食糧人類のネタバレ!生殖種の恐ろしい実態がヤバイ!?

食糧人類1巻の無料立ち読みはコチラ!?

食糧人類-starving anonymous-とは?

食糧人類とは、あの「アポカリプスの砦」の作者である蔵石ユウ先生らによる戦慄のパニックホラー作品です。

普通の高校生の二人、伊江とカズは、ある日突然拉致されてしまいます。

拉致された場所は、とんでもない場所でした。

裸の人間たちがまるで食糧のように冷凍保存され並ぶその場所に、伊江とカズは戦慄を覚えます。

いったい誰がなんのために?

そして、二人は助かるのか?

人類生存をかけた食物連鎖パニックが今始まります!!

そんな食糧人類という作品は、ホラーが好きな人にはもちろんの事、バイオハザードやアポカリプスの砦など、パニックホラーが好きな人には特にオススメの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「食糧人類」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「食糧人類」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「食糧人類」と検索!

スポンサーリンク

食糧人類の登場人物紹介

伊江・・・この物語の主人公で、気弱ですが瞬間記憶能力がある高校生の男です。

なんとかこの食糧庫から逃げ出したいと考えていますが・・・?

カズ・・・伊江の友達であり、伊江と一緒に拉致されてしまいます。

すでに薬により頭がやられており、正常な判断があまりできません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「食糧人類」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「食糧人類」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「食糧人類」と検索!

食糧人類のネタバレ!生殖種の恐ろしい実態がヤバイ!?

なんてことのない普通の日、だと思っていた一日。

高校生の伊江とカズの2人は、学校からバスで帰宅する途中、車中に催眠ガスを撒かれ拉致されてしまいます。

そして、目が覚めると、そこは人が敷き詰められたトラックの上でした。

辺りには冷凍された裸の人間たちが並び、生きた人間たちによって解体されていたのです…。

薬の効き目が弱かった伊江は他の人よりも早くに目が覚め、危機を察知します。

しかし逃げることも何もできず、飼育室に入れられてしまう伊江。

そこで、伊江は山引とナツネという人物に出会います。

山引とナツネはそれぞれ違った強さがあり、飼育室でも異質のオーラを放っていました。

必ず脱出する、という二人の目は、飼育室にいる誰よりも輝いていました。

その言葉通り、山引とナツネは作業員のちょっとした隙をついて、飼育室から脱出しようとします。

伊江は作業員の作業服も入手できず、置いてかれそうになるのですが、持ち前の才能を披露して二人についていくことを許されます。

「外、どうなってるかわかりますか…?わかりませんよね。」と言いながら伊江は血で見事な地図を作ります。

「ほおぉ、これはこれは。瞬間記憶能力ですか。これは役に立ちそうですね」という山引。

ナツネも驚いています。

「ではあなたはこの施設の内部を記憶しているというわけですか?」という山引に、「まぁ小さい頃からの癖というか。大概のものは一度見ただけで記憶できます。ここまでの道のりを少しでも知っているのは僕だけだ。だから僕を連れて行ってください。RPGでマップがないまま進むようなものですよ!」と伊江は言います。

「足手まといになるようだったら置いていくからな」とナツネは言いますが、伊江は同行を許されました。

「さて、どうやっていけばいいのかなぁ…」と考えていると、作業服にキーカードが入っていることに気づきます。

「肝心の道案内がいないぞ」とナツネは伊江が消えたことに気づきますが、すぐに伊江はカズを連れて戻ってきました。

「お前何考えてるんだ!!!」とナツネは言いますが、「友達を連れてきて何が悪いんだよ!」と伊江は気圧されずに言い返します。

すると、「おい!何してるんだこんなところで。」という作業員たち。

「え、あ?、こいつらアレが体質的に合わなかったみたいで…。」という山引。

冷や汗を垂らしますが、作業員は「あれ?あぁ、薬液か!」と口を滑らせます。

「じゃあこいつらは処分場行きだなぁ。遊んでないで早く行けよー」と作業員はいい、歩いていきます。

鎖につないだ生殖種と呼ばれる人間を誘導しながら。

その光景に驚く山引たち。

「なんだ?お前ら生殖種見るの初めてか?新人かよ。仕方ねぇなぁ」という作業員。

ぽん、と生殖種をたたきます。

「じゃあよ!お前らこれから処分場いくんだろ?おもしれぇもんみせてやるよ!」と作業員はなぜかノリノリです。

そんな時、連れられてる生殖種の一人が、指文字でSOSを出していました。

そこには、なんと沢山の女性がいました。

とはいっても、薬漬けにされ、頭の中はボロボロです。

一人で20人以上産むこともあるそうで、出産を繰り返しすぎて18歳でありながら50歳のような外見になっています。

生殖種の方にも、興奮剤を打っており、一度打つと一生腰を振り続けるのだそうでした。

「すげぇよな。こんな薬作っちまうんだから。あの方たちには絶対逆らえないよなぁ…」と気になることをいう作業員。

そんな時、山引は一瞬の隙をついて興奮剤を作業員に打ちます。

作業員の一人は薬で頭がおかしくなり、そのまま山引たちにより牢へと閉じ込められました。

「信じられます?これだけの効き目がある薬ですよ。ここの施設を作っているのは単独の企業とかそういうレベルではないのかもしれませんね。」と口にする山引。

牢に閉じ込められた作業員は、興奮剤を打たれた作業員に…。

果たして、生食種の恐ろしい実態とは・・・?

(この後衝撃の展開へと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「食糧人類」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「食糧人類」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「食糧人類」と検索!

スポンサーリンク

食糧人類の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

食糧人類の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

食糧人類のネタバレ!ナツネのとった衝撃の行動がヤバイ!?はコチラ!?

食糧人類のネタバレ!生殖種の女の出産ペースと劣化がヤバイ!はコチラ!?

食糧人類のネタバレ!生殖種の男が男を犯す様子がヤバイ!はコチラ!?

感想

この食糧人類という作品は、現実にもありえてしまいそうな話を軸に展開していくので、もしも本当にあったらと思いの元、とても怖くて面白かったです。

生殖種、と作業員が呼んでいたように、いろいろな種類があるようですから、かなり計画的な犯行であることもわかります。

施設のことが暴かれていく様子は、余計に恐怖をあおってきましたね。

そして、伊江はともかくカズは薬液で薬漬けになっており、まともな様子ではありませんから、これからどうなってしまうのか、気になります。

続きが気になるこの作品、まだまだ目が離せませんね。

そんな食糧人類という作品は、ホラーが好きな人にはもちろんの事、バイオハザードやアポカリプスの砦など、パニックホラーが好きな人には特にオススメの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「食糧人類」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「食糧人類」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「食糧人類」と検索!

スポンサーリンク

食糧人類の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

食糧人類の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

食糧人類のネタバレ!ナツネのとった衝撃の行動がヤバイ!?はコチラ!?

食糧人類のネタバレ!生殖種の女の出産ペースと劣化がヤバイ!はコチラ!?

食糧人類のネタバレ!生殖種の男が男を犯す様子がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ