繋がっているところは好感が持てますね。

いったいこれからどうなってしまうのか、まだまだ目が離せません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「それでも僕らはヤってない」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「それでも僕らはヤってない」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「それでも僕らはヤってない」と検索!

スポンサーリンク

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(5巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないの濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないのネタバレ!芹沢の処女喪失がヤバイ!はコチラ!?

それでも僕らはヤってないのネタバレ!都の告白の結果がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ